海外移住情報 旅コラム


ミャンマーは日本の田舎?







ミャンマーで一番ややこしいのは両替の二重レート。かなりの差がある公定レートと市場レートの二つ
が存在し、市場レートは公設両替所でもバラバラ。
一番レートがいいのは闇両替。しかし客引きが見つからずに高レートでの両替に苦労する場合もある。
また、ミャンマーというと軍事政権の国。
アウンサン・スーチー女史の軟禁は解除されたものの、欧米人が泊るバンコクの安宿などには、「軍
事政権の国に行くのは止めよう。ミャンマー政府を潤すだけ」といったポスターが貼ってあったりする。

しかし、日本人にとってミャンマーはびっくりするほど評判がいい。軍事政権を意識するツーリストなど
はほとんど皆無。アジアを廻る日本人パッカーに「どこの国が一番良かった?」と聞くと、必ずミャンマ
ーという答えがもどってくる。
人気の理由を聞くと、「何よりも人がいい」というのが共通の意見。観光客にしつこくまとわりつくアジア
を知る旅行者にとっては、その素朴さがよけいに印象深いものになってしまうらしい。入国時には悪名
高い「強制両替」があるものの、拒んでいると、申し訳なさそうに哀願する官憲の姿はどこか憎めない。

街に出るとインド系ミャンマー人がやたらと多いが、日本人と同じ顔をした人もまた多い。
車はボディに「〜商店、〜株式会社」と書かれた日本の業務用中古車が元気に走り回っていて、タク
シーにも使用されている。
観光の拠点である山岳地帯に行く長距離バスも「西武観光、〜観光」の払い下げ。
中古車両は日本のODA関連でミャンマーに入ってくるらしいが、日本との距離が一気に縮まるような
気分になってくる。

そんな日本を感じる光景は、片足でボートを漕ぐことで有名なインレー湖に行くとさらに加速する。
拠点の小さな村、「ニャウンシエ」はどこから見ても日本の田舎のような景色が続き、まるで日本に
いるように錯覚することも。そしてこの村には、何故か日本人OLのリピーターが多い。
2軒しかない中華料理店で美味しそうに焼きそばを食べている女性もOLだった。彼女は3回目の滞
在、4日間の休みを取りはるばるやってきた。

「ここにやってくるとホッとするんですよね。インレー湖の観光は数時間で終わってしまっても、この村
には体に根が生えてしまうんです。特別に何があるわけでもないし、日本の田舎のような景色だから、
日本を旅行すれば。と言われればそれまでなんですけれど。何故かこの村が恋しくなって、足が向い
てしまうのです」

村の中をぶらぶらと散歩すると、飾らない日常生活にも出会える。空気の抜けたボールでサッカーの
練習をしているのを眺めていると、恥ずかしそうに微笑み、「一緒に遊ぼうよ」と誘う少年たち。
外国人の男性が通り過ぎる度に、「あなたが声をかけなさいよ」とキャッキャッいいながら盛り上がる
女の子たち。目が合うと「お茶でも飲んでいきなさい」と家の前で手招きするおばあちゃん。
広場では子供が大きな声で合唱。美味しそうなマンゴーを露天で買えば、一つひとつ丁寧に剥いてビ
ニール袋に入れてくれる。簡素な茶店でインド風ミルクティを飲むと、次々と話しかけられて退屈しない。
昔の日本にいるような不思議な感覚。何気ない時間がやさしく流れる村だから、日本人が集まるのか
もしれない・・・。