海外移住情報 旅コラム


ネパール
チベット難民キャンプの女性たち






ヒマラヤを臨む人気観光地ネパールのポカラは、一年中観光客でいっぱい。
トレッキングを目的にやって来た日本人の中高年ツーリストも多いものの、中心は若者のバックパッ
カーたち。それも世界各地から集まってくるため、いつしかタイのバンコクに代わる「パッカーの聖地」
と呼ばれるようにもなっている。

そして、数多いツーリストを相手に商魂を発揮するのが、ポカラ周辺にいくつかある「チベット難民キャ
ンプ」の女性たちだ。日本人は特にお得意様のようで、日本人ツーリストを見かけると、「物々交換」
の交渉に忙しい。
物々交換とは、観光客の持っているものと自分の持っているものを交換して、段々といい品物にラン
クアップ。高く売れそうな品物を手にすると、手放して現金化するといった方法で、おみやげなどを売
り歩くよりは、とても効率的な商売らしい。

こんな難民キャンプの女性の多くは、キャンプで生まれ育った人たち。
「私たちはネパールで生まれても、キャンプの人間だから国籍は無国籍、身分は難民のまま。
だから海外に出たくてもパスポートなんて作れないし、夢のようなものね。この街には、いろんな国
の人が旅行にやってくるでしょ。とてもうらやましい・・・」

そんな彼女たちの心情を理解すると、難民キャンプに招待してくれた。ローカルバスに揺られて30分。
周辺は石山ばかりといった中にキャンプはあった。近くにはきれいな川が流れ、見晴らしも抜群。
ポカラの街よりネパールらしい。

キャンプの中は、2DKほどの家が連なった長屋がびっしり。家の軒先ではおじいちゃん、おばあちゃん
が草木の手入れをしている。キャンプ内の広場にはチベット寺院が建てられ、その隣にはゲスト用の
宿泊施設もあるものの、あまり人は泊らないとか。

彼女の家に案内されると、母親と妹が迎えてくれた。
「よかったら食事をしていきなさい。泊っていってもいいのよ」
村の土木仕事に出かけている父親を含め、家族4人で2DKの家で生活。台所は各家庭にあるものの、
トイレやシャワーはキャンプの共同施設を使用する。
夕食は、ネパールでは有名な「モモ」とよばれるチベット餃子。街のレストランで食べるより数段おいし
いのにはびっくり。日本人がキャンプまでやってくるのは珍しいのか、次から次へと近所の人がやって
きては、お菓子などの差し入れを持ってきてくれる。

そんな平和な時間を過ごした次の日の朝、泊めてもらったお礼に彼女たちが売り歩いている石のペン
ダントを買った。値段を聞くと、途端に商売気たっぷりのチベット人の顔に逆戻り。チベット人は、世界
的に有名な商魂たくましい民族であることを改めて実感した。

ペンダントは、物々交換の女性たちの休憩場所になっている食堂の女の子にプレゼント。
この13歳の女の子は、とても美人なので結婚話がいっぱいだとか。ネパールでは14歳になると結婚
適齢期、親の決めた相手と結婚するのがごく当たり前らしい。

しかし、キャンプの女の子たちは結婚を望まず、一生独身の場合も珍しくない。
「私たちはチベット人。ネパール人とは結婚したくないし、政府もあまりいい顔をしない。キャンプのチ
ベット人同士で結婚しても、自分たちの家をキャンプ内に確保するのも難しいのよ。子供ができれば
ますますキャンプが狭くなるだけで、何もいいことはないわ。独身で通す方が、私たちにとっては幸せ
なのよ・・・」