在外選挙

トップ → 在外選挙

対象となる選挙と選挙区

 衆議院比例代表区と参議院比例代表区です。選挙区は日本に住んでいたときに転出届を出した市区町村です。海外で生まれて日本で住民登録をしたことがない人は、本籍地になります。

在外選挙の資格取得

 在外選挙は誰もがすぐにできるものではなく、登録手続きを行って資格を取る必要があります。

 まず資格としては、管轄の在外公館(領事館・大使館など)に三ヶ月以上住所を有することが必要になります。この場合、日本の住民票は抜いていなくてはなりません。住民票を残したままでは在外投票はできません。

 登録手続きは管轄の在外公館に本人が出頭して行います。その時に在留届が出してない人は、在留届をあわせて出す必要があります。在留届を出してから3ヶ月以上が経過している人は、パスポートを、3ヶ月未満の人は、パスポートに加えてその地に3ヶ月以上暮らしていることを証明できるもの(住宅の契約書・住民登録証・電気などの領収書など)を提示する必要があります。

 在外公館は日本国内の各選挙区の選挙管理委員会と連絡を取り、在外選挙人証が登録住所に送られます。これはどうやら該当する選挙のたびに送られるもののようです。

投票

 投票は在外公館によっては実施していないところもあるので注意が必要です。

 管轄の在外公館が選挙を実施している場合は、指定された日時に在外公館に在外選挙人証とパスポートなどを持って出かけ、投票します。

 在外公館が遠隔地にあったり、最寄の在外公館が投票を実施していない場合には、送られてきた在外選挙人証を、登録されている日本の選挙管理委員会に送付すると、折り返し投票用紙が送られてくるので、これを使って郵送で投票します。

 一時帰国の場合や、帰国直後でまだ選挙人名簿の登録が終わっていない場合などは、在外選挙人証を提示することによって、不在者投票のような形で投票することができます。