日本の免許証

海外便利帖 → 日本の免許証

このページでは海外に長く滞在した場合に問題となる、日本の免許証に関する情報を掲載します。

日本の免許証が切れてしまったら?

免許の更新ですが、当然のことながら「いつ更新するか」が一番のポイントのようです。実を言うと筆者はできる限り「期限前更新」をすることを心がけていますが、仕事の都合でニ度「期限切れ」をやらかしたことがあります。一度は元の番号での発行でしたが、もう一度は新たな発行となってしまいました。その時に「あなたは自動二輪があるから原付はいらないでしょう」と、原付の免許は抹消になってしまいました。関係ない話ですが。筆者の一押しは期限前更新なのですが、海外在住者に常にそれができるわけでもありません。

ただし、情報を総合しますと「都道府県によって対応が違う」ということもありうるようですので、免許証の更新を予定している都道府県の公安委員会に一度問い合わせて確認するのがよいでしょう。

免許証の更新手順

1.更新時期以前に帰国の予定がある場合
 期限前更新が可能です。免許を取得した市町村の警察署や試験場などで更新手続きが取れます。ただし誕生日1回分有効期間が短くなります。必要なものは通常の更新時と同じく、写真と古い免許証です。

2.免許証失効後6ヶ月以内
試験場でそのまま更新できます。失効した免許証と住民票(本籍の記載のあるもの)、写真などが必要です。以前は、6ヶ月以内に手続きをしても新規免許扱い、つまりは優良運転者の5年の免許証を持っていても3年の免許証しか発給してもらえませんでした。ところが、2002年の道路交通法改正以降、正当な理由があって期限までに更新できなかった場合には、それを証明する書類があれば、優良運転者用の免許証、つまりは有効期限が5年のものを継続して発行してもらえることになりました。海外に出ていて期限が切れてしまった場合、一番手っ取り早いのはパスポートを持参して、免許証更新の期間に日本にいなかったことを証明すればOKです。パスポートを提示しないと、3年間の免許になってしまいます。

3.免許証失効後6ヶ月以上3年以内
 帰国してから、1ヶ月以内の申請を条件として、適性試験のみで新たな免許証を取得することになります。失効した免許証と住民票(本籍の記載のあるもの)、写真などに加え、海外にいたことを証明するためにパスポートが必要です。

4.免許証失効後3年以上
 帰国してから、1ヶ月以内の申請を条件として、実地試験だけが免除になり、新たな免許証を取得することになります。失効した免許証と住民票(本籍の記載のあるもの)、写真などに加え、海外にいたことを証明するためにパスポートが必要です。

また、一時帰国で免許証を更新する場合、そして住民登録が日本から抜いてある場合にどうするか(住民票が取得できない)、ですが、事前更新の場合であれば、免許証を発行している都道府県でそのまま更新が可能です。期限切れで住民票の提出が必要な場合は、一時的に住民登録を行うか、さもなければ一時滞在先を証明する文章(例えばホテルで一筆書いてもらう・実家なら民生委員に一筆書いてもらうなど)を住民票の代わりに提出すれば、一時滞在している都道府県での更新が可能なようです。

海外の公館で日本の免許証が更新できるか、ですが、これはできません。また代理人を使っての更新もできないようですが、海外で免許証を紛失した場合には、代理人の申請により再発行ができるようです。


海外の免許証の日本の免許証への切り替え

まず免許証の国籍ですが、ジュネーブ条約未加盟国であってもかまいません。つまり国籍を問わず、その国の免許を所持し、3ヶ月以上滞在していたことが証明できれば切り替えの対象になります。

切り替えの手続きですが、学科と実技の試験があります。ただこの試験は、通常の免許取得試験とは異なり、別に行われるものです。学科試験は英語,中国語,韓国語,スペイン語,ポルトガル語,ペルシャ語の6か国語で受けられます。

だし、以下の国の免許証に関しては、協定があり、学科及び実技の試験が免除されます。(2000年8月現在)

オーストラリア,ベルギー,デンマーク,フィンランド,フランス,ドイツ,イギリス,ギリシャ,イタリア,アイスランド,アイルランド,ルクセンブルグ,オランダ,ニュージーランド,ノルウェー,ポルトガル,スペイン,スウェーデン,スイス,オーストリア

免許証切り替えに必要なものは以下です。

1. 海外の有効な免許証
2. この免許証の裏表コピー1部
3. 免許証の翻訳(外国行政庁・各国領事館・日本自動車連盟(JAF)が作成したものに限る)
4. パスポート(海外滞在中に更新していたら古いものも)
5. パスポートの写真があるページのコピー(古いパスポートも)
6. 本籍地が入った住民票の写し1部(あるいは外国人登録証)
7. 6ヶ月以内に撮影した顔写真1枚(3X2.4cm)
8. 筆記用具
9. 無効になった日本の免許証がある場合はこれも持参

 なお切り替えの審査手続きには、事前に予約が必要な都道府県もあるようです。いずれにしろ、都道府県によって多少の違いがあるようなので、免許証を切り替えようとする場所の試験場に事前に問い合せて確認した方が良いでしょう。