海外移住情報


インドネシアの国際結婚手続き







■現地で結婚する場合
1.現地の日本大使館、領事館にて結婚具備証明書を発行してもらいます。申請の翌日発行。
<必要書類>
戸籍謄本または戸籍抄本(3ケ月以内のもの)3通/旅券/結婚相手の身分証明書/発行手数料
2.結婚具備証明書、入国管理局などの滞在許可書類などを結婚相手が所属する宗教事務所に
提出し、婚姻手続きを行ないます。
手続き終了後に婚姻証明書(AKTA PERKAWINAN または BUKU NIKAH)を交付してもらいます。
尚婚式は各宗教により異なり、実施する場合は宗教規定に応じて執り行います。
○結婚相手がイスラム教の場合
イスラム教の役場KUA(Kantor Agama Kecamatan)にて婚姻手続きを行ないます。
○非イスラム教、バリ島などヒンズー教などの場合
管轄の民事登録事務所(KANTOR CATATAN SIPIL)にて婚姻手続きを行ないます。
3.日本大使館、領事館にて婚姻届を提出します。
<必要書類>
◆インドネシアの婚姻証明書の原本と和訳したもの(翻訳者の氏名明記)
◆戸籍謄本または抄本2通(3ケ月以内のもの)
◆インドネシア人の国籍氏名の確認書類と和訳したもの(翻訳者の氏名明記)
(出生登録証明書AKTA KELAHIRAN.インドネシア旅券.身分証明書KTPのいずれか。
※日本公館で受理した婚姻届書は、後日外務省を経由後、本籍地役場(市区町村)へ回送されます。
送付処理にかかる日数は約1ヶ月半。


■イスラム改宗について

インドネシアで婚姻する場合は、イスラム教の宗派などによっては改宗を求められる場合があります。
○イスラム教への改宗方法
改宗には特別な書類は必要ありませんが、モスクに行って申請書類と写真を提出。誓いの言葉を
唱えれば改宗できるようです。

■日本で結婚する場合
居住地の市町村役場にインドネシア人の婚姻具備証明書などの必要書類を添えて婚姻届を提出
しますが、婚姻具備証明書は在日インドネシア大使館または領事館の発行したものに限られます。
また婚姻が受理されると婚姻受理証明書が発行されます。
日本での婚姻成立後は、在日公館に婚姻の届け出を行い、婚姻証明書を発行してもらいます。
○在日公館での婚姻具備証明書発行・必要書類
◆申請は本人出頭のみ。発給手数料2000円
◆インドネシア・役場発行の各種戸籍関連書類
独身証明書/出生証明書/家族登録簿/系統証明書/両親証明書
◆旅券とコピー、日本の滞在証明
◆婚姻相手(日本人)のパスポートコピー、戸籍抄本
○在日公館での婚姻証明書発行・必要書類
◆申請書/入籍後の戸籍謄本/婚姻受理証明書
◆夫婦それぞれの旅券コピー/夫婦が写った証明写真/発給料2000円。