海外移住情報 旅コラム


バキスタンの女性たち







パキスタンといえばイスラムの男社会。
首都イスラマバッド特別区に隣接する旧市街“ラワールピンディ”を歩いていても、女性たちとすれ違う
ことは少ない。
原則的に女性の労働が禁止されているために、航空会社や外国系オフィスを除いては、お店にもオフ
ィスにも女性の姿は見られない。

そんな中、街のところどころにある電話屋さんに、堂々と顔を出して受付している女の子がいた。
びっくりしていると、こちらの思いを察したようで、隣にいた女の子のおじいちゃんが「まぁ、まぁ、座り
なさい」とお茶をすすめてくれた。
「私は海外で育ったから、こうして働くのにも抵抗がないの。周囲からは冷たい視線がくるけれど、こ
うしておじいちゃんが一緒に店番してくれているから大丈夫」

それから数週間の滞在で、女性が集まる場所をいくつか発見。そんな場所を訪れると、パキスタンら
しさも垣間見えてくる。 先ずは女人街と呼ばれている市場。食料品・日用品・衣料品・化粧品など、
なんでも売っている。迷路のような市場街には、多くのパキスタン女性たちが行き交っていた。
特に女性で溢れていたのは、甘味店。甘いデザートを食べながらおしゃべりに夢中だ。

次は街一番のベーカリー。クッキーやパキスタン風ケーキが売られているものの、かなり高いために
お金持ちしか買えない。
そのためかお客のほとんどは高級車で店の前に乗りつけて店に入っていく。

そして、ケンタッキーフライドチキン。 ケンタッキーはパキスタンでは高級レストラン。
高級車を運転してやってくる人が多いためか、警備員付の駐車場が完備している。
お客のほとんどは女性とその子供たち。しかもパキスタンでは珍しい洋服姿。ジーパンをはいている
女性の姿も多い。 レストランというよりは、奥様方の社交場といった感じだ。
そんな姿に驚きながらチキンにかぶりついていると、向かいの席に座っていた子供連れの女性と目が
合った。
会釈をすると「こっちで一緒に食べない?」と手招きされた。
「パキスタンでは、女性が行ける場所は限られているのよ。行こうと思えば自由に街を歩けるわよ。
でもここはイスラムの国だから、視線が気になるの。よけいなトラブルになるのも困るし、みんなおとな
しくしているわ。だから、ここに集まってくる女性たちは、西洋の生活習慣と接したことがある人や進歩
派の人たちばかりね。よかったら今度家に遊びに来ない? 主人は貿易商だから外国人は歓迎よ」

また、中央アジア人の居住地区にあるラグメン店にもパキスタン女性が多く集まる。
お店は中国ウイグル自治区出身者が経営。ラグメンとは、ニンニクと唐辛子、トマトの味が特徴的な
中央アジア風焼きうどん。
この味を求めて、また単調なパキスタン料理に飽きた日本人や外国人旅行者、そして食通?の女性
たちがやってくる。
不思議なことに、何故かここに集まるパキスタン女性たちはおしゃべりをしない。
ただひたすらラグメンを夢中で食し、食べ終えると満足そうな笑みを浮かべて帰っていく。
美味しいものがあるところに女性が集まるのは、どこの国でも一緒かも・・・