ショートストロークピストン

純正ギアの金属歯を利用したショートストロークピストンの製作
金属の入れ歯でリリースするので耐久性があります。


ピストンヘッドを外し金属歯を取り外します。ピストンからスライドさせるようにすれば外れます。

写真プレート
上側がギアの歯
下側がズレ防止の突起

下側突起をプレート面一になるように削ります。

リューターなどで突起の部分を切り取り、仕上げに金属やすり→紙やすりで仕上げていきます。
削りすぎてプレートが薄くならないように注意します。







上が加工前

下が加工後







ピストンの加工

ピストンラックギアの黒印の部分を切り取ります。
加工にはカッター、デザインナイフ等のよく切れる物で行います。
最初に歯自体を切り取り、平らにしておくと楽に加工できます。

刃先を突き刺すように切り込んでいきます。
切りたい所にいきなり刃を入れるのではなく少し小さめに切ってヤスリで仕上げると失敗しにくいです。


時々金属歯を入れ左右のズレや歯と歯の間隔を見ながら少しずつ削っていきます。
金属歯を入れた時、緩くならないように注意します。弱く叩き入れる程度にしておきましょう。
ピストン内側のバリを丁寧に取り除き、スプリングに干渉しないように仕上げましょう。

ついでにラックギアの2番目の歯も削っておきましょう。
これはバックラッシュ(跳ね返り)やオーバードライブ(リリース時の高速回転)による
ピストン破損を予防します。

3番目の歯までは削ることが出来ますが強度が弱くなる恐れがあります。 
(私の銃は2枚削りですが今の所大丈夫の様です)

歯は全部削るのではなく根っこが少し残るようにすれば強度的に安心です。


次に金属歯とピストンヘッドとの間のスペーサーを作ります。
1mm厚のプラ板を 縦 8mm 横 適等(削った歯の枚数で変わる)で作ります。

横寸法は現物合わせで長めに作り後で切り取ります。
強度的に金属板の方が良いですが加工が大変なのとピストン重量が増えてしまいます。

写真のように組み上げ、はみ出たスペーサー(斜線部分)を切り取ります。
ピストンヘッドを組み付けた時、隙間が開いたりペーサーが長くならないようにします。
寸法が出たら一度外し、脱脂の後エポキシ接着剤を入れ歯レール部分に薄く塗り本組みします。
(接着剤は予備的なものです。塗らなくても私は大丈夫でした)

ショートストロークピストン完成

下が加工前
上が加工後

削りを丁寧にやらないと金属歯部分がピストン内側に
入り、スプリングと干渉してしまいます。

更に多くのラックギアを削りたい場合はレール加工を
施すと良いでしょう。

 レール加工へ


 戻る セクターギアの加工へ