海外移住情報


オーストラリアの国際結婚手続き







○現地での婚姻

オーストラリアでの結婚は牧師・神父、または結婚執行者の資格を持った立会人の下で結婚式を行
なわなければ成立しません。また事前に資格を持った人との面接を行い結婚希望通知書を提出。
結婚式では執行者に宣誓後、婚姻証明書に署名、証人2人の署名も必要です。

○結婚式の3つの方法
■教会で牧師・神父の立会いのもとで行なう方法

教会は宗派のしきたりによって誓いを行い、宗派以外の婚式を行なわない教会も多くありますが、一
方では日本からの婚式ツアーの受け入れを行なったりしていて誰でも婚式ができる教会もあります。
■自分たちで会場を設定し結婚執行者に来てもらう方法
結婚執行者が立ち会えばどんな場所での婚式も可能です。結婚執行者は電話帳にも載っていますが、
知人友人の紹介によって探すのが一般的。
■政府機関の婚姻登記所で式を挙げる方法
1〜18ケ月前までに登記所に行き、結婚歴や結婚意思のインタビューとパスポートなどによって国籍
・年令のチエックを受けます。後は結婚希望通知書を提出し、費用を払い、予約した婚式日に行くと15
分で終了。結婚執行者立会いも行なわれます。費用は150A$前後が目安、州により異なります。
証人は18歳以上で英語を理解できる人なら誰でもかまいません。

○日本総領事館への届け出
日本人がオーストラリアでオーストラリア人と結婚する場合、結婚成立後3ケ月以内に本人が総領事
館に届け出する必要があります。また姓を変更する場合は、結婚成立後6ケ月以内に本人が戸籍抄
本2通(3ケ月いないのもの)と届出書2通を提出します。
<必要書類>
◆婚姻届2通
◆オーストラリアの婚姻証明書1通とコピー1通
◆婚姻証明書の和訳文2通
◆2人のパスポートコピーをそれぞれ2通
◆外国籍配偶者のパスポートの和訳文2通
◆日本国籍配偶者の戸籍抄本2通(3ケ月以内のもの)

○査証取得
オーストラリア人と結婚しオーストラリアに居住する場合はパートナー査証(永住権)を取得します。
詳細はバートナー査証のページを

○出産と子供の国籍
詳細は査証編のページを