海外移住情報 旅コラム


テニアン島の日本人







テニアンはサイパンの隣の島。といっても、日本人観光客のほとんどはサイパンが中心。ツアー客
がほとんどのために、オプショナルツアーとして日帰りで訪れる場合がほとんどだ。そんな理由も手
伝って、テニアンのビーチは人もまばらで穴場的な印象が強い。

「テニアンは海がきれいでしょ。透明度も高いし、なんで海がきれいとはいえないサイパンばかりに
日本人が集まるのか分からない…」
そう言うのは、ビーチで声をかけてきたダイビングショップのスタッフAさん。テニアンではビーチ沿い
に日系のダイビングショップ数店がテントを張って仮設店舗を出している。
「ここにテントを張っているダイブショップは、みんなダウンタウンにお店があるんですよ。でもテニア
ンは交通機関がまったくないから、ダウンタウンに来る観光客なんてほとんどいない。店はあっても
お客は来ないから、こうしてビーチにテントを張って営業しているんですよ」

一通り世間話を終えると、セールストークが始まった。
「カメで有名なダイビングポイントがあるんですよ。透明度は50メートル、1万円でどうですか? 安く
してもいいですよ。えっ、もう行ってきたんですか、残念…。ウチの場合はホテル申し込みとフリーの
お客さんが対象。旅行会社と契約していないから特に厳しいです。この島は日本人が少なくて、観
光客の中心は中国人ですから・・・」

Aさんはテニアンに住んで2年。九州出身の29歳。その前にも数年間テニアンにいたものの、勤めて
いたダイビングショップが閉鎖になって帰国。他のダイブショップがオープンすることになって再びや
ってきたという。
「私の場合は別にダイビングのインストラクターでもなんでもなくて、単に知り合いに誘われたのが始
まりです。来た時はびっくりしましたよ。何もないし、時間が長くて…。だから店が撤退して日本に帰
国した時は喜んでいたんですが、なぜか懐かしくなって、また来てしまいました。日本の生活と比べ
ないようにするのが、楽しく暮らすコツじゃないですかね。私もそうするようになってから、この島の良
さがわかったような気がします」

また隣のサイパンはあまりリピーターがいないものの、テニアンにはそこそこリピーターがいるという。
「テニアンの良さが分かった人は、リピーターとして毎年やってきます。安いローカルホテルも数軒あ
りますけど、リピーターの人はみんな地元の人の家にホームステイ。何もない島だから、ホテルに泊
っていても暇でしょ。民家に泊った方が面白いし、安いし、車も貸してくれたりして、何かと便利ですか
らね。こっちの人は皆人懐っこいですから、ダウンタウンをウロウロしているとすぐに友達になれます。
みんなそうしてホームステイ先を見つけていますし、韓国人の家庭に泊っている人もいますよ」

ダウンタウンを歩いてみると、韓国語看板が多い。サイパンの隣にありながら、日本語の看板はあま
り目にしない。街角のベンチでは韓国語の新聞を熱心に読んでいる人もたびたび見かける。
話しかけてみると、みんな戦時中にやってきた軍関係者だった。終戦後、そのまま居残りせざるを得
なかったという。