海外居住者のための便利帖

安全情報

トップ → 安全情報

 21世紀になったというのに、世界は相変わらずテロや戦争が続いており、決して安全な場所ではありません。安全情報を収集するサイトを紹介します。


外務省海外安全ホームページ

http://www.mofa.go.jp/pubanzen

 3週間ぶりくらいのメールになります。我が家もここのところトラブル続きで参っているのですが、世界では皆さんご存知のようにもっと参ることが進行しております。筆者の友人の一人も国際機関に所属してイラクで勤務していましたが、今どうしているのか。

 今回の情報は、皆さんすでにご存知かとは思いますが、今まで一度も取り上げたことがありませんでしたので掲載しておきます。

 日本の外務省は海外安全情報というものを出しており、その情報をホームページで広報しています。「渡航自粛」など、外務省が考える危険度レベルも付けられて、国別の情報を見ることができます。

 無論これは外務省が考える「勧告」であって、強制力はありませんが。

 この安全情報、有名な裏話に「外交上の配慮」がなされている、というものがあります。例えば9・11直後をはじめ、アメリカ本土でテロに対する警戒レベルが、アメリカ政府発表でかなり高くなった時期が幾度もあるにもかかわらず、アメリカに対する危険度は上がりませんでした。今も格段の注意は書かれていません。

 それ以外の国に関しては、おおむね「そんなものかなあ」というレベルが設定されているのではないかと思います。ただ、ほとんどの途上国は、外務省の危険度ランクにかかわらず平時であっても「自己責任」を問われる世界ですが。

 そのほか外務省の関連窓口は以下です。

外務省領事移住部邦人特別対策室(テロ等に関する問い合わせ)

+81-3-3580-3311 内線 3100

外務省海外安全相談センター(国別安全情報)

+81-3-3580-3311 内線 2902