海外移住情報 旅コラム


カンボジア
この国はいったい誰の国






ポルポト政権が倒れ、復興への道を歩み続けているカンボジア。
ポルポト時代には、都市住民は全員が地方の農村に強制移住させられ、首都プノンペンはゴーストタウ
ンと化していた。ポルポト政権が終わると人々は市街に戻り始め、今ではプノンペンのどこに行っても人
で溢れ、エネルギッシュな様相を見せている。
しかし街の中心部を歩くと異様な光景が目に飛び込んでくる。街は漢字だらけの看板があふれ、クメール
語の看板を目にすることはとても少ない。
別にチャイナタウンに紛れ込んだわけでもなく、街の中心に連なるメインストリートの看板のほとんどが中
国語。

「どこでどうなったのかは分からないんだ。気がついたら大きな道路の周辺は全部台湾人が占拠していて、
いつの間にか漢字の看板ばかりになっていたよ」
そう話すのは有名なバックパッカー向けレストラン"キャピトル"にたむろするバイクタクシーの運転手。
いろいろ聞いてみると、土地の所有者がはっきりしないなどの背景もあって、台湾とカンボジアの間で何
らかの合意のもとにこうなったらしい。カンボジアは外国人の個人名義では土地を登記できないものの、
こうした土地は特例措置として台湾人名義になっているとも聞いた。

「この国では、誰も台湾人に好意はもっていないさ。何故って、彼らは自分たちの同胞同士で商売してい
るからね。俺たちクメール人は物を買わされるだけで、ビジネスには参加できないんだ」
こんな話をしていると、次々と別のバイクタクシー運転手が集まってきて、話の輪に入ってくる。

「この国はいったい誰の国か分からなくなる時があるよ。クメール人はお金がないから、商売したくてもで
きないんだ。もちろんクメール人でも商売している奴はいるさ。でもほとんどは台湾人や周辺国からやって
きた華僑からお金を借りて商売している。だから何も言えないし、彼らの操り人形だよ。君が泊っているゲ
ストハウスやキャピトル・レストランのオーナーも中国系カンボジア人だから、元々の資金は華僑から出て
いるんだ。インドネシアには行ったことがあるか? インドネシアも華僑が国を牛耳っているだろう。カンボ
ジアも同じなのさ」

周囲を取り巻くクメール人たちが一様に頷いているのが印象的だった。台湾人や中国人たちへのこうした
苦言は、どこにいっても耳に入ってくる。そんな話を聞くたびに、いずれクメール人による暴動が起こるの
では・・・といった危惧も抱かざるを得なかった。

それから数ヶ月、インドネシアのメダンでは中国人狩りの大規模な暴動が起こった。連鎖的にカンボジア
でも暴動が起こる可能性はあったものの、目立った動きは特になかった。
しかし、クメール人の不満が蓄積すると、いずれ暴動に発展する可能性は否定できない。
国家としてもまだまだ形になっていないカンボジア。国とは、民族とは、といったことを考えさせられる旅に
なった。