推薦盤

荻野目洋子 「VERGE OF LOVE」
荻野目洋子 / VERGE OF LOVE
THIS COULD BE THE NIGHT
SOMETHING ABOUT YOU
PASSAGES OF TIME
WICKED
VERGE OF LOVE
POSTCARD FROM PARIS
SWOOPIN' IN
IS IT TRUE
DIZZY,DIZZY,DIZZY
YOU TAKE IT ALL AWAY
グラミー賞受賞プロデューサー「ナラダ・マイケル・ウォルデン」による全曲英語詞アルバム。当時の彼女のキャリアをしてもナラダプロデュースというのはかなりリスクが大きかったはず。しかし、その不安を退け、そして期待に応えられるだけのクォリティの高い作品を彼女は発表した。

それまでの彼女の歌唱法から一転、ソフトでチャーミングなボーカルに一瞬戸惑いつつも、そのナチュラルなボーカルに新鮮味が感じられるし、センスの良さが伝わってくる。ミディアムテンポで軽いブラコンテイストのナンバーは彼女の「ユーロ」の印象が強いと違和感を感じてしまうかもしれないが、心地いいグルーヴが彼女の新たな才能を最大限に引き出している。今聴いてみてもまったく色褪せないというのはまさに奇蹟。

「荻野目洋子」に偏見を持ってる方に是非聴いて欲しい作品。きっと印象が変わるはずだから・・・。ちなみにプロデューサーのナラダはこの作品を全米リリースしたかったらしいですよ。