海外移住情報 旅コラム


アメリカ・ダラスの憂鬱







「世界を旅して、アメリカ人が嫌いになった。いろいろタテマエを言っても、本音ではアメリカがナンバ
ーワンだと思っているのが許せない…」という日本人ツーリストが結構いたりする。
日本はミニ・アメリカとして、ひたすら米国をマネ、米国文化を追い求めてきたものの、米国人の実像
に触れる機会があったりすると反応もさまざまだ。

そんなアメリカでも最も保守的で国家主義的な土地がダラス。カウボーイの本場だけにロデオ大会
も日常的。歴代大統領を数々輩出するなど政治的にもかなり重要な位置を占め、巨大石油資本の
本拠地としても有名だ。

以前仕事でこの土地を訪れた時に、日本人として始めてダラスに住んだ草分けの日本人Aさんと知
り合った。Aさんは戦前、カリフォルニアに移民した後に米国各地を転々と移動、30年ほど前にダラス
に落ち着いた。現在は引退し、息子さんが日本貿易と翻訳通訳業務を行なっている。
「この街の企業を見れば、ダラスが分かりますよ。米国では人種差別はタブーとされ、表面上はなに
も問題ないことになっていますが、ここに住み始めてからずっと、今でも人種偏見の風を感じます」
Aさんの言葉を胸に押し込めたものの、仕事で米国企業と接すると、その言葉の意味がなんとなく分
かってきた。

ロサンゼルスでもニューヨークでも、黒人の管理職は当たり前なものの、ダラスの企業、特に大企業
ともなると一人もいない。
そんな状況を何かとフレンドリーに接してくれるホテルの黒人ドアマンに聞いてみた。
「そうさ、この街では黒人やスペイン系は差別されているのさ。何かと保守的な街だからね。多分、俺
たちにとってはアメリカで一番住みにくい街かもしれない。そんなことより、仕事終わったらバスケット
でもしようよ」

またホームパーティに呼ばれた時は、招待客の老人からパールハーバーについて"いやみ"を言わ
れ、親戚が死んだと責められた。頭にきたので、「じゃあ、広島、長崎はどうなんだ。何人が死んで、
どれだけ多くの人が原爆病で苦しんでいるのか知っているのか?」と、大人気ない言葉もつい吐いて
しまった。

仕事先の女性スタッフに街を車で案内してもらった時も最悪だった。
スパニッシュ・ハーレムとよばれる中南米の移民地区があり、そこを通りかかると、おもむろに鼻を
つまみ、しきりに臭いというポーズを連発した。

移民だけではなく、先住民であるインディアンに対しても同じらしい。
「ここはロデオ大会が週末になると開かれるんだ。でも、俺たちインディアンが優勝しようものなら大
変だ。露骨ないやがらせもあるんだぜ・・・」

ちなみにこの街を訪れた仕事とは、日本の大手銀行とダラスが本拠地の米国最大の不動産会社と
のプロジェクトの取材だった。しかし、帰国してから約一年でプロジェクトは破局を迎えたようだ。
その理由を調べてみると、決め手は日本人銀行マンとダラスの米国人スタッフとの感情的軋轢だっ
た。世界で一番だと思っている米国人のプライドと、同じく自分たちが一番だと思っている日本人エ
リート銀行マンたちのプライドが、真っ向から衝突したらしい・・・。