海外移住情報 フィリピン編

婚姻用査証、国際結婚手続き





婚姻用永住査証

婚姻用一時査証

○婚姻用・永住査証
Mon-Quota Immigrate Visa/13A・13B
フィリピン人と結婚している外国人は申請すれ
ば取得できます。
但し、1年間は仮永住査証(13A)が発給され、
2年目からは正式な永住査証(13B)が発給さ
れます。
尚この査証は就労が自由に可能ですが、原
則的には労働省の外国人雇用登録証が必要。

<必要書類>
◆申請書3通(公証人の認証したもの)
◆フィリピン人の出生証明書
◆結婚証明書または結婚契約書
◆婚姻要件具備証明書
◆過去に離婚している場合は離婚証明書
◆扶養している子供の出生証明書
◆経済的基盤の証明
◆身体検査(検疫局)


○バリックバヤン査証/Balik-Bayan Visa
(婚姻用一時滞在査証)
フィリピン人と結婚しているものの、婚姻用の
永住査証を取得していない外国人が入国する
際には、フィリピン人の配偶者の同伴を条件に、
自動的に1年間の滞在許可が与えられます。
原則的に延長不可。













現地での婚姻手続き

1/日本人が在フィリピン日本大使館、または
日本領事館で婚姻要件具備証明書を取得。

<必要書類>
◆戸籍謄本または抄本1通
◆旅券
◆フィリピン人の出生証明書
◆過去に婚姻歴がある場合は除籍謄本または
改製原戸籍謄本
◆その他追加書類が必要な場合もあります。
<フィリピン人の出生証明書>
通常はフィリピンの市町村役場とフィリピン国家
統計局で取得できます。
出生証明書が無い場合は、統計局発行の「出
生記録不存在証明書1通」とフィリピン人が洗
礼を受けた教会発行の「洗礼証明書1通」にて
代用できます。

2/役場に婚姻告知を申し込む。
婚姻する当事者2人が役場に出向き、結婚した
い旨を伝えます。役場ではこの申し出があった
後に、婚姻告知を市役所の掲示板にて公告。
その後、10 日間異議申し立てがないことが確
認されてから次のステップに移ります。
申し込みの際には婚姻具備証明書などが必要
な役場もあります。

3/フィリピン人がフィリピンの婚姻許可書を
居住地域の役場にて取得。

<必要書類>

◆婚姻要件具備証明書の原本
◆フィリピン人の出生証明書謄本1通
◆双方の顔写真各1枚
◆日本人の旅券コピー
(身分事項ページとフィリピン出入国印のページ)
◆婚前講座受講証明
◆発行費500-1500ペソ
※役所により多少異なる場合があります)
<婚前講座の参加義務>
発給申請の前に海外居住フィリピン委員会が主
催する「婚前講座」への参加が必要。
これはフィリピン政府が国際結婚をするカップル
に義務づけているもので、婚姻する当事者2人の
参加が必要。この講習会を終了した証明書がな
ければ、市役所では婚姻届を受け付けて くれま
せん。内容は海外で暮らすための注意など、日
本人と結婚するケースは特別講座となる場合も
あります。


4/フィリピンで結婚式を行なう。
婚姻許可書の有効期間内(120日)に結婚式を
挙げなければなりません。
結婚式は市町村役場の裁判所にて裁判官が20
分程度のセレモニーと共に行なうのが一般的で、
費用は1500-2500ペソ。
あるいは牧師・神父などの有資格者に出張して
もらったり、教会での実施も可能ですがカトリッ
ク信者以外の婚式は事前の許可が必要。
婚姻証書は婚式時に作成されます。
尚、結婚式のスナップ写真は各種手続きに必要
な場合がありますので必ず撮影が必要です。

<結婚式に必要なもの>
◆婚姻許可書
◆結婚指輪
◆日本人の印鑑(認印)
◆カメラ(スナップ写真撮影用)
◆/立会人2人


5/婚姻証書を市町村役場に登録。
通常は紺式を執り行った有資格者が届け出るの
が一般的。


6/日本の役所または在フィリピン日本領事館
へ婚姻届け出を提出
届出は結婚式から3ケ月以内。
<必要書類>
◆申請書
◆印鑑
◆運転免許証など本人確認書類
◆婚姻証書謄本1通とその日本語訳文
◆フィリピン人の出生証明書謄本1通と日本語
訳文。いずれも婚姻登録した役場から取得し、
フィリピン国家統計局の認証を受けたもの。


■備考
フィリピンでは日本のような厳密な戸籍制度や
住民届け制度が徹底されていません。出生記
録が役場ではなく教会に保存されているため、
間違って住民登録されていることもあります。
このような場合は婚姻や渡航手続きに思った
以上に時間を要することがあります。
また婚姻手続きはフィリピン家族法という法律
に基づいて行なわれます。






○婚姻後の日本呼び寄せ

婚姻後日本に呼び寄せる場合は、先ず居住地の地方入国管理局にて在留資格認定証明書を申請取得。
次に在留資格認定証明書と共に、証明書の有効期間内(3ケ月)に在フィリピン日本大使館・領事館にて
査証を申請します。また査証申請は申請者本人が出頭する必要があります。尚、日本入国後は3ケ月以
内に日本の役所にて外国人登録をしなければなりません。

<必要書類>
◆フィリピン国家統計局発行の婚姻証書謄本と出生証明書謄本、各1通(発行から6ケ月以内)
◆在留資格認定証明書の原本とコピー1通
◆現在の旅券と旧旅券/顔写真2枚/他、追加書類が必要な場合があります。

○偽装結婚防止対策の実施
2007年4月、暴力団などが介在する偽装結婚による強制就労防止策として、在フィリピン日本国大使館で
発給する独身証明書や戸籍謄本などの書類チェック、日本人男性の身元確認・本人確認作業などを厳格
化。職員増員や法務省入国管理局との情報共有化も検討。