英語版 Windows XP で日本語を使う

TOP → 英語キーボードの勧め → 英語版Windows XP で日本語を使う


英語版Windowsの設定

 Windows XP の英語版は簡単に日本語を使うことができます。筆者は東芝のマシンでこれを行いました。やり方は以下です。

1.コントロールパネル内の「Regional and Language Options」の Language のタブで、「Text Services and Input Language」 で Japanese を指定。East Asia の言語をインストールするか、という表示が出るのでOKすると、日本語変換システムがインストールされます。これだけでとりあえず日本語は使えます。
2.同じ「Regional and Language Options」の Regional Options タブを「Japanese」に変更。これをしないと、日本語のソフトの中には少数ですが、メニューやツールバーの部分の文字が化けるケースがありました。その下の Location の設定は、言語には関係がないようです。
3.おしまい。

 そう、たったのこれだけで、英語版 Windows XP で日本語が使えるようになります。そして、ほとんどの英語版ソフト上でも日本語が使用できます。快適快適。もちろん英語など、他の西ヨーロッパの言語もまるで問題なし。


「半角/全角の切り替え」はどうする?

 皆さんの中には「英語キーボードには半角/全角の切り替えがないし、無変換キーも、カタカナひらながキーもないぞ」と思われる方がおいでになるかもしれません。

 まず「カタカナひらがなキー」は文字通りカタカナとひらがなを切り替えたり、ローマ字入力とひらがな入力を切り替えたりするキーですが、忘れましょう。ひらがな入力なんて最初からするつもりがない、というのが英語キーボードを選ぶ条件ですから。

 次に「半角/全角切り替えキー」つまり日本語入力システムをオンにしたりオフにして、キーボードから英字を直接入力するモードにするキーですが、一番の手は、ソフトを導入して、右ALTキーを変換キーにしてしまうことです。以下にいくつか無料で使えるソフトがありますが、秀 Caps for Windows かALT IME のどちらかを使えばよいと思います。

http://www.vector.co.jp/vpack/pickup/win/util/operate/index.html

 さてトリッキーなのが無変換キー。日本語キーボードではスペースキーの左側にありますが、英語だとここは「〜」などを表示するキーが入っています。もちろんこのままでは無変換キーはありませんから、ちょっと不便です。そんなときにはキーの設定を使います。

 IMEバー(日本語変換システムのバーです)の中にあるツールメニューを選びます。そこに「プロパティ」というのがあり、さらに「全般」を選びます。一番上に出ているのが「キー設定」ですから、ここを選択して右側の設定ボタンを押します。その中で各キーの機能を設定できます。

 筆者がいじったのは「INS」キーです。このキーを頻繁に使う方はほとんどいないのではないでしょうか。ここの「入力/変換済み文字なし」のところを「再変換」として、他を「かな変換」にしてあります。これで、確定してしまった文字列を選択して「INS」で再変換となり、変換中はひらがなに戻してくれる設定となります。

 実はここでIMEのオンオフもキーに割り当てられるのですが、右ALTが指定できないこと、「変換を確定してオフ」という技ができないことなどから、ALT IME などのユーティリティを使う方が便利かと思います。