海外移住情報


台湾の国際結婚手続き







○日本で結婚する場合

1>台湾人の戸籍謄(抄)本3通と日本語訳文を作成し、中華民国・台北駐日経済文化代表処
(在日大使館業務・執行機関)に婚姻要件具備証明を申請します。
2>日本の役所に婚姻届を提出。
台湾の婚姻要件具備証明書、戸籍謄(抄)本1通(日本語の訳文添付)、旅券が必要です。

3>台湾側の婚姻手続きを、台湾または日本で行ないます。
<台湾での手続き>
中華民国・台北駐日経済文化代表処にて、婚姻事実が記載された日本人の戸籍謄(抄)本2
通の認証を受けます。次に認証済み戸籍謄(抄)本を添付して、台湾居住地の役所に婚姻届を
提出します。
<日本での手続き>
中華民国・台北駐日経済文化代表処に婚姻届を提出。必要書類は、日本の婚姻手続き済・
戸籍謄本2通、台湾の戸籍謄(抄)本1通、旅券、印鑑。
受理されると駐日代表処が台湾の役所に婚姻届を転送します。


○現地で結婚する場合

1>日本人が戸籍謄(抄)本を2通を中華民国・台北駐日経済文化代表処に提出し認証を受け
ます。
2>交流協会在台湾事務所(在外日本大使館業務を行なっています)に婚姻要件具備証明を
申請。必要書類は、認証済・日本の戸籍謄(抄)本2通、旅券、印鑑。
3>婚姻具備証明書を添付し、台湾の地方法院に婚姻公証書を申請。
必要書類は旅券と印鑑。公証には2人の立会人が必要です。
4>台湾人は、婚姻公証書を添付して、台湾の役所に婚姻届を提出します。
届けの受理後に台湾の戸籍謄本1通(配偶者が記載されたもの)を取得します。

5>日本の役所に婚姻届を提出。手続きには、婚姻公証書(日本語の訳文添付)、印鑑、婚姻
手続き済の台湾戸籍謄本1通(日本語の訳文添付)、旅券が必要です。


○公式関連サイト
台湾政府・移民関連情報

※中華民国は国家承認の問題から両国とも大使館に代わる機関を設置しています。
中華民国・台北駐日経済文化代表處
中華民国台北駐日経済文化代表部は亜東関係協会とも呼ばれています。
交流協会
交流協会は在台湾日本国大使館に相当します。