イモトのWifi 海外モバイルデータ通信

海外便利帖 → イモトのWifi 海外モバイルデータ通信

このコーナーでは海外モバイルデータ通信サービスを紹介しています。

イモトのWifi グローバルデータ海外用モバイルデータ通信レンタルサービス

海外へ出張などで出かける時に日本で使用しているモバイルデータ通信の契約を使い、海外ローミングで対応しよう、ということも多いかと思います。簡単なメールのやり取り程度であれば、それでも問題ないかもしれませんが、ファイルのやり取りなどを伴うある程度以上の通信を行おうとすると、ローミングの料金の高さに驚くことになると思います。下手をすると、データ通信にかかる費用は青天井になっていますから。

そこでお勧めするのが、グローバルデータが提供する、海外用のモバイルデータ通信機器のレンタルサービスです。イモトのWifiのブランド名で知名度が上がってきています。

通信の世界は、怪しげな業者があったりしますが、グローバルデータは日本の商社や大手電機メーカーも利用している、ちゃんとした企業が提供するサービスです。グローバルデータのホームページグローバルデータのホームページを調べてみましたが、Googleの評価によるページランクが4あります。この数字は、昨日今日立ち上げたいい加減なサイトでは取れない数値です。

カントリーパックは39カ国・地域で使えて定額制

グローバルデータのカントリーパックにはノートパソコンに直接指して使うUSBタイプのものと、iPad などと組み合わせて使うのに向いたWiFiタイプのものとがあります。レンタル料金に若干の違いがあります。

カントリータイプは、レンタル料さえ支払えば通信料は無料なので、接続時間や通信量、つまりローミングの料金を気にする必要はありません。海外のホテルなどの提供するサービスを利用すると、料金が結構高い場合がありますから、通信量が多い人は定額制のカントリーパックがお勧めです。

詳しくはグローバルデータのホームページをご覧ください。

ワールドパックは134カ国で使えて国内携帯各社のローミングより低料金

グローバルデータのホームページをご覧になると料金表が載っていますが、国内携帯大手のD社やS社のローミングサービスと比べると、基本的に従量制のワールドタイプのメガパックを選択した場合最大90%も料金が安くなっています。

ワールドパックの対象国は、アイスランド、アイルランド、アゼルバイジャン、アフガニスタン、アメリカ、アラブ首長国連邦、アルジェリア、アルゼンチン、アルバニア、アルメニア、アンギラ、アンティグア、アンドラ、イギリス、イギリス領ヴァージン諸島、イギリス領ガーンジー島、イギリス領ケイマン諸島、イギリス領ジャージー島、イギリス領マン島、イスラエル、イタリア、インド、インドネシア、ウガンダ、ウクライナ、ウズベキスタン、ウルグアイ、エクアドル、エジプト、エストニア、エルサルバドル、オーストラリア、オーストリア、オマーン、オランダ、ガーナ、カザフスタン、カタール、カナダ、ガボン、韓国、カンボジア、キプロス、ギリシャ、グアテマラ、グアドループ、クウェート、グルジア、グレナダ、クロアチア、ケニア、コロンビア、コンゴ民主共和国、サウジアラビア、ジブラルタル、ジャマイカ、シンガポール、スイス、スウェーデン、スペイン、スリランカ、スロバキア共和国、スロベニア、セーシェル、セネガル、セルビアモンテネグロ、セントキッツ&ネイビス、セントビンセント、セントルシア、タークス&カイコス諸島、タイ、台湾、タジキスタン、タンザニア、中国、チェコ共和国、チュニジア、チリ、デンマーク、ドイツ、ドミニカ、トリニダードトバゴ、トルコ、ナイジェリア、日本、ニュージーランド、ノルウェー、バーレーン、パキスタン、パナマ、バハマ、バミューダ、バルバドス、ハワイ、ハンガリー、バングラデシュ、フィジー、フィリピン、フィンランド、プエルトリコ、ブラジル、フランス、フランス領ギアナ、ブルガリア、ベトナム、ペルー、ベルギー、ポーランド、ボスニアヘルツェゴビナ、ポルトガル、香港、マカオ、マケドニア、マルタ、マレーシア、南アフリカ共和国、メキシコ、モーリシャス、モザンビーク、モナコ、モルディブ、モルドバ、モロッコ、モンセラット、モンテネグロ、ヨルダン、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルーマニア、ルクセンブルグ、レバノン、ロシアです。