海外移住情報 旅コラム


オーストラリア
ゴールドコーストのツアーガイド裏話






日本人観光客の定番地、ゴールドコースト。
過去の一大ブームは過ぎ去り、ツアーガイド業界も様変わりした。日系ホテルに宿泊すると、なぜか
ツアーガイド会社から頻繁にオプショナルツアーの勧誘電話攻撃があったりして、顧客獲得に必死な
様子がうかがえる。

そんな中、従来はなかった"ツアーガイド養成"などというビジネスが出現していた。ちょっと怪しい臭
いがプンプンする商売だ。
たまたま現地で知り合った日本人が、一番最初にこの商売を立案したAさんだった。
「ゴールドコーストを訪れる日本人は、横ばい状態です。ブームの時に作られた小さなツアーガイド会
社は、どこも生き残りに必死で、潰れる会社も珍しくありません。うちの会社もツアーガイド業務だけで
は苦しくなって、苦肉の策としてツアーガイド養成をスクールのような形で始めたんです」

「ツアーガイドはワーキングホリデーで滞在している日本人や、オーストラリア就職を夢見る日本人に
人気ですから、始めた時は大人気でした。今では、いくつか同じようなスクールもできています。ただ、
本来は必要のないビジネスなので批判も多くて、そろそろスクールを閉めようかとも考えています。
お金儲けが目的と言われてもしょうがないでしょうね。お金を払ってくれる人は、業界のことは何も知ら
ない人ばかりです。現地事情に詳しい人は、ツアーガイドになるのにお金を払ったりしませんから」

ツアーガイドは、どこの会社でも常時募集している。面接をパスし、一定期間働いた後に業界内で決
められている研修終了試験を受ければツアーガイドとして本採用される。もちろん、給与をもらって働
きながら研修するのが一般的だ。
それに対して、有料で養成講座などを併設しているツアーガイド会社などの場合は、”お金も入り、研
修を理由にタダで働かせることもできて一石二鳥”とばかりに、本来の業務そっちのけで生徒募集に
邁進する本末転倒ぶりだ。

また、高いお金を払って"養成?"されたおかげで、肩身の狭い思いをする人もいる。
「私は、何も知らないまま養成コースにお金を払ったのですが、終了してみると、どこの会社も雇って
くれませんでした。採用されるのは、養成コースを受けていない人ばかり。ツアーガイドは体力と営業
力が勝負。何よりもバイタリティが要求されますから、安易に高いお金を払った人は不適格扱いされ
て敬遠されるんです。私自身もそう思います・・・」

こう話すのは、ワーキングホリデーで滞在していた20代半ばの女性。また、同じくワーホリで滞在し、
ツアーガイドとしてバリバリ働いている女性はツアーガイド事情について次のように話してくれた。

「うちの会社も経営は苦しいようですね。以前は早朝から深夜までと、ハードで不規則ではあっても
通常のガイドの仕事だけでした。でも、最近は事情が一変して、歩合制度が導入されて、担当したお
客さんから、新たなオプショナルツアーなどを受注しなければ評価されないようになりました。営業第
一主義と言うんでしょうか、ツアーガイドというよりもセールスレディといった感じで、お客さんからのク
レームも多いですね。ツアーガイドを目指すなら、なによりも根性が必要かもしれません」

バブル期に進出したツアーガイド会社の中には、観光業務から手を引き、利益の大きい留学やサポー
ト会社に転業する場合も多いらしい・・・。