海外移住情報 旅コラム


インドネシア
素朴なロンボク島






ロンボク島はバリ島と隣接するインドネシアの小さな島だ。最近は訪れる観光客も増えたものの、観光
客で溢れかえるバリ島と比べて、まだまだ素朴な日常生活と触れられる。
そんなこともあって、観光客の多いメインリゾートエリアの“スンギギ”を避けて、市街地の“マタラム”に
滞在することにした。

空港から市街地まで歩いてもさほどかからない。通りすがりの人たちに「安くていい宿はないか?」と聞
きながらブラブラ散策するうちに、誰もがすすめる華人経営の宿にたどり着いた。
ロンボク島の物価はバリ島よりかなり安く、バリ島の安宿・ロスメンに泊る予算で、エアコン付・テレビ付
・ホットシャワー付の快適な部屋が確保できる。

「このホテルに日本人が泊るのは初めてよ。観光客はみんなスンギギに泊るから…。安くしてあげる。
隣の部屋にはフランス人の夫婦が長期宿泊しているから、後で紹介してあげるわね」
こう話す中国系の美人マダムの他にも、やや色が黒く、髪の毛が縮れている人が多いローカルスタッ
フも日本人に興味津々。
「仕事が終わってから、島を案内してあげる」という誘いの連続。もちろん無料…。なにかとお金が絡む
バリ島と違って、純粋な善意がとてもうれしい。
言葉に甘えて、ロンボク島の沖に浮かぶ小さな島々へのアイランド・ホッピングに連れて行ってもらった。
透明度がいいとは言えないバリ島とは違って、ロンボクの海は底まで透けて見える。

しかし、なんといってもロンボク島の楽しみ方は、レンタルバイクを借りて自由に島を走り回るのが一番。
地元の人の交通手段、ベモ(乗合のミニバス)に乗ってあちこち行くのも楽しいが、バイクで走り回ると
いろんな出会いと遭遇できる。

島はバイクで一周しても2、3時間。バリ島よりも暑く陽射しが強いために、バイクで風をきるのは爽快
感でいっぱい。なによりも、走っていると通り過ぎる人たちの多くが手を振ってくれるのがいい。
恥ずかしそうに手を振る小さな村の主婦たちの姿がとても新鮮だ。途中、あちこちで休憩していると、
いつの間にか周りに輪ができてしまう。

またバイクで走っている途中、ツーリングしている島の若者三人と知り合った。男の子のバイクと女の
子の二人乗りバイクの2台だった。
「私たちはこの島に住んでいるの。今日は休みだから、仕事仲間の友だち三人で島を一周しているの
よ。バリ島に行けば、仕事も多いし、お金もここで働くより多く貰えるけど、バリ島には行きたくないわ。
昔とあまり変らないこの島が好きなの。今日はずっと私たちと一緒に回りましょうよ」

こう話す二人人乗りの後部座席に乗っていた女の子の笑顔がとても魅力的だった。
バイクの運転ができないらしく、いつの間にか私のバイクの後ろに乗っていた。 夕方、そろそろ陽が沈
もうとする時間になり、みんなでこの女の子の家に行った。
「何もないけど、夕食を食べていってね・・・」
出てきた料理はロンボク特有の香辛料をふんだんに使ったものだった。
バリ島に隣接しているものの、文化や風習はロンボク島固有のものとなっている。