出産・育児用品 ベビーザラス

海外便利帖 → 出産・育児用品 ベビーザラス

 我が家は働く妻が海外で長男を出産・育児をする、という状況に直面しました。海外と言ってもラッキーなのはアメリカ・ニューヨークですから、必要なものもインターネットで注文して手に入り、購入のためにわざわざ探し回ったりしなくても良いことです。それどころか、近くの商店街を探し回っても目的のものがないことが多いのに比べて、通販のサイトへ行けば簡単に見つかるし、値段もそんなに高いものではありませんから、この方がよほど楽です。

 ところが次男はなんとアフリカのセネガルでの出産となりました。こちらはニューヨークとはちょっと状況が違います。それでもやってみたら長男のお古や、現地にあるもので結構何とかなってしまいましたが…。


日本の出産・育児用品通販

ベビーザラス べびーざらす

ベビーザらスはここから

 日本にもベビーザラスのオンラインショップができました。アメリカのベビーザラスのサイトは当初アマゾンの中にありましたが、今はどうなったのか。日本のベビーザラスの通販サイトは、トイザラスの通販サイトの中の一角に設けられています。

 アメリカのベビーザラスとは商品構成がやはりちょっと違うようですが、品揃えはベビー用品、育児用品のオンラインショップとしては、やはり圧倒的でしょうか。オムツのような消耗品から、おもちゃ、マタニティーやベビー服も揃えられています。ギフトにも良いかも。

 でも意外と日本では一般的でなくても、海外で使われている用品にも便利なものがありますから、アメリカのベビーザラスものぞいて見られるとよいでしょう。確か商品にもよりますが、アメリカ以外にも送ってくれたと思います。一方日本のトイザラスは海外へは送ってくれないような気がします。


妊すぐ 赤すぐ

妊娠,出産,育児,赤すぐ,妊すぐ,赤すぐキッズ【リクルート】

  妊婦さん・ママ・ベビー・キッズ・ファミリーのオシャレなウェア&グッズが買える『妊すぐ』『赤すぐ』『赤すぐキッズ』の通販サイトです。『赤すぐネット』では、赤すぐ&妊すぐ掲載の大人気ブランドウェア&グッズや、プチバトー・オイリリー・パタシュー・SASSY・ベビーズオウンなど、他では手に入らない赤すぐオリジナルグッズもネットで購入できます。

マタニティウェア・グッズの通販なら - 妊すぐ【リクルート】


アメリカの育児用品通販

 筆者の最初の育児経験はニューヨークだったのですが、意外に近くに育児用品を扱っている店がありません。ベビー服やベビーカーならいくらでもあるのですが。特にうちは母乳で育てようと思ったので調べてみたのですが、アメリカでは母乳で育てるための道具がかなり揃っています。

アマゾンUS

 トイザラスのベビー版、アメリカのベビーザラスは Amazon.com と提携してネット上での商品販売を行っていましたが、アマゾンとけんかをして出て行ってしまいました。今では他のベビー洋品店がたくさん並んでいます。

 例えば Nursing Pillow は「Pillows & Stools」というコーナーにありますが、ここで売っているのはひざにおいて使うタイプのもので、下に紹介するお店のまきつけタイプとは違うものです。まきつけタイプは授乳の楽さを追及したもののようですが、こちらにあるのは子どもが授乳時以外にも休むのに使えることを想定しているようです。

 Breast Pump は「Breast Pumps」のコーナーにあります。これはモーターで母乳を搾って哺乳瓶に保管しておくもので、働き続けながら母乳を続けたいお母さんたちのためのものです。我が家が購入したものとはメーカーが違いますが、試していないのでどちらが良いかはわかりません。アメリカでは、お母さんたちが母乳を搾る時間や空間を確保することが雇用主に義務付けられているとか。凄いですねえ。

 我が家がここから買ったのは、ダイニングテーブルに取り付けることができる子供用の椅子です。これがあれば邪魔になる子供用の椅子を用意しなくても済みますし、どこか訪問するときにも、車に積んで持ち運べるサイズです。興味のある方はこちらをご覧ください


Self Expressions

http://www.seflexpressions.com

 ここからは Nursing Pillow というものを買いました。これはお母さんの腰の周りにつける厚いパッドのようなもので、その上に赤ちゃんを乗せて授乳することができます。赤ちゃんの位置が安定して非常に楽になりますし、手も自由になります。超お奨めです。これは日本でも使いたい物です。


Mother's Best

http://www.mothersbest.com/

 ここから購入したのは Breast Pumping Kit というものです。つまりは母乳を搾る機械です。手動式のものもありますが、モーターで動き、一度に両方のおっぱいから搾れるものを購入しました。しゃれたリュックにすべてが収まるようにできており、職場に復帰してからも持ち運んで休み時間などに搾ることができる、というものです。こういうものが揃っているのがさすがにアメリカですね。ただし120ボルト仕様なのでご注意。