溝入りタペットプレート

システマ製赤ピストンからヒントを頂き、グリス溜りの溝を設けBOXとの接触面積を減らす。


使用する物  純正タペットプレート スジ彫り用Pカッター 
  写真はタミヤ製 模型店やホームセンターで取り扱っています。


プレート側面に定規をあてPカッターで削っていきます。 
力を入れず何回も削っていけばズレなどの失敗が少なくなります。


反対側も同様に彫っていく。  深さは適当に0.5〜1.0ミリくらいです。


仕上げにプレート側面と溝をコンパウンドで磨きます。  以上で完成
 
 
メカBOXに組み込んで使用した所、正直「何も変わらん」が感想です。
しかし一日ゲームで使用後に確認した所、しっかり溝の中にグリスが残っていました。 
多少は効果があるのかな?

溝の幅を大きくしてBOXとの接地面積をもっと少なくすれば高速での往復運動に効果が有るかも。
まあ、コレをやって毒になる訳でもないので、暇な時にやってみてはいかがでしょうか。

戻る