海外移住情報


ロシアの国際結婚手続き







ロシアでの婚姻は両名の結婚する意志と合意があれば比較的容易に手続きできます。

○現地で結婚する場合
1>日本人の婚姻要件具備証明書を用意し、在日公館にて翻訳認証を受けます。
2>ロシア人の居住する現地住所地区の公証人の目前で婚姻公証書を作成し、居住地の戸籍登録
機関(ザックス)で結婚登録します。
※手続きを行うザックスの中には、日本人の婚姻要件具備証明書の他に、パスポートや翻訳認証さ
れた戸籍証明の提出を要求する場合があります。
3>在ロシア日本公館にて婚姻届を提出します。
4>現地に住む場合はロシア出入国管理局などにて婚姻関連の滞在査証を取得します。
またロシア人が日本に居住する場合は、日本の法務省発行の<在留資格認定証明書>、その他の
関係書類を在ロシア日本公館に提出して入国査証を取得します。
尚、日本公館への提出書類は多岐にわたり、ケースにより要求される書類が異なります。

○日本で結婚する場合
1>ロシア人が本国から持参した本人の出生証明書(居住地の戸籍登録機関・ザックスでアポステ
ィーユをつけてもらったもの)とパスポートを在日ロシア大使館に提出し、婚姻要件具備証明書を発
行してもらいます。
2>婚姻要件具備証明書を持参の上、居住地の役場に婚姻届を提出します。
3>役場で婚姻届受理証明書を発行してもらい、在日ロシア大使館領事部へ出頭。領事部では婚姻
受理証明書の裏面に証明を記載します。
4>婚姻受理証明書、婚姻関係が記載された戸籍謄本など指定の提出書類を揃え、管轄の地方入
国管理局にて在留資格変更許可を申請し、滞在資格を「日本人配偶者等」に変更します。
5>日本の婚姻証明書のロシア語訳を在日ロシア大使館で認証してもらい、ロシア人の居住地を管
轄しているロシアの戸籍登録機関(ザックス)にて結婚登録します。

○日本の在留許可について
配偶者用滞在資格によって、ロシア人の場合は1年の在留許可が得られ、更新手続きによって翌年
は1年間の在留許可が得られます。子供が生まれていれば翌々年には3年の在留許可が得られま
すが、子供がいない場合は、もう一度1年間の在留許可となり、3回目の更新で3年間の在留許可が
得られます。

○離婚手続き
日本の役所にて離婚手続きを行い、日本の離婚証明書のロシア語訳を在日ロシア大使館にて認証
してもらいます。その後、認証済離婚証明書をロシアの戸籍登録機関(ザックス)に提出して離婚手
続きを行います。これで日本とロシア両国の離婚手続きが完了します。