海外移住情報 旅コラム


キューバ、ドルの威力







メキシコのカンクンから空路で約1時間、数少ない共産主義国家キューバのハバナ空港へあっという
間に到着した。
メキシコのユカタン半島とキューバは、ユカタン海峡をはさんで約5,000キロという近さだ。
ハバナを訪れた時は、キューバ国民の米ドル所持が解禁になって日が浅かったためか、ドルの威力
は想像以上のものだった。

「この国は、政治では米国と対立しているものの、米国などからの観光収入で成り立っているんだ。
観光客がドルをこの国に持ち込むことで、国民はみんな、ドルの威力を知ってしまったよ。この先どう
なることやら」
モノ不足が深刻なキューバでは、米国などからの輸入品に頼らざるを得ない。
しかし、キューバのペソは米ドルと比べると紙クズ同然。米ドルがなければ何も手に入れることができ
なくなっていた。
以前は外国人観光客だけしか入れなかったドルショップも開放され、ドルさえあれば誰でも何でも買え
るようになった。そして、スーパーマーケットは長蛇の列。ドルを持っている人の多さにも驚かされた。

「何故こんなに、みんなドルを持っているんだい?」
「キューバは米国などに出稼ぎに行っている人が多いからね。親戚に一人ぐらいはいるから、仕送り
してもらっているのさ。もちろん以前はドルの所持は非合法だったから、タンス預金をけっこう持ってい
るんだよ」
こう話してくれたのは、スーパーマーケットのドア越しに中を覗いていた若者。
親戚からの仕送りはないので、ドルは持っていない。
「他にも、観光客相手の商売をしている奴はドル成金さ。タクシーの運転手なんかはドル収入だし、
けっこうチップをもらうしね。企業幹部がタクシー運転手に競って転職するのが当たり前になっている
よ。ところでどこのホテルに泊っているんだ? ホテルのトイレットペーパーや石鹸をもらえないかな」

ドルを持っている外国人は、混んでいるスーパーや商店でも特別待遇。並ぶ必要もないし、ドルを持
っているだけで誰でもVIP扱いだったりするから、優越感や罪悪感が交錯する不思議な感覚を味わっ
たりもする。

一方、経済的に追い込まれていても、キューバはラテンの国。中南米のどのラテン国家よりも陽気で
明るく、おまけに人なつっこい。暗いイメージなど、この国には一切無用といった感じだ。
ただ、バイクのひったくりは日常茶飯事。
街を歩いていると、見知らぬ人からも「バイクには気をつけるのよ。バッグは必ず前に抱えるように持
たないと、ひったくられるわよ」といった言葉をかけられる。事実、アメリカ人観光客がバイクに乗った
男たちにネックレスやショルダーバックをひったくられる現場を何度か目撃した。

しかし、他の国々と違うのは、必ず周辺の人たちが駆け寄ってきてヘルプの手が差し伸べられること。
自然と大きな輪ができてしまい、みんな心配そうに声をかける。そんな現場と遭遇する度に、キューバ
という国の素晴らしさを実感する。
米ドルには支配されても、キューバらしさはいつまでも失わないで欲しいものだ。