海外移住情報


ドイツの国際結婚手続き







○日本で結婚する場合

ドイツ人の婚姻具備証明書と共に日本の市町村窓口に婚姻届を提出します。
尚ドイツ人の婚姻具備証明書の発行は結婚相手である日本人の婚姻具備証明書が必要です。

○現地で結婚する場合
市によって手続きと必要書類は多少異なる場合があります。
1>書類を揃える

<日本人が用意する書類>
日本語書類は公式翻訳者による独語訳文と公式認証が必要です。
◆婚姻具備証明書
◆戸籍謄本4通
◆出生証明書(戸籍謄本より日本公館が作成)
◆住民票(ドイツの住民登録をしている場合は日本の住民票ではなくドイツの住民登録証明書)
◆パスポート
◆身分証明書(パスポートや免許証など)
<ドイツ人が用意する書類>
◆住民票 Anmeldebestaetigung
◆出生証明書 Geburtsurkunde
◆身分証明書 Personalausweis
◆ファミリーブック Familienbuch
◆パスポート(日本語訳添付)
2>書類一式をドイツの市役所に提出します。
3>書類の受理された後に届け出婚式の日取りを決め、婚式を行ないます。
届け出婚式の数週間前に市役所の掲示板に婚姻について掲示され、異議申し立てが無い場合
に限り婚式を行なえます。
結婚式は市役所で行う届け出婚の他に、教会やホテルなどで行う結婚式の二通りがありますが、
届け出婚は必ず行なう必要があります。
4>日本公館で婚姻手続きを行います。
届け出婚が終了すると市役所より婚姻証明書が発行されます。
日本側の手続きは、日本公館に婚姻証明書と戸籍謄本を添えて婚姻届を提出します。