海外向けクレジットカード・デビットカードの話

海外便利帖 → 海外向けクレジットカード・デビットカード

カードの種類

 金融機関が扱うカードには、口座を持てばとりあえずはついてくるATMカード、審査の必要なクレジット・カード、買い物にも使えるけどクレジット機能はないデビット・カード、そして借金する時に使うローン・カードなどがあります。この内ローン・カードはとりあえずは海外とは関係ない話しだと思いますので、他のカードの話を少し書いてみたいと思います。

銀聯カードのデビットカード

中国旅行時に安全便利な銀聯カードのデビットカードが出ました。銀聯カードのデビットカードの詳しい情報はこちらに掲載してあります。


ATM(CD)カード

 街角のATM(CD)でお金を下ろすことができるカードですが、日本で発行されているものでも海外で使用できるものが増えてきています。

シティバンクのATMカード

http://www.citibank.co.jp/

 シティバンクが「アメリカの銀行だなあ」と思う点の一つが、ATMカードです。どこの銀行でも口座を作れば一枚は貰える引き出し・預入れ用のカードですが、そのままで海外のATMでも使えるカードはシティバンクだけかと思います。他の銀行は数行がインターナショナル・カードというのを別に発行しています。このカードは海外でキャッシュが下ろせるので便利ですが、交換レートはドルのキャッシュを購入するのと同じで、1ドルにつき3円がよけいに取られます。ドル以外の通貨でおろすと、交換手数料が2重にかかる、という話もありますが確認していません。またATMの使用料はシティバンクの支店などならば無料ですが、それ以外だと1回に1ドル程度かかります。

新生銀行のATMカード

 新生銀行はこちら

 シティバンクだけかと思っていた海外ATMでの利用サービスを新生銀行が始めました。総合口座サービスの「PowerFlex」を利用すると、海外でのATMで、利用料無料で口座からの引き落としができるそうです。為替手数料はかかると思いますし、海外ではATMごとに料金がかかるので、それがどうなるかはちょっとわかりません。多分、新生銀行の側では料金がかからない、という意味かと。


三菱東京UFJインターナショナル・カード

http://www.bk.mufg.jp/

 海外に出かける人がよく使っているのが東京銀行であった当時以来の三菱東京UFJ銀行なのですが、ここもついにと言うか、やっとと言うか、海外で使えるカードを発行しました。ここのカードはシティバンクのカード同様、国内のキャッシュカードとしても使えるものですが、普段使っているカードがそのまま海外で使えるシティバンクとは違い、新たに手持ちのキャッシュカードと交換という形で、カードを発行してもらう必要があります。

 また、シティバンクのカードが海外のシティバンクの支店の多くでそのまま使えるのに対し、三菱東京UFJのカードはVISAとの提携であるため、三菱東京UFJの支店では使えず、VISAが運営するPLUSのマークがあるATMだけで利用できます。

 使用の手数料は、三菱東京UFJがとる分が一回の引出しごとに210円かかります。海外では一度の多額の引出しができませんから、率で考えるとかなり高いことになります。さらにATMによっては利用料がかかるところもあるそうです。また換算レートはVISAが設定するレート+3%で、外貨のキャッシュを購入するときほどの為替手数料がかかっています。

 カードの発行手数料は新規が1050円、一年ごとに更新手数料が525円かかります。また、届け出てある住所が日本国内かつ本邦居住者のみが対象のサービスとのことです。

 こうやってみて見ると、やはり長期滞在者が持っていくカードではないように思います。ATMの多い先進国やアジアの都市部へ行く短期の出張者が、ドルのキャッシュやT/Cの代わりに持っていく、という位置付けでしょうか。


郵貯セゾンVISAカード

http://www.saisoncard.co.jp/

 多くの方はクレジット・カードを既にお持ちだと思いますが、「年会費が高い」とか「貯金を直接引き出せない」とか「DEBITカードとして使えない」など、どうも一枚のカードだけでは使い勝手が悪いと思われている方も多いと思います。

 セゾンは昔から会費無料のクレジット・カードを発行していて有名なのですが、そこが郵貯と一体化したカードを出しています。言わばカードの引き落とし口座が郵便貯金の総合口座になったものですが、カードは郵便貯金のATMで直接使える郵貯カードと、クレジット・カードとが一枚で兼用になっています。これなら現金の引き落としも、クレジットでのお買い物も、一枚ですんでしまいます。郵貯のカードですから、日本国内のDEBITカードとしての機能ももちろんあります。

 ただこれだけだと、海外居住者のための情報でも何でもありませんが、この郵貯セゾンカードでVISAを選択すると、海外での郵貯の引出しや、DEBITカードのサービスが直接利用できるようになります。今までもシティバンクと提携した同様のカードはありましたが、海外専用で、しかもカード発行手数料がかかるものでした。このカードなら、利用時にかかる手数料は当然あると思いますが、カード発行手数料は無料です。

 ただし、注意書きを読むと、一部に利用できない国がある上、海外へ出るときに利用の上限額を申告する必要があり、海外長期滞在者向きではないようです。もっとも海外に長期滞在している方は郵便局へいけないのでこのカードの発行そのものが受けられませんが。それでも郵貯のカードを持っているなら、このカードにしておいて損はない気はします。セゾン・カード自体が年会費無料なのに使えばポイントが貯まって、航空会社のマイレージに移行できますから。


年会費無料のクレジットカード

独立のコーナーにしました。こちらを参照してください。


デビット・カード

 VISA、マスター、AMEX、などなどカードにはいろいろあります。これらはクレジットカードと日本では一くくりに言われていますが、実はVISAやマスターにはクレジットではないカードもあります。日本では一般的でないようですが、アメリカの銀行やオフショアの銀行などはこうしたクレジットカードではないカードを発行しています。

 たとえば、多くのオフショア銀行が発行しているのは VISA Gold Card です。そう、金ぴかのステータスシンボル?になるあれです。アメリカのチェース・マンハッタン銀行HSBC銀行ではATMカードとしてマスター・カードをくれます。ところがこれらのカードにはクレジット機能は一切ついていません。つまり「メンバーズ・ローン」とか「リボルビング(分割)払い」はありません。お金を「信用借りする」、それこそがまさに credit の機能、はないわけです。お金を貸すことを想定するがゆえに入会の審査が厳しくなるのでしょう。

 こうした「何もない」カードは結局のところ一回払いとお金の引出しのみに使われるわけで、デビット・カード、端的に言えば「引出しカード」と呼ばれています。自分の使い方を見てみると、クレジット・カードを分割払いやローン(つまりは借金)に使ったことは一度もありません。多くの方はそうなのではないでしょうか?ローンを提供するとなると、その審査や、貸し倒れのリスクなどを誰かが払わなくてはいけません。誰が?無論、そのサービスを使わない人も含めたクレジットカードの利用者です。

 筆者はVISAのクレジット・カードを持っていますが、ローンの他にもいろいろなサービスがついています。でもそのサービスをそれほど使うかというと…。どうもわかってきたのは、こうしたサービスはカード発行会社が付加的に付けているものであって、VISA本来の機能ではない、ということです。要は日本の消費者は、選択肢もなく、サービスをたくさん付けて料金を高く設定したものを選ばざるを得ないことになっているわけです。

 日本でも最近デビット・カードと呼ばれるカードが出回り、郵便局のカードなどもデビット・カードの加盟店であればお買い物にも使えるようになっています。これらは実態としては普通のATMカードに過ぎません。日本のデビット・カードでは、例えば「VISA」とか「MASTER」と看板の出ているお店では買い物はできませんが、海外で発行されているVISAやMASTER名のデビット・カードであれば、こうしたお店でも買い物ができます。

 また最近は日本の多くの銀行もインターナショナル・カードというものを出して、海外のATMでも引き出しができるサービスを提供しています。多くの場合は別料金が必要ですが、シティバンクのみ、標準でATMカードにこの機能がついてきています。海外のデビット・カードの多くは当初からこうした機能が組み込まれており、提携しているATM(カードの裏や表のマークでわかる)であれば、世界中どこでも引き出しが可能です。ただし、これらはVISAやMASTERのマークのあるお店での買い物に使うことはできません。現在のところ世界中でお買い物にも使えるVISAやMASTERのデビット・カードを日本で発行している金融機関はないようです。


日本と海外のデビット・カードの比較

日本のカード 海外のカード
発行主体 各銀行・郵便局 各金融機関がVISA、Masterや他の専門会社と提携
ATM 日本国内の指定されたATMのみで使用可能(ただしシティバンクのカードは例外) VISA、マスターやCirrus、STAR、Maestro、NYCE などのマークのあるATMで世界中で使用可能。
買い物での利用 日本国内のデビット・カード加盟店のみで可能 VISAやMASTERのデビット・カードであれば、クレジット・カードの代わりに使用が可能。ただし、支払いは一回払いのみで、即座に口座から引き落としとなる。

海外で発行されたカードを日本のATMで使う

 海外で発行されるクレジット・カードやデビット・カードの説明書きを読むと、例えば「VISAのマークのあるATMならどこでも下ろすことができます」と書いてあります。ところが、日本のATMの機械と海外の機械とでは仕様が異なっており、日本のカードの磁気テープの部分の幅は海外のものの約半分ほどしかありません。実際に試した方の話によると、日本の銀行系のATMでは、海外で発行されたカードは使用できないようです。

 上の写真をご覧下さい。一番左が海外で発行されたVISAのデビットカード、真ん中が海外で発行されたマスターのデビットカード、そして一番右が日本の普通のクレジットカードです。磁気テープ部分の幅が、特に左側の部分は相当違うことがわかります。このせいで、対応していないATMだとたとえVISAと書かれていても認識されないらしいそうです。

 海外で発行されたカードが使えるのは信販系のATMなどだそうですが、最近では郵便局のATMがこれに対応してきており、注意深く見ると英語で「利用可能」という表示が出ていたりします。近くの銀行のATMでだめな場合は郵便局をお試しください。