コーギー系わんこ家族 「ナッツ&フラン」



Wコーギーとポメラニアンとのミックス犬「ナッツ」
Wコーギー・ペンブローブの「フラン」。いずれも女の子。


>>
海外移住情報

>>沖縄移住情報

犬と人間はいつの時代も「良きともだち」として生きてきた。犬と一緒に過ごす時間の中で、手が離せないときに
「遊びを催促する声」にイラッとしてしまうこともあるが、そんなときは人間目線ではなく「犬の立場」にたって
考えてみると、やさしい気持ちに立ち戻れたりする。犬のおかげで「心豊かな毎日」を過ごさせてもらっているだ
けに、犬はどう思っているのかが気にかかるところ。楽しかった日は目をキラキラさせているが、退屈な日は上目
遣いで寂しそうな目をしている。飼い主というよりも犬と同じ目線で暮らしていければいいのだが。



ナッツ (2009年5月・長野生まれ)

フラン (2013年3月・宮崎生まれ)

@生後30日。ムクムク




A生後50日


体重は1kg未満

耳が少し大きくなってきました。

D生後110日

体重4kg。初めての散歩。

F生後10ケ月・サマーカット

サマーカットで色が真っ白。
おまけにホルモンバランスが崩れ
尻尾まわりが「毛刈後脱毛症」に。

G生後1年

体重10kg。毛も伸びて元の姿に。

H生後1年半

人間でいうと20歳、
立派な大人になったかな・・・?
体重は12kg。いつのまにか中型犬。

公園ともだち


イヌ友がいっぱい。


得意技は仰向け寝姿


寝込んでいると添い寝で看病。


寒い日は布団に頭をつっこんで。


公園で棒切れ遊びに夢中。


B生後70日


体重は一気に2kg。毛の色が白っぽくなり、
折りたたんでいた耳が片耳だけ立ったままに。



C生後80日

初めてのシャンプー。両耳が立ってきました。

E生後半年


体重7kg。まだまだイタズラ盛り。
2泊3日の避妊手術と「ワンドッグ健診」へ。

想定外の子猫同居
近所の公園に捨てられ死にそうな子猫を
いろんないきさつで育てることに。
ナッツが母親のように面倒をみている姿にびっくり。
子猫はその後、北谷の女の人が里親さんに。




2011年・2歳


頭の中は「食う・寝る・遊ぶ」でいっぱい。


初めての犬用クリスマスケーキに緊張気味。
ケーキを食べて大好きな散歩コースへ。笑顔満面

2012年・3歳

初詣。スティッチのお面といっしょに。

いただいた「コーギーシール」をバイクに貼って。

2013年・4歳

北部へ引越したナッツの親友・ラッキーに会いに。
シークァーサー畑の中を駆け回るラッキーを見て
ナッツの眼はキラキラ。犬はやっぱり大自然の中で
犬らしく生活するのが一番の喜びかも。

2014年・5歳

車の後部シートが大好き。
毎日ビーチで遊んでいても、おやつを減らしても、
ダイエット効果はいまいち・・・


生後50日。新しい家族。
「犬は2頭いると、互いに助け合う」
という言葉を信じて。




鼻の上部はハート形 ! ! 体重1.2kg。

生後60-90日





生後120日



体重4.5kg。鼻が長くなってきました。

生後半年



体重6.9kg。元気すぎて困ってしまうほど。
ナッツと同じ病院で2泊3日の避妊手術。

生後8ケ月

体重7.8kg。ビーチで穴掘りに夢中。
生後9ケ月

体重はいっきに9.4kg。

2014年・1歳

体重10.7kg。ご飯よりも遊びや散歩が優先。

2014年9月・1歳半、成犬に
体重11.2kg、体は大人でもまだまだ子供。
愛嬌たっぷり、元気いっぱい。




ナッツ&フランの日々 2013.5〜






2013年クリスマス・イブ。遊び疲れて、Z ・Z・Z・・・


ちょっかいを出すのはいつもフラン。名コンビ?


ナッツ5歳のバースディケーキを前に

沖縄県総合運動公園


引っ越してからは
沖縄最大の公園に散歩しに行くのが日課。
ビーチもあります。



■フランがやってきた
<初日>
初日、ナッツは少しすねた感じで予想外。なだめるためにご機嫌とったりと、ちょっとたいへん。
でも単調になりかけていたナッツとの接し方を、見直すきっかけとなってとても良かった。
<翌日>
お互いの距離を縮めるために、ナッツとの遊びにフランも参加。すると空気感に変化の兆し。
一緒に散歩するのがいいらしいのだが、あと1ケ月は散歩できないので・・・。
<7日後>
最初はどうなることかと不安だったものの、今ではナッツはフランの立派な先生でもあり、
母親代わり。ほほえましい姿を見るたび、とっても幸せな気分に包まれる。
この1週間、犬の世界の掟をいろいろ勉強。先輩犬・後輩犬としてのポジションを認識させる
ことで、2頭飼の最大関門を突破した感じ。

■ナッツの気分転換
子犬のフランとの生活で、たぶんストレス溜まりまくり。といったことから、梅雨の合間の晴れ
具合を狙っては、ナッツを海に連れて行って気分転換。

■新旧・暴れん坊
フランはナッツの子供時代と同様の暴れん坊。 大人のナッツにたしなめられるフランを見るに
つけ、人にもイヌにも優しい「癒し犬」に成長してくれることを願うばかり。

■おもちゃ争奪戦
困るのはおもちゃの取り合い。お古のおもちゃで遊ぶフランに唸ったり、新しく買ったおもちゃを
取り上げてしまうナッツには困りもの。といっても、時が過ぎるにつれ、おもちゃの所有欲も薄れ
て共有のおもちゃに。真剣に怒ったこともあることから、心から「よかった」・・・・。


■公園デビュー
ナッツが怖がった芝生もフランはなんなくクリア。犬友たちに大歓迎の公園デビューでした。


■引越し。新しい家で・・・
買ったばかりのソファはワンコが独占。朝一番の日課はデッキに並んでの見張り。


■ビーチで大はしゃぎ・・・

10月中旬以降は随分と涼しくなってきたので毎日ビーチまで散歩。はしゃぎまわるのは
うれしいのだが、その後がたいへん。目の中まで砂まみれ、体は海水でびしょびしょ。




■成犬と子犬

暴れん坊のナッツも2歳を過ぎるとおとなしくなり、今では嘘のようなおりこうさん。
片やまだ子供のフランは遊びたい盛り。一日中、ストーカーのように後をついてきては遊びの催促。
ナッツのように、大人になれば少しはおとなしくなるのだろうか・・・。

■おやつ命
先輩犬・後輩犬のポジションが分かってきたのか、同時に食事を与えてもナッツが食べ終わら
ないとフランは食べようとしない。食いしん坊のナッツもフランのご飯を奪おうとはしない。
といっても「おやつ」は別。とくにナッツは「おやつ命」といった感じに・・・。


犬の美容院でかぶりもの・・・。
ビーチと芝生が大好き!!

■フリスビー

2015年新春。ナッツもフランもフリスビー遊びをマスター。散歩嫌いのナッツもフリスビー
で運動量倍増。ちょっとは痩せるかな? フランはあっというまに名人クラス。


■お引越し

引越し先のベランダで、フランは海を眺めてのんびりと。ナッツは涼しい海風で一眠り。


2018年11月〜フランの闘病記録


◆「胆嚢粘液嚢腫」に・・・2018年11月
2018年、厄年。まさかの出来事がおこった。フランが「胆嚢粘液嚢腫」という重病にかかり膵臓の合併症まで起こ
してしまった。ある日急に何も口にしなくなり病院で精密検査。結果、即入院。胆嚢粘液嚢腫とは胆汁がゼリー状
に固まる病気で、薬はなく、手術による胆嚢摘出が唯一の手段。しかし、膵臓の炎症によって手術のリスクが極
めて高くなっているために入院して様子を見ることに。
入院から10日、ご飯を口にする必要があっても病院スタッフからのご飯は受け付けないため、一日に2回、病院
へご飯を食べさせに行くことに。手のひらのご飯を食べる姿を見ながら涙がこぼれ落ちる。それから数日後、血
液検査の数値に少し改善が見られたため、一時帰宅が実現。家での生活が数週間たち、日ごとに元気を取り戻
していく姿にまたもや涙。2018年・厄年が終わるあと1ケ月、フランの病状が悪化しないことをただただ祈るばかり。
命を取り換えられるのであれば、なんの迷いもなくフランに差し出せるのに・・・・


病院面会室にて/退院後の車中でナッツに甘えるフラン/3月14日、無事にフランの誕生日を迎えられました。

◆治療のことで頭はいっぱい・・・2019年1月
2019年。11月から治療しているフランのがんばりもあって、ひとまず「胆嚢摘出」の手術を回避することができたが、
12月には病理検査のためにお腹を2ケ所切開。内臓細胞を分析の結果、新たに「急性肝炎」の治療が始まった。
各種病状の根本は肝臓の異常から始まったみたいだが、原因は特定できなかった。いずれにしても今年はフラン
の治療のことで頭がいっぱい、他のことは考えられない。ぜったいに治ると信じて・・・。
◆血液検査に改善の兆し・・・と思ったら、一転、血液数値が再上昇 2019年2月
2月始め、どうしても数値が下がらなかった血液検査で、改善の兆し。ある数値がようやく計測できる範囲まで降下。
といってもまだまだ高いが明るい材料に安堵感が・・・。しかし、医師の指示により薬の一部を止めてみたら、たっ
た10日で数値が再上昇。薬をもとに戻したものの不安だらけ・・・。

ベランダでひっくりかえって日光浴/


ナッツの子供時代アルバム





フランの子供時代アルバム