Paypal

トップ → 送金 → Paypal

Paypal へはこちらから

 eBay での支払いに使ってみましたが、いやあ Paypal は便利ですねえ。

I accept payment through PayPal!, the #1 online payment service!

 現在日本のとの提携が進められているようです。将来イーバンクから Paypal への送金が可能になるかもしれませんね。口座維持料もないですし、今のうちにイーバンクに口座を開いておくのも手かも。動きがあったらこのコーナーにも掲載しますが、タイムラグが出ますので、現状は左のリンクからイーバンクへ飛んでご確認ください。イーバンクの情報はこちらにも少しまとめておきました。

 さて「手数料の安い送金方法はないか?」用途と対象国が限られてはいますが、Paypal というサービスが使えそうです。条件の合う人には非常に便利だと思いますが、利用上注意する点もあり、また今のところ対象国以外からは使い勝手が悪いのでご注意ください。

 またもし既にご利用されている方おがおいででしたら、ぜひ感想をお寄せください。

 さてではこの会社、何をしているか?日本でも最近インターネット銀行の開店が相次ぎ、中にはオークションサイトなどの支払いを行える仕組みを供えているところもありますが、Paypal にもそのような使い方があり、アメリカの有名なオークションサイトである e-bay や Yahoo Auction では決済方法としてこのサービスを使っている人を多く見かけます。つまり Paypal に作る自分の口座から支払いを行ったり、支払いを受けたりすることができるわけです。(それどころか e-bay は Paypal を買収してしまいました。)

 まあインターネット上のあちこちのサイトでの買い物に使う、というのは他のインターネット銀行と変わらないわけですが、Paypal の面白いところは、メールアドレスを持っている人あてなら誰にでも送金できる、というところです。

 これはどういうことかと言うと、Paypal に口座を持っている人が、家族に送金しようとしたとします。この人は Paypal のサイト上から、お金を送る人の情報や金額を指示します。Paypal はお金を受け取る人に対してメールを送り、受け取った人がメールの中の情報をもとに Paypal のサイトにログインして手続きを行うと、自分の Paypal アカウントに入金したり、あるいは自分の銀行口座に送金してもらったり、また小切手を受け取ったりできます。ただし後ほど書きますが、Paypal から直接入金できる銀行は特定の国に限られますのでご注意。また小切手を送ってもらえる国の範囲についてはヘルプを見ても記載がありませんでしたので確認が必要です。郵送されるそうですから、多分「参加可能」となっているどこの国でも大丈夫だとは思うのですが。ただしUSドルの小切手を受け取って、それを何とかできる人に限られるでしょうけど。

 さてでは日本からアメリカに送金したい、としましょう。日本にいる人がPaypal に口座を開設したとします。では Paypal の口座へは日本からどのように送金するか?これはクレジットカードで可能です。米国外のユーザーはクレジットカードの番号を登録する必要があるのですが、Paypal の口座から送金する指示を出すと、口座に入っているお金が不足する場合には、自動的にクレジットカードから支払われます。この支払いはいわゆる「カードローン」ではなく、通常のお買い物として扱われ、利子などを支払う必要はありません。ただし、日本のクレジットカードからの支払いを受ける側になる場合、口座を premier か business というものにグレードアップしておかないと、クレジットカードからの送金が受けられません。この場合は、受ける側が数%の手数料を払うことになります。

 またアメリカの銀行に口座がある人は、その口座を登録することによって、Paypal を経由して直接銀行口座から電信扱いで送金することができます。どうしてこのようなことができるのかはちょっと不思議ですが、アメリカにはそういうシステムがある、ということでしょうか。

 そしてすごいことに、これらのサービスは一部の手数料を除いてすべて無料、ということです。Paypal は口座の中に残っているお金の利子を収入としているそうで、送金などの手数料は個人ユーザーの場合にはかかりません。ただし、これとは別に大口の送金を行う企業用の口座があり、こちらはサービスが充実している(自分のサイトに Paypal を決済方法としたショップが持てる、デビット・カードが発行してもらえる(ただしアメリカ在住者のみ))代わりに手数料がかかります。

 またUSドルのほか、カナダドル、ユーロ、英ポンド、円で金額を指定して支払いを行うことができますし、ユーロとポンドはこれらの通貨建ての口座を Paypal 身持つこともできます。

 日本の銀行口座を登録すると、手数料500円で Paypal 口座からの引き出しができます。つまりアメリカの口座を持ち、日本の口座を持てば、500円で送金ができる、というわけです。最低送金額は1000円です。

 ここまで書くといいことづくめのようですが、注意点もいくつかあります。

 まずこのサービス、一種のインターネット・バンキングのようなものですが、この会社自体は銀行ではなく、銀行の営業許可もありません。、したがって倒産などの場合にも口座に入っているお金は一応保険がかかっていますが、銀行預金のようには保証されませんので、その点をまずご了承ください。

 インターネット上のお買い物サイトで Paypal からの支払いを選択したとします。日本から利用している人の場合、その代金は Paypal を経由してクレジットカードから支払うことになりますが、この場合、法的にはクレジットカードは Paypal に対して使用したことになり、お買い物をした店との契約にはなりません。つまりお店との間にトラブルが発生した場合には、Paypal は責任を負ってくれませんし、多分お買い物保険つきのカードの場合も、お店で直接カードを使用したことにはならないので、物品への保険が適用にならないのでは、と思います。お店にクレジット情報が知られない分、代償もあるわけです。なお日本在住者が口座を持つためにはクレジットカードの登録と確認が必要です。

 Paypal の自分の口座に送金を受けた場合にどうやってお金を引き出すか?という点にも問題があります。銀行ではない Paypal にはATMの機能などはありません。アメリカ国内に銀行口座を持っている方はそこへの引き出しを指示できます。また他の数カ国の銀行にも引き出し指示を出せますので、アメリカやこれらの国に口座のある人たちは問題ありません。また条件を満たす人にはATMカードも発行されますが、残念ながら日本は含まれていません。つまりアメリカやその他一部の国への送金には便利でも、その逆は困難、ということです。

 さらに Paypal に口座を持てる人の居住国が限られています。以下を参照してください。* 印が付いている国では、その国の銀行にある自分の口座に Paypal の口座からお金を移すことができます。ただしお金のやり取りは常にドルベースですのでご注意。日本の銀行口座への送金手数料は500円です。送金最低額は1000円です。

Argentina Australia* Austria Belgium Brazil Canada* China Costa Rica Denmark Dominican Republic Finland France* Germany* Greece Hong Kong Iceland India Ireland Israel Italy Jamaica Japan* Luxembourg Mexico Netherlands* New Zealand* Norway Portugal Singapore South Africa South Korea Spain Sweden Switzerland United Kingdom*