海外移住情報


ミャンマーの国際結婚手続き







■現地で結婚する場合
1>弁護士または公職者の保証人サインが記入された結婚誓約書をそれぞれ1部用意。
婚姻誓約書は定型書式が国内にて販売されています。
2>結婚誓約書を居住地の裁判所に提出し、お互いの結婚証明書を裁判官の目前で交換し、
裁判官の署名をもらいます。
◆日本人男性の場合はパスポートが必要。婚姻具備証明(独身証明)は不要。
◆日本人女性の場合はパスポートに加え婚姻具備証明(独身証明)が必要な場合があります。
(裁判官によっては外国人との婚姻を認めない場合がありますので、その場合は婚姻を認め
る裁判官に依頼する必要があります)
3>日本国大使館に婚姻届を提出。

○日本国大使館への婚姻届提出
ミャンマー文または英文の書類は全てコピーと和訳、翻訳認証が必要です。
日本の戸籍に婚姻事実が記載されるのに数ヶ月を要します。
<日本人の必要書類>
パスポート/戸籍抄本/ミャンマーの婚姻証明書とコピー・和訳。
<ミャンマー人の必要書類>
IDカード(NRC)とコピー・和訳/パスポートとコピー・和訳/住民票と和訳

■事実婚について
ミャンマーで同棲などをした場合、周辺住民5人以上の証言が得られると婚姻したものとして
扱われます。

■日本で結婚する場合
在日ミャンマー大使館発行の独身具備証明書、または本国の裁判所発行の独身証明書、及
びミャンマー警察発行の警察証明などを用意し、婚姻届と必要書類を添えて居住地の市町村
役場に婚姻届を提出します。

<日本人の必要書類>
◆戸籍抄本と住民票
<ミャンマー人の必要書類>
ミャンマーまたは英文の書類は、和訳と翻訳認証が必要です。
入国管理局発行の身分証明書と外国人登録証
◆ミャンマーのIDカード(NRC)とコピー
◆婚姻具備証明書または独身証明書
◆警察証明
◆パスポートとコピー
◆婚姻申述書(手続き窓口配布)