海外移住情報 旅コラム


イタリア・トリエステ駅のカナダ人







イタリア北部、スロヴェニア国境にも近いトリエステはアドリア海沿岸の街。
バスターミナルに降り立ち、隣にある鉄道駅で時刻表を見ると、次の深夜列車まで約4時間待ち。
夜の9時を回っているために駅構内のカフェはすでにクローズしていた。
外は小雨が降り、3月だというのにかなり寒い。暖を取ろうと駅の待合室に入ると、中はホームレスで
占拠されていた。
といっても、雰囲気はそれほど悪くなかったので、片隅に座って時間待ちしていると、純朴そうな白人
パッカーが入ってきた。目と目が合うと一目散に駆け寄ってくる。

「ここはデンジャラスだから、隣に座っていいか? 何でホームレスばかりなんだ、信じられないよ」
カナダから来たというこの青年、ウクライナの英語学校教師の職を得て、これから東欧を鉄道で横断し
ながらウクライナへ。海外旅行は初めてだけに、赴任する旅のついでにあちこちを廻っているらしい。
ウクライナの就労査証シールが貼られたパスポートを見せながら、「共産圏はエキサイティングだから、
とても楽しみなんだ」とうれしそうな笑みを浮かべる。

しかし不安なのか、トイレやタバコを吸いに席を立つ度にピッタリついてきて離れようとしない。
そのうちに大柄なイタリア人女性がやってきて、ハンサムなカナダ人青年に話しかけてきた。
周りのホームレスたちは、「相手にするな」といった合図を送っているものの、生真面目な性格なのか、
一生懸命に話しに応じている。
すると突然、スカートを捲り上げて積極的アプローチ。びっくりしたカナダ人は泣きそうになっている。
助け舟を出して待合室を出ると、寒いプラットホームのベンチへ。

クロアチアに寄るというので、駅前の安宿やスーパーマーケットの地図を書いたりして時間を潰すもの
の、寒さには耐えられず待合室に戻ることに。
中を覗くと、イタリア人女性がいなかったので一安心。その代わりに大勢のボランティアで待合室は満
員になっていた。ボランティアはそろいのユニホームを着て、飲み物やお菓子、パンなどをホームレス
に配ったり、個別に生活や悩みの相談に応じている。

こんな光景にカナダ人青年はいたって感激。「イタリアって凄いんだ。進歩しているよね」と言うと、カバ
ンの中をごそごそ。中から10ユーロ札を10枚取り出して寄付を申し出たものの、ボランティアたちはそ
の中から3枚だけ受け取った。
「多額の寄付はありがたいけど、少しでいいよ。旅にお金は必要だよ。よかったら君たちもパンとスー
プを食べないか」
それから約1時間、ボランティアたちやホームレスたちとも会話が弾み、発車までの時間があっという
間に過ぎ去った。

列車に乗ると、カナダ人はすぐに熟睡。国境で係官がやってきてもなかなか目を覚まさない。
イタリア側の国境では日本のパスポートよりもカナダのパスポートの方が信頼があるようで、カナダ人
のフリーパスに対して、こちらにはしつこい質問が飛んできた。
やがて列車はスロヴェニアのリュブリャーナに到着。再び揺り動かして起こして、「ザグレブまでの5時
間、無用心だから熟睡しない方がいいよ」と言って列車を降りたものの、多分効き目はないだろう・・・。