沖縄本島各地の住環境
>>海外移住情報 >>沖縄移住情報


那覇ゆいレール沿線の住環境

○赤嶺駅、小禄駅、奥武山公園駅

赤嶺は団地も多い住宅地。小禄駅前には大きなイオン、奥武山公園もあって環境良好。


○壺川駅
駅から330号線・壺川通りを渡り、県警本部までのエリアは閑静な住宅街。とくに泉崎2丁目、楚
辺あたりは落ち着いた雰囲気の環境。また国場川の川沿には公園があり、団地やマンションが
建ち並んでいます。


○旭橋駅、県庁前駅、見栄橋駅

58号線を渡った海側エリア(西・辻・久米・若狭・松山など)の最大の特徴は賃貸住宅の家賃が安
いこと。下町的な雰囲気で一部のエリアにはラブホテルや風俗店が集まっています。波の上ビー
チや若狭海浜公園、松山公園もあります。

<初詣スポット/波上宮>
波の上ビーチ横の波上宮の正月参拝者数は約15万人。隆起サンゴ礁の断崖に立ち、鮮やかな
美しい朱色の社が人気。琉球八社の筆頭、「なんみんさん」と呼ばれています。

○牧志駅、安里駅

国際通りに近く、商店街などが多いエリア。最も情緒があるのは焼き物で知られる壷屋やちむん
通り。通り沿いにはいくつかのアパートもあります。

やちむん通り、安里川、牧志駅前は再開発による「サイオン・スクエア」が2011年7月にオープン。

○おもろまち駅
急発展する那覇の新都心エリア。1987年に米軍から全面返還された土地を2000年頃から再開
発。デューテイフリーショップやメインプレイスなどの大型商業施設の他、新しいマンションも続々
と登場。賃貸住宅の家賃は那覇で最も高いエリア。大きな公園もあって環境良好。


○古島駅、那覇市立病院前駅、儀保駅

古島駅は「新都心おもろまち」に隣接するエリア。那覇市立病院が駅前にある病院前駅。
最も住宅地らしいのは起伏のある土地に住宅が建ち並ぶ儀保駅。首里城公園と隣接する住宅
地にも近い環境。


○首里駅

人気の首里らしい雰囲気が楽しめるのは首里城近くの首里金城町あたり。石畳の道や小さな
路地が情緒的。但し首里駅から離れています。



糸満の住環境

○那覇に通勤できる南エリア・糸満

過密している那覇には住みたくない。でもあまり遠くには住めない人の南側の限界付近は那覇
中心からバスで約30分(450円前後)の糸満。喜屋武岬は太平洋と東シナ海の両方が望める本
島の南端地。

○西崎地区
糸満市街地を少し離れると爽やかな川辺地区や海浜地区を有する西崎町エリアがあります。
■川辺エリア


■海浜地区
物流拠点地域ですがお魚センター、ファーマーズマーケットがあり、日常食材が安く買えます。
端まで行くと人工の美々ビーチがあり憩いスポットとなっています。

○糸満市街地
糸満は沖縄本来のローカルな生活地域。市街中心は那覇同様に密集しています。有名なのは
糸満漁港。本島各地には糸満漁港直送を売りにする寿司店もあります。
■潮崎町地区
市街地近くにある市役所周辺の潮崎町は海浜エリア。ビーチもある海辺は南浜公園がひろが
る憩いスポット。公園脇は分譲地開発が行われ、近くには大きなスーパーなどもあります。



那覇からの通勤エリア圏/宜野湾・海浜エリア

○北谷より近いリゾートエリアは・・・

せっかく沖縄に住むのだから西海岸リゾートエリアに住みたいと思う人は多いものの、那覇まで
通勤する人にとっては北谷(那覇からもっとも近い西海岸リゾートエリア)はちょっと遠いかもしれ
ません。宜野湾の海浜エリアは小さい規模ながら北谷よりは近く、那覇の中心地までバスで約
30〜40分、片道400円ほど。

○宜野湾・海浜地区エリア
■伊佐

那覇から58号線を走り、普天間基地のある伊佐交差点を左に入ると海浜エリア。郊外型スーパ
ーや商店、マンションなどの住宅が集まる狭い地域。海浜エリアは58号線の浦添宜野湾バイパ
スが走り、宜野湾漁港もあります。
■真志喜
58号線・伊佐交差点の手前にある真志喜交差点を海側へ曲がるとリゾートエリア。沖縄コンベ
ンションセンター、トロピカルビーチ、ラグナガーデンホテル、市民球場や大きな公園、宜野湾
マリーナなどがあります。真志喜交差点からリゾートエリアまでの周辺には住宅やマンションも
あります。
■大山
58号線の両側エリア。海浜エリアから少し離れていますが比較的多くの住宅があります。


西海岸/中北部

○北谷

美浜地区は大きなスーパーや商業・娯楽施設が集まる賑やかなレジャーエリア。
また北谷公園内にはサンセットビーチ、南側の安良波公園内にはアラハビーチがあり、整備
された景観も人気。また美浜地区を北上した宮城地区の砂辺海岸はダイビングスポット。


○読谷村

農園が多いのどかな地域。ブランド豚「アグー」の産地としても知られています。残波岬周辺は
ビーチが点在するリゾートエリア。


○恩納村

リゾートホテルが数多く点在する沖縄本島最大のリゾートエリア。住宅が少なめなのが難点。
万座毛は人気の絶景スポット。真栄田岬は屈指のシュノーケリング、ダイビングエリア。



西海岸/北部

○名護

沖縄北部の拠点となる街でありながら素朴な風情が残る街。都会と田舎のバランス加減がちょ
うどいい感じで落ち着いて暮らせます。おしゃれな賃貸マンションも続々と建設されていますが、
那覇に比べて就業機会はかなり減ります。

<絶景スポット>
市街にも近い桜の名所・名護城跡は中央公園の一部で市内が一望できる展望台もあります。
景勝地の嵐山展望台からは羽地内海を一望することができます。

名護湾沿いにある21世紀の森公園と人工のサンセットビーチ。

○本部、今帰仁

本部半島の西側一体を占めるのが本部町。八重岳や本部冨士などの丘陵があり、町の中心は
役場もある海沿いのエリア(写真左)。大きなスーパーなどもありますが、海と山に抱かれた小さ
な田舎町といった風情。賃貸のアパートや仕事先は少ない環境です。美ら海水族館からも近い
備瀬地区の住宅の多くは、背の高いフクギの防風林に囲まれている情緒あるたたずまいが有名。
本部と橋でつながる瀬底島には人が生活する集落や珊瑚礁が広がる瀬底ビーチがあります。
また 今帰仁村の中心地は役場周辺エリア。



○国頭村

JALオクマリゾートがある奥間や辺土名などの北部ビーチは海がきれいなことで有名。民家が集
まる集落はオクマリゾートから少し北の国頭村役場周辺。近くに辺土名ビーチや比地大滝などが
あります。やんばるの自然に囲まれてのんびり暮らすには最高の場所ですが、買い物をするにも
名護近辺まで足を延ばす必要があります。


JALオクマリゾートがある奥間ビーチ
<絶景スポット>
辺土岬は本島の最北端。晴れた日は与論島が見えます。近くにある「やんばるくいな展望台」は
高さ12m。辺土岬の手前にある「茅打ちバンタ」は宜名真・集落の近くにある高さ70mの断崖絶壁。


東海岸

○東村
「山原」と呼ばれる沖縄本島北部の東海岸側一帯地域。7割を森林が占め、かつては陸の孤
島と呼ばれていました。過疎化しているため生活には少し不便ですが、土地は割安。ヒルギ
(マングローブ)が群生する慶佐次湾は絶景スポットとして知られています。

○東村・以南〜329号線沿い
名護の東海岸沿いにはカヌチャベイリゾートや普天間基地の移設先として知られる「辺野古」
があります。東海岸沿いの329号線をさらに南に行くと、宜野座村、金武町があり、ビーチが
点在しています。

○うるま
東海岸中部。平安座島への橋・海中道路は全長4.75kmの絶景スポット。その先にある宮城
島、浜比嘉島とも橋でつながれているため、日常的に島遊びができる楽しみがあります。


○沖縄市・泡瀬地区

次々と大型ショッピングセンターなどが登場しているベイエリア。潮干狩りもできる泡瀬干潟
が有名。沖合にはビーチや商業施設、公園、住宅などで構成するマリンタウンの埋め立て
工事が進行。広大な総合運動公園が近くにあり、生活環境が整った地域として人気上昇中。

○南城
東海岸南部。数多くのビーチや城跡が点在する環境良好なエリア。那覇までバス通勤するに
は少し不便なものの、南城から車で通勤している人は大勢います。
また絶景スポットも多く、ニライカナイ橋はジェットコースターのような新・ドライブ名所。知念岬
公園は太平洋が360度見渡せる最高のロケーション。天然の美しい泉「垣花樋川」もあります。