海外移住情報 旅コラム


フィリピン
マニラ・エルミタ地区の横顔






フィリピンといえば、今ではボラカイ島やエルニド、セブなど海洋リゾート地として身近な存在になって
いるものの、一昔前は治安の悪いイメージが常につきまとっていた。
中でも首都マニラのエルミタ地区は、すこぶる評判の悪い地区として有名だった。

エルミタ地区はゴーゴーバーなどが建ち並ぶ歓楽街で有名だったものの、マルコス政権が滅亡して
からは、ゴーゴーバーなどを一掃。クリーンな街づくりを推進。 その結果、今ではエルミタ地区の一角
を占めるマラテ近辺は、トレンディ・ストリートと呼ばれるほどの、若者向けの洒落た店などが集まるエ
リアに生まれ変わっている。
しかし、エルミタ地区が危険とは無縁の地区になったかといえば、答えはノーとしかいいようがない。

怪しいネオンは一掃されたものの、あいかわらず魑魅魍魎が出没する。 エルミタの中心にあるロビン
ソンデパート。 市民で賑わう店内に腰を下ろし、行き交う人などをウォッチングしていると、いろんな光
景が見えてくる。
ひっきりなしに携帯電話している一目でその筋と分かる日本人。 若いフィリピン女性を同伴している日
本人グループ。そんなことをしているのは中高年男性だけかと思っていると、若いフィリピン男性と手を
組みながら楽しそうにショッピングしている、日本人の中高年女性もいたりする。

慣れてくると、日本人男性を物色している二人組のフィリピン女性グループの存在も目に入ってくる。
それも一組や二組ではなく、軽く10組以上はいる。
偶然出会ったように日本人に近づいては、ボッタクリバーなどに連れて行ったり、睡眠薬強盗をはたら
いたりするのが目的だ。
そんな女性たちの誘惑をかいくぐるのは簡単なものの、困るのはエルミタ周辺にたむろする客引きや
物売りたち。 彼らたちは、他の国の客引きたちと明らかに違う。
人相も悪くて、しつこくつきまとう。 愛嬌もなければ、駆け引きもない。 離れないので走って逃げると
後を追いかけてくる者もいる。
そんな時は、とりあえず近くの店に飛び込んで助けを求めるのが得策なものの、タチの悪いのになる
と、出てくるのを待ち伏せしている場合もあったりする。
また、人がいないのを確認すると、強盗に変身したりする場合も珍しくない。

比較的安全なマラテ周辺でも、油断していると被害にあう。 ある夜、何気なく歩いていると、物売りが
急にぶつかり商品をわざと落とす。とっさにその場を離れたためにトラブルは避けられたものの、宿の
スタッフは「あなたはラッキー」と言った。
「この宿に泊っていた日本人女性は、取り囲まれてバッグを持ち去られた。警察が取り締まってもらっ
ても、そのうちまた始める。外国人がこの街にいる限り、なくならないと思うよ。豊かな外国人から巻き
上げることに、罪の意識は全然ないんだから。困った問題だけどね・・・」

そんなエルミタ地区では、歩くのも嫌になったりする時があるものの、
バックパッカー向けの安宿があるのはエルミタ地区だけだからしょうがない・・・。