一時利用・短期利用プロバイダー

トップ → 一時利用・短期利用プロバイダー

 一時帰国など短期間だけ使うプロバイダーは、無料のものか、あるいは接続料金が安価なものを選ぶのがやはり鉄則でしょう。こちらで紹介している を使っている人なら、一時帰国中も電話料金だけで接続できますから、これもお勧めです。


ODN

 日本テレコムのプロバイダーODNは最低1ヶ月間の使用が必要ですが、10時間とか20時間までの定額制(超えた分は従量制)で電話料金まで含み、かつ全国一律のアクセスポイントが使えるサービスがお勧めです。ODNの場合、すべてネット上から申し込みが可能(ただし資料の受け取り先の日本の住所が必要)で、ODNの解約はサービスセンターに電話をして「いついつ解約をお願いします」と伝えるだけでOKです。

 短期滞在者なら無料のプロバイダーを使う、という手もありますが、専用ソフトが必要だったり、結構使いにくい面があります。ODNなら自分の使用状況に応じて選べ、しかも通信料込みですから、どこで電話回線に接続してもその電話に料金がかかるわけではなく、ODNの契約者にかかりますから、いそうろうでも気兼ねなく電話を借りることもできます。ただし公衆電話からの接続はできません。

 ODNではADSLプランなどのブロードバンド接続ももちろん提供していますが、短期滞在者が利用することはあまりないと思いますので、それは上記リンクの先でお調べください。

  ODNと同じようなサービス内容でやはり電話会社系のDIONとの比較になりますが、両方を使ってみたところ、ダイアルアップではODNの方が接続状況がはるかに良好でした。筆者の場合、日本に1、2ヶ月滞在してまた別の国へ、というケースも多いので、電話料金込みの定額制、かつ1ヶ月たったら解約可能で解約の手続きは電話でOKというのは、こまめに加入・解約を繰り返して使うサービスとしては最高です。