デジカメ写真・オリジナルアルバム

海外便利帖 → デジカメ写真

 デジタルカメラ(デジカメ)で写真を撮っている方も多いと思います。この写真の良いところは、インターネットを通してすぐに送れる点ですが、これをプリントアウトして届けたい時もあります。筆者の場合だと、海外で生まれた子どもの写真を日本にいるジジババに送る、というようなケースですね。あとは冠婚葬祭にまつわる写真を送るとか。そのようなサービスを紹介します。

 日本のサービスはどうやら日本国内にしか送れず、しかも料金は割高のようです。アメリカのサービスは他のどの国へもどの国からでも使えますから、他の国に住んでいる方にはこちらの方が便利でしょう。アメリカのサービスはこちらに紹介してあります

 海外にも送付してもらえる日本のサービスを調べています。見つかり次第掲載します。


デジカメ写真のオンラインプリント フジカラーデジカメプリントをオンライン注文。
1枚13円〜。ソフト不要でオンライン注文、ご自宅のポストに届きます。
らくらくコンビニ後払い!いつでもキャンペーン実施中!

 インターネット上からフジカラーのデジカメプリント・サービスが利用できます。

 専用ソフトは不要で、デジカメからコンピュータに写真を取り込み、インターネットに接続して送信するだけ。値段はLサイズで13円、ハガキサイズで25円とリーゾナブルです。送料は基本料金が180円です。

 フジカラーの純正仕上げですから、注文した時に色合いが違っていたりしたら、納得がいくまで再注文することができます。


My Book

 マイブックはホームページから専用のソフトをダウンロードして、自分のコンピュータに入っているJPG画像ファイルを組み合わせて写真集を作ることができるサービスです。印刷された用紙すべてに オーバーコーティングを行い、 糸綴じの上、製本を行うそうですから、単にDPE店のおまけにくれる写真を差し込むだけのアルバムではなく、かなりきちんとしたものです。

 以前は本のサイズやページ数が1種類しかなかったのですが、最近チェックしたら945円から19425円までの値段の幅で、いろいろな種類のアルバム・写真集が作れるサービスに進化していました。一番安いMybook MINIは945円で12ページ。大きなものだと80ページまで作れますから、これはもうきちんとした写真集です。

 各ページには背景を指定したり、キャプションを入れたりもできるようです。そして「これで良し」と思ったら、ダウンロードした専用ソフトを使って My Book のサーバーに接続してデータを送ります。つまりデータの加工は自分のコンピュータでやっておいて、一気に送ってしまうパターンです。

 また現在ではAdobe Photoshop 用のプラグインも用意されていて、これを使うと、Photoshop上で編集から注文まで一気に進んでしまうことができるそうです。

 支払いはクレジットカードでOKですが、写真集の送り先は今のところ日本国内だけのようです。送料は1オーダーで全国420円均一。代金引換も指定できますが、手数料がかかります。送付できるのは残念ながら注文主の住所だけです。注文者と受取人を別に指定することはできません。

 このサービスは面白いです。筆者も親ばかぶりを発揮して、日本に住むジジババのために、子どもの写真集を注文しました。専用のソフトをダウンロードして、手持ちのデジタル写真(普通の写真をスキャナーで読み込んだものでもOKです)を20枚指定していきます。

 筆者が試した時には途中でセーブ、ということができないので、あらかじめ20枚を用意しておかなくてはいけませんでしたが、編集ソフトが更新されているので改善されているかもしれません。

 写真のトリミングや回転は専用ソフトの中でできますし、写真の解像度も自動的に最適なものに変換され、最終的なデータは3メガくらいになります。使い勝手はまあ悪くはありません。一旦20枚の登録が終了したら、それはデータとしてセーブしておくことができます。次回に、写真を入れ替えたりして、このデータに変更を加えることも可能です。

 注文はデータを送信するところから始まります。送信が終了してから注文画面になるのですが、自分を宛名にしてしか送れません。複数注文しても別々の住所に送る、ということはもちろんできないわけです。また再度注文しようとすると、先方のサーバーにはデータが残されていなくてデータの送信から改めてやり直さなければなりません。まあブロードバンドが発達した現在ならさほど苦にならないかもしれませんが。

 でき具合を見てみましたが、版型は小さいものの、ちゃんとした写真集で表紙や背表紙もしっかりしたものです。画質も本格的なプロの写真集とは比較できませんでしたが、子ども向けの写真絵本程度のクオリティーはあり、個人で楽しむためには十分です。子どもの写真集を贈ったジジババたちは、みな喜んでいました。