生命保険

海外便利帖 → 生命保険

海外旅行保険・海外駐在員保険・海外留学生保険はこちら

 日本の生命保険会社にも、純粋な保険から、貯蓄タイプ、年金タイプ、などなどいろいろな商品があります。海外やオフショアの保険会社も同様ですが、さらに幅が広く、中には元金保障なしの投資に、生命保険がおまけについている、といったものもあります。「ファンド運用会社とどう違うの?」という感じなんですが、とりあえず生命保険がついているんだから保険なんでしょう。それ以外に保険会社の商品である必然性は見当たりません。

 また海外の生命保険ですが、日本と同様に保険としての機能が高いものと、逆に金融商品としての機能が高いものとがあります。金融商品としての保険、と言うのは、国によってわずかでも保険の機能がついていると、税制上保険扱いとなって有利になることがあるために、「申し訳程度に」保険機能がついているもので、その実態は投資信託である場合がほとんどのようです。


日本の生命保険

 海外に長期間出られる方は、それなりの保険に入られることと思いますが、自分でも保険について考えておきたいもの。ただ保険会社も差別化が次第に進んでおり、一人の外交員さんとだけ話していたのでは埒があきません。自分で調べて比較しないと。幸い現在はホームページからの申し込みで、複数の保険会社の資料請求をすることができます。

日本から海外の保険に入れるか

 確かに海外には日本の商品よりも有利な生命保険がありますし、しかし残念ながらそうしたものを日本で販売したり、加入したりするのは違法になります。しかし海外には日本人向けに日本語で生命保険を売っている業者もあります。この場合は日本の国内法には引っかかりませんから、売ること自体は合法です。しかし海外で加入して帰って来たら?この場合は「違法状態」になって「できるだけ早く解消すべき」なのだそうです。さらに厳密に言うならば、確か大蔵大臣の許可を得ずに海外の生命保険に加入を行うのが違法であって、許可さえ得れば合法的に海外の保険に加入することが可能です。ではどうやって許可を得るか?うーん、多分前例は一つもないでしょうね。なお違法に加入すると罰則もあるのですが、その適用例もどうやら前例は無いようです。

 また海外の生命保険、と言っても、例えばイギリス在住者はイギリス周辺のオフショアの商品には加入できない、という制限も存在します。自国の在住者には販売できないというものも多いですし、オフショアに対して厳しい国、典型的なものがアメリカですが、そうしたところではやはり海外と言えども商品の選択には制限があります。こうした金融商品は、生命保険に限らず、一つ一つ調べてみないと、実際に加入できるかどうかはわかりません。


日本の生命保険に関する相談

 海外にいて日本の生命保険をどうしたらよいか、という相談が時々あります。筆者も専門的な相談や、個別の状況に応じた相談には乗れませんので、機会があれば専門の機関に相談されることをお勧めします。


(財)生命保険文化センター

tel: 03-5510-3350


(社)生命保険協会保険相談所

tel: 03-3286-2648