海外移住情報
フィリピン移住情報

不動産事情





不動産取得

不動産賃貸

○外国人名義での土地所有は不可

フイリピンでは外国人名義での土地所有は認め
られていません。このため、コンドミニアムなどの
共同住宅を除き、外国人名義で住宅の購入は
出来ません。外国人が土地付住宅を購入する場
合は、フィリピン人パートナーと土地保有会社を
設立し会社名義にするか、土地に借地権(リース
契約)を設定するのが一般的です。
尚、知り合いのフィリピン人名義で購入する人の
多くは、後にトラブル化していますのでごご注意
ください。

<政府政策動向>
土地トラブルが日常茶飯事のフィリピンでは、外
国人名義で土地購入ができるように、2000年よ
り政府内で検討中なものの、実現は困難な状況。

○借地権とリース
<企業用地のリース>
外資60%以上の企業に限られ最長50年、25年の
更新が一度のみできます。
<住宅用地のリース>
最長25年、25年の更新が一度のみ認められてい
ますが、借地権設定の場合は契約書作成に細心
の注意も必要です。借地に住居を建てた場合、
建物は外国人名義で登記ができますが、土地所
有者の権利の方が強くなります。


○共同ユニット住宅の購入
コンドミニアム(分譲マンション)などの共同ユニッ
ト住宅は外国人名義での所有は可能です。
土地登記委員会(Land egistrationCommission)の
CCT(Condminium Certificate of Title)という権利
書が発行され、建物はユニットごとの所有者名義と
なり、土地は共有権利を所有します。
但し登録には在住証明(バランガイ証明等)が必要
となります。

○政府機関
フィリピン住宅局


○賃貸契約
フィリピンの賃貸契約スタイルはさまざまですが、
一般的には数ヶ月分の保証金が必要で、契約
期間は6ケ月〜2年。
不動産業者への仲介手数料は不要で日本と違
って貸主が負担します。
一番の注意点は契約書に書かれている内容。
意味も分からずにサインすると後でトラブルの
元になりますので、細部までチェックが必要。
また 貸主に極めて有利な契約事項になってい
る場合も多いので、納得いかない場合は、内容
の書き換えを要求することが必要。仲介業者は、
借り手側が要求しないと積極的に動きません。


○マニラ在留邦人Nさんのケース
マニラというと、犯罪にごみの山のイメージかも
しれませんが、ここメトロマニラの住宅街は閑静
で、日本の高級住宅街とは比にもならない家が
立ち並んでいます。
値段はピンキリですが、私の家は200坪、7ベッド
ルーム、5バスルーム、プールがついて10万円。







不動産会社

不動産物件と価格

○日系不動産会社と日系コンサルタント会社

フィリピンの日系コンサルティング会社(査証取
得・会社設立など)は20社前後。日系不動産会
社は10社程度ありますが、全てが良心的なサ
ービス内容や適正価格であるという環境ではあ
りませんので、当サイトでの業者掲載は行なっ
ていません。割高な料金を設定している場合も
ありますので、必ず比較検討を行ない、先ずは
適正価格の把握からはじめることが必要です。
<セブ島>
マニラ新聞セブ支局によると、セブ島の査証業
者は現地不動産会社のPRIM PROPERTIES社
一社のみ。欧米人向けに、不動産購入者には
無料でリタイアメント査証の取得サービスを実
施。日系業者はありません。(2002年時点)

○駐在員向け日系不動産会社
ダオ不動産

○不動産情報誌
Buy and Sell

○大手現地デベロッパー/一例

federalland.
AYALLAND
Brittany
Canyon Ranch
Century Properties
State Land
Phinma

○ボラカイ島の不動産会社
外国人観光客の増加に伴い、土地価格は上昇。
外国人向けの不動産店も出現、数店が営業。

Boracay Realty
Boracay SPR Real Estate
BBC Real Estate 


○高級コンドミニアム

フィリピンでの高層コンドミニアム価格は一戸建
住宅価格の3倍以上。売れ残り物件が多いため、
定価を値引して販売するケースも珍しくありません。
<マニラ・マカティ>

<セブシティ>

アヤラ・ビジネスパーク内の高級コンドミニアム
2LDK・560万ペソ(各種税込価格/2002年時点)
月間共益管理費用は通常1500〜2000ペソ。

○建売分譲住宅
※外国人が購入する場合、不動産会社によって
は25〜50年の長期土地リース契約が可能です。


※デパートでの宣伝物件
<マニラ>

2〜5LDK/110万ペソ〜300万ペソ(2002年)
<セブシティ>
2〜5LDK/50万ペソ〜150万ペソ(2002年)