沖縄ゲストハウス・安宿一覧
〜2000円以下の宿〜

>>海外移住情報 

>>沖縄移住情報 




まだ沖縄ドミトリー宿がマイナーだった2000年、その存在をより広く知ってもらおうという趣旨で当ページを作成。これが起爆剤とな
って・・・?、2002年頃からドミトリー宿が急増メジャー化。多くの宿が開業したため顧客獲得の競争も激化し宿同士のいざこぞも起
こったりしていました。2006年頃からは供給過多気味によって経営環境も悪化。 2007年に入ると、「安かろう、悪かろう」のドミトリ
ー需要が陰りをみせ、よりきれいで快適な居住性が求められる環境に移行。このため大幅改装したり、個室を増やして一人利用
料金を新設する宿が増加しましたが、2009年〜2012年の4年間には30を超える宿が廃業しました。格安料金で泊まれるビジネス
系ホテルの増加によってゲストハウスとの料金差が縮まってきていることなどもその理由のひとつとなっています。

■沖縄ゲストハウス・安宿一覧への掲載について
◆2000円以下のホームページがあるゲストハウスに限定しています。掲載順位は優劣を表していませんのでご理解ください。
◆掲載は無料。宿の開業・廃業情報を歓迎、気軽にメールしてください。また当ページの複製使用はご遠慮ください。
◆掲載基準はサイト運営者の個人的判断となります。宿泊者からのクレームなどが寄せられた場合は削除対象となります。

■料金・設備、注意点など

◆掲載の宿の多くがドミトリーと個室を備えています。ドミトリーは1500円前後〜が目安。ドミトリーは世界各地でポピュラーになっ
ているスタイル。二段ベッドなどを並べた相部屋のことをいい、通常、男女別々の部屋となります。 また個室は一部屋4000円前後
(2人収容)が目安。いずれの場合も週料金・月料金などの長期割引料金が設定。オフシーズン、オンシーズンによって料金が変
動する宿があります。また通常、洗濯機やキッチンの使用ができ、シャワー・トイレは共同となっています。ネット環境やエアコン設
備、サービス、備品などはゲストハウスによって異なります。
◆宿泊料金は同じでも設備などに差がある場合もあるため、ホームページで料金とグレードのチェックが必要。「トイレや風呂が汚
くて失敗した」というケースもあるので下見してから決めるのもいいでしょう。またドミトリーの場合は「嫌な感じの長期宿泊客がいて
雰囲気が良くなかった」、「オーナー、店長との相性がイマイチ」といったことでも快適さが左右されます。

■その他、長期宿泊
参照/沖縄ウィークリーマンション一覧、ゲストハウスセレクション
◆当ページ記載の宿で、2000円を超える料金に変更となった宿は上記に収録しています。



那覇市内/36軒


本島各地/34軒


八重山諸島/15軒


○那覇
■国際通り沿い
ロハスヴィラ
沖縄物語

■国際通〜壺屋・松尾方面
An庵げすとinn
チャンプルー荘
ドミトリー沖縄
とまり家
柏屋
旭ゲストハウス
リトルアジア
アーマン
民宿さわ
民宿やすらぎ

■国際通〜見栄橋、58号線方面
まほろば
空ハウス
Coco Shanti
あいらんどすぺーす沖縄
CamCam沖縄
月光荘つきのわ
TAETAKE
HOSTEL くもじ荘

■泊港周辺・安里方面
南風
パラダイス沖縄
おさるのおやど
オリオン
ホワイトビーチ
ゲストハウスけらま
沖縄トレンドナビ
憩いの宿 栄
Shell house

■58号線〜西・辻方面
Base Okinawa
民宿光の家アネックス
民宿グリーンハウス


○那覇/女性専用
<国際通り周辺>
テラファーマ
<泊港・臨海方面>
Sea〜PaっPa
wa呼呼
たつや旅館(ドミルーム限定) 








○那覇周辺

<浦添>
シティ
<与那原>
アガイ浜
<八重瀬町>
海ぬ風
結縁
<糸満>
おさるのおやど糸満


○北谷
美ら浜
旅人の宿
おやど 宇地原家


○嘉手納
ヤーグナの空


○沖縄市(コザ)
Love & Peace
ごーやー荘
羊屋本店
ヒトトキ家
嘉陽荘

○読谷村
月と海
ふしぬやーうちー
Life is a Journey
ちいさなにじ
Yomitan Village Backpackers
NAGAHAMA154 
宿かり沖縄
ラフ&ピース

○名護
ボーダー名護
サボテンスマイル
海と風の宿
三毛猫ガーデン (女性専用)
<古宇利島/架橋>
島宿


○本部
MOTOBU ゲストハウス
ニライ荘
YOSHIKA


○東海岸地域
<名護/豊原>
アーミッシュOkinawa
<国頭村/安波>
ぶくすんだった
<うるま>
タフ&ココナッツ
ラフスタイル (女性専用) 


○石垣島
<石垣市街地>
アートボックス
ゆくる
美ら宿 石垣島
ゲストハウス日向
こねくと
福民宿
やしがにハウス
ASIAN
風香
<白保>
パキラ (女性専用)
<名蔵>
旅人
<川平>
島宿イリワ

○竹富島
ジュテーム

○与那国島
Fiesta
おじい〜の家



宮古諸島/7軒


○宮古島
<平良中心部>
つるみ荘
ヒダマリ
ひららや
<下地>
南国屋
<城辺>
イムギャー宿

○伊良部島
んみがまやぁ〜
びらふやー















沖縄ゲストハウス開業への助言(2011年1月)


※個人でゲストハウスを開業したい中高年の方からの相談メールが多いため、助言記載することにしました。

内地から移住して永続的に住む場合、もし資金的に可能であれば、マンションまたは一軒家を買い、家賃の支払いを不要にした
上で趣味を活かしたゲストハウス造りをするのが一番いい方法。もちろん沖縄は家賃が安いので賃貸形式も有りですが、ゲスト
ハウスブームは去り、観光客も減少傾向。ビジネス系ホテルの低料金化によるゲストハウスとの料金差縮小。などなど、沖縄ブ
ームが終焉時期にさしかかっている環境ですから、家賃リスクは精神的な負担にもなります。
家賃不要環境であれば宿泊客が少なくても生活に困るようなことにはならないですし、最悪の場合でもアルバイトなどの副収入
で生活が成り立ちます。賃貸の場合はアルバイトするにしても給与が安いため、家賃を払い生活を補完するほどの稼ぎにはな
りません。このため、ずっと同じ場所に住む気であれば、賃貸住宅よりも所有住宅であったほうがリスクを軽減できます。
また開業地は本島でも離島でもまだゲストハウスがないような所のほうが、飽和状態の中で競争するよりも、のんびりとした生活
も楽しめてなにかといいような気がします。もちろんオーナーの個性がにじみ出るようなゲストハウスであることが求められ、差別
化や存在価値の要因となります。
つまり、ビジネス本位の手段としてゲストハウスを開くのではなく、住むのには誰でも家が必要なわけですから、ゲストハウスとし
ても使えるような家を自宅にし、副収入を得る感覚で楽しみながら運営するといったスタンスが無理のないところかと思うのですが。