海外赴任時の中古車査定・買取り

海外便利帖 → 海外赴任時の中古車売却

 海外に引っ越そうとする時に問題になるのが車をどうするかです。人に管理を任せる、という手もありますが、使わないのに税金がかかったり。いったん登録を打ち切ると手続きが面倒だったり。というわけで、中古車を処分・売却しまう人が多いようです。

 このページでは海外に長く滞在した場合に問題となる、自動車の処分や購入などについて紹介します。一番お勧めのサービスは、海外赴任者向の中古車買取サービスに力を入れているJCMです。


海外赴任者向け車の売却中古車の買取り(海外赴任者向けサービス)

株式会社JCM

海外赴任者向け車買い取りサービスはこちら

 海外に赴任することが決まって頭がいたいのが自家用車の売却処分です。残しておくべきか、売却すべきか、売却するにも時間が限られていてあまり手間がかけられない…という状況に直面する人が多いようです。

 そこでお勧めするのが、海外赴任社向けのサービスを実施している専門会社を利用することです。JCMという会社が、海外赴任者が多くいる企業と提携しており、個人の車の処分にも対応してくれます。外務省など海外赴任の機会がある政府関係者の利用も多いそうです。

 JCMでは単に車を査定したり、買い取るだけではなく、海外赴任者の便宜を図るための多くのサービスを実施しています。以下は直接JCMの方からいただいたサービス情報です。

安心の査定・引取

 ご赴任を控え引越準備等で慌ただしいお客様のために、全国どこでも(離島除く)、お客様のご都合に合わせて、ご希望の日時・場所まで無料で出張査定・買取します。
また、高価買取だけを強調し、すぐに引渡しを要求するような中古車買取店とは違い、早めに契約を済ませば、渡航ギリギリまで車を使うことが可能です。渡航日当日空港での引渡しなどにも対応できます。

安心のサポート

 海外赴任者の場合、限られた時間の中でマイカーを処分しなくてはならず、いざ売却となると必要な書類が取れないなど通常の売却とは違い、手続き的に困難なケースもあります。
(例)ご主人(車所有者)が出国済みで、印鑑証明が取れないケース等
そのようなケースでも豊富な経験と知識を持った専門のスタッフが売却の手続き、書類の相談など何でもご相談に乗ります。JCMではご赴任されるお客様一人一人の状況にあわせた的確なアドバイス・対応を心掛けています。

安心してご出発

 車輌、必要書類引渡し時に現金での決済も対応できますので安心して海外にご出発いただけます。また、確実な手続きで売却後の名義変更、自動車税など海外転出後のトラブルは全て防止します。

その他サービス

 車の買取成約でANAのマイルやJCBのポイント等がたまるJCMだけのサービスがあります。

 また、提携企業専用サービスとして、車に関する買取以外の処理(廃車・陸送・名義変更代行)などもご相談に乗ります。 提携についてはJCMまでお問合せ下さい。

JCMの中古車買い取りサービスはこちら


ガリバー

≫≫買取実績NO.1 ガリバー査定【無料】

 最近全国展開している中古車買取のガリバーです。全国に約500店舗ありますから、持ち込みも簡単。ネットで査定をしてから最寄のお店に持ち込むという仕組みのようです。

 廃車の取り扱いもしているようですから、査定結果が悪ければいっそのこと廃車という手もあるかも。もちろん廃車の場合は手数料を払わなくてはならないので、できれば中古車として査定してもらえる方が良いに決まっていますが。


赴任用の自動車の購入

 海外、特に途上国で使う車をあらかじめ日本で購入して持っていく、というケースがかなりあります。これは日本の中古車を持っていった方が、車の送料を含めても現地で購入するより易い場合があるからです。しかし、慣れない中古車屋で購入すると、輸出の手続きや港までの運送などを自分で手配しなくてはなりません。ここは専門業者から購入する方がはるかに簡単です。専門業者も実はかなり多いのですが、中には外国人相手にきわどい商売をしているところもあり、注意が必要です。日本人が多く利用しているところを選ぶのがやはりコツでしょうか。また国によっては車の個人持ち込みに多額の税をかけたり、制限を設けたりしているところも多くあります。こうした規制は国ごとによってまったく異なっていますので、ご注意ください。

山銀通商株式会社

http://www.yamagin.co.jp/

 ここは外務省職員などを特にターゲットにして車を売っている会社のようです。インターネットで車の写真を確認することができる他、海外へ送る手続き、運搬の手配などを代行してくれます。また現在持っている車の下取りもしてくれます。