海外仕様コンピュータ

海外便利帖 → 海外仕様コンピュータ

海外向けのコンピュータ

 海外に出かけるときにノート型のコンピュータを携行する方は多いと思いますが、さてどの社のものが良いのか。筆者の経験から言うと、故障の少ない安定したものがデザインなどよりも優先です。海外向きにお勧めできるのは東芝です。

 東芝ならかなりの国で保証が効きます。シャープもアメリカなどでは保証があるようですが、修理部品などの調達に不安があります。実は筆者は以前はIBM、東芝、シャープ、と使っていましたが、現在は再び東芝のユーザーです。

 理由?やはり海外に強いからでしょうか。そして東芝のノートはボディの堅牢性が高いです。海外では持ち運んで使うことが多いですし、日本よりも車での移動も多くなります。そして、修理ができるショップが少ない、となると、壊れにくい、剛性が高いボディは非常に重要なのです。さらに東芝は海外にも拠点が多くて修理が受けやすい上に、海外に出しているモデルと日本向けのモデルがほとんど同一ですから、部品の心配も少ないです。

 逆に海外で故障が多いのはソニーのVAIOです。デザイン性は高いですが、海外のハードな状況での使用に耐えうる堅牢性は持っていないですし、海外、特に途上国では修理も困難です。

 また以前アフリカにいたときに水害に遭い、東芝ノートが泥水に使ってしまったことがありました。レジューム状態にしてあったのですが、本体はショートしたらしくて復活しませんでした。でも藁にすがる気持ちでハードディスクを取り出し、水洗いしてよく乾かしてから職場にあった同型のノートのものと入れ替えたら、なんとハードディスク(これも東芝製)は生きていてデータを無事取り出すことができました。もちろんこんなことをしたら「保証対象外」になってしまいますが、アフリカではどのみち修理できるところはありませんでしたから。この事件以来、東芝製品にはまた一層の信頼を置いています。


東芝ダイレクトPC

東芝ダイレクトPCは東芝のノートパソコンの直販サイトです。ここでは以前、どこでも買える国内仕様のパソコンだけでなく、海外仕様の東芝製ノートパソコンが購入できました。しかし現在は海外使用のパソコンは販売が中止になっており、以下の販売店を利用して欲しいとの掲示があります。

LAOX本店(3F) TEL:03-3253-7111 FAX:03-3257-1485 営業時間 10:00〜21:00
LAOX デューティーフリー秋葉原(2F) TEL:03-3255-5301 FAX:03-5297-7202 営業時間 09:00〜21:00
アッキーインターナショナル本店(3F) TEL:03-5207-5027 FAX:03-5207-5564 営業時間 09:30〜20:00

東芝の海外モデルは、ハードは英語キーボードがのった英語仕様ですが、OSは英語、日本語どちらかを選ぶことができます。Windows XP は英語版でも簡単に日本語が使えますので、あまり日本語OSにこだわる必要もないのですが。

 東芝のモデルには英語キーボード日本語Windwos が入ったものがあり、さらに日本語 MicroSoft Office がプレインストールされたものがあります。

 シリーズには英語キーボードの英語OSのものもありますが、私は自分の経験上英語キーボード+日本語OSのモデルを勧めます。

 その理由は、日本語のソフトを使うことが多い場合、英語のOSが入っていると、ウィンドウのサイズの問題などで文字表示が見にくくなったりすることがやはりあるからです。

 では「日本語キーボードにしたら?」という意見も出そうですが、海外に出て、仕事や学校などで使っているコンピュータが英語キーボードだと、キーの配置が微妙に違いますから、瞬時に切り替えて打つというのが難しいのです。自分のコンピュータを変えられても職場や学校のコンピュータは換えることができませんから、自分のコンピュータを英語キーボードのものにしておけば、どこでもスムーズにタイピングができます。

 現在の日本語 Windows は英語キーボードもフルにサポートしていますから、変換・無変換キーなどの割り振りを考えて設定しておけば、日本語を打つのにも何の不自由もありません。