海外送金

海外便利帖 → 海外送金

日本の銀行から海外の銀行へ国際送金する機会は多いと思います(まあその逆もあるわけですが)。普通に日本の銀行から海外へ送金すると、手数料が4500円!そして受け取り先の銀行でも10ドルとかとられてしまい、特に小額の送金をする時などは、手数料のしめる割合が非常に高くなってしまいます。このコーナーはなんとか安く済ませる方法はないものか、ということを主な話題に取り上げます。

最近海外為替取引FXの案内や広告をよく目にしますが、これはあくまで為替を使って利益を上げることを目指すものであって、海外送金や有利な外貨交換のための仕組みではありません。裏技を使えばFX口座経由で外貨交換や送金は可能な場合もありますが、かなり手間がかかりますので、お勧めしておりません。

なお以前このページで紹介していましたJTBインターナショナルマネートランスファー(MoneyT)はサービスが終了になりました。


定期的な送金ならVISAデビットカードやインターナショナルキャッシュカード

留学中の子どもに定期的に送金する、というような場合、必ずしも滞在国で銀行口座を開いて毎度毎度送金する必要はありません。現在では複数の銀行が国際的に使えるキャッシュカードを発行しており、海外の主要なATMで現金を引き出すことが可能です。

たとえば新生銀行の総合口座、パワーフレックス口座の場合、「インターナショナル キャッシュサービス」というものが発行手数料無料のキャッシュカードに付帯しています。パワーフレックス口座の普通要金に入金されているお金は、海外のATMで現金で出せますから、留学される子どもさん名義の口座を開設しておけば、日本のこの口座に入金するだけで、現地では現金を引き出すことができます。引き出せる上限は銀行口座内の残高だけですから、クレジットカードと違い、借金になるようなことはありません。

また楽天銀行を始め、多くの金融機関が昨今ではVISAなどのデビットカードを発行しています。日本国内で口座を開設し、デビットカードを海外に持っていけば、口座に入金されている額を上限に、現地ATMでキャッシュを引き出したり、VISAの看板のあるお店で買い物をしたりすることができます。


Citibank

http://www.citibank.co.jp

 シティバンクには口座の残金が100万円以上ある個人による海外送金手数料が無料になるサービスがありましたが、このサービスは大口預金者のみが対象になり、通常の場合は手数料が4000円、100万円以上の預金者は2500円になったそうです。これでも他の銀行の4500円に比べれば多少安いですが、この面でのシティバンクの魅力は大きく薄れました。送金先はあらかじめ所定の用紙で登録しておく必要がありますからちょっと面倒でもあります。ただインターネットからの送金指示が出せるようになったようで、その点はちょっと便利になりました。

 ただシティバンクの場合は、ATMカードがそのまま海外で使えますから、小額であれば送金を考えるよりも、ATMで日本の口座から引き出して使う方が便利かつ安上がりの可能性もあります。

 シティバンクのサービスに関する詳細は「シティバンク徹底活用術」を参考にしてください。

なお、やはり外資系のHSBC銀行のATMカードも海外で使用できますが、HSBC銀行は1千万円以上の預金がないと、口座維持手数料がかかってきますので、海外のHSBC銀行にも口座があるような方にのみお勧めです。


郵便局の海外送金

 郵便局では80数ヶ国宛に安価に海外送金が可能です。最も安いサービスだと、金額にかかわらず手数料は400円です。

 郵便局の総合口座「ぱ・る・る」を持っているとイギリス、オーストリア、オランダ、韓国、スイス、スウェーデン、スペイン、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、フィンランド、フランス、ベルギー及びルクセンブルクの郵便振替口座あてに限られます。またこれらの国から「ぱ・る・る」あてに送金することも可能です。

 また最近は銀行口座あてに送金できるサービスも始まっています。料金や送金方法などはかなり複雑に分類されているので、ホームページで確認してください。

 またもう一つ見逃せない郵便局の送金サービスは現金書留です。受け取る国の郵便システムがしっかりしているのであれば、多分この方法が一番送料が安いと思います。さらに郵便局には送ることができる国が限られるようですが、International Postal Money Order というものがあります。郵便小為替の国際版、あるいは郵便小切手という呼び方もあるようです。送れる金額も数万円までのはずですが、手数料は銀行の小切手(Bank Draft)よりも多分安いと思います。


Paypal

Paypal に関してはこちらを参照

 日本からでも特定の国への小額送金であれば安い手数料で送ることが可能?!クレジット・カードからお金が送れてしまうサービスです。ただし登録やクレジットカードの確認の手間と時間が必要です。また最近問題も報告されているようです。こちらのホームページ(英語)を参照してください。また海外送金に関する日本の法律が変更になり、銀行以外でも送金業務を行うことができるようになる見込みです。そうなると、Paypalや後述のウェスタン・ユニオンが正式に日本に上陸するのではないかと思います。


ゴーロイズ

http://www.lloydstsb.co.jp/japanese/index.htm

 これは日本からの送金ですが、ロイド銀行がゴーロイズと呼ばれる海外送金サービスを行っています。送金手数料は、他の銀行から海外送金するとおおむね4500円ほどの手数料がかかるのに対し、このサービスは2千円と割安になっています。

 またこのサービスは、一度利用して送り先の登録が済むと、次には指定されたロイドの口座に送金するだけで、手数料をひいた額を自動的に海外送金してくれます。同じ所に頻繁に送る必要がある人には便利でしょう。


Western Union

http://www.westernunion.com

 これはアメリカの会社ですが、銀行ではありません。国際間の送金業務をほぼ専業に行っているようです。ここのサービスの利点は、受け取る相手が銀行口座を持っている必要がない、という点です。自分の国にある Western Union の代理店へ行って手続きをすれば、送られてきているお金を受け取ることができます。

 このホームページからは、アメリカ在住でアメリカの銀行が発行しているクレジットかデビットカードがあれば、インターネット上から送金指示を出すことが可能になっています。ただしインターネット上からの送金は月額900ドルまで、という制限があります。

 見てみると代理店網はほとんど世界中の国をカバーしています。筆者の記憶では、アフリカのタンザニアでは郵便局が代理店を勤めていて、筆者が住んでいた町の郵便局にもこの会社の窓口が設けられていました。その意味では国を選ばず、銀行を選ばずかなり迅速に送金ができる便利なサービスだと思いますが、手数料の表記がホームページで見つかりませんでした。まあ確かに、「ボリビアからチャドへ送る手数料」なんていうものまでカバーして掲載することは困難かもしれませんが。

 日本ではスルガ銀行が窓口になってサービスを行っています。

http://www.surugabank.co.jp/surugabank/prod/soukin.html

 こちらも送金手数料が明記されておらず、詳細はわからないのですが、いったん申し込みして振込み用のカードを手に入れれば、FAXなどでそのつど連絡の上、郵便局などのATMから海外送金できます。海外から受け取る場合には、別の手続きが必要です。送金可能国は以下です。

あ行
アイスランド、アイルランド、アゼルバイジャン、アメリカ、アメルカンサモア、アラブ首長国連邦、アルゼンチン、アルバニア、アルメニア、アンギラ、アンティグア&バーブーダ、イエメン、イギリス、イスラエル、イタリア、インド、インドネシア、ウクライナ、ウガンダ、ウルグアイ、エクアドル、エジプト、エストニア、エチオピア、エルサルバドル、エリトリア、オーストラリア、オーストリア、オマーン、オランダ

か行
カナダ、カザフスタン、カタール、カメルーン、カーボベルデ、カンボジア、ガイアナ、ガーナ、ガボン、ガンビア、ギリシャ、ギニア、ギニア(仏領)、キルギス、クエート、クック諸島、クロアチア、クラカオ、グアドルーブ島、グレナダ、グルジア、グアム、グアテマラ、ケイマン諸島、ケイマン、コスタリカ、コートジボアール、コロンビア、コモロス、コンゴ共和国、コンゴ民主共和国

さ行
サイプラス、サウジアラビア、サモア、ザンビア、シエラレオネ、シンガポール、ジブラルタル、ジブチ、ジョーダン、ジンバブエ、ジャマイカ、スイス、スウェーデン、スロバキア、スロベニア、スペイン、スワジランド、スリナム、スリランカ、赤道ギニア、セネガル、セント・キッツ&ネイビス、セント・マーテン、セント・マーチン、セント・ビンセント、セント・ルシア

た行
タイ、台湾、タンザニア、中央アフリカ、中国、チェコ、チャド、チュニジア、チリ、デンマーク、トーゴ、トルコ、トルクメニスタン、トルク&カイコ、トリニダード&トバコ、トンガ、ドイツ、ドミニカ、ドミニカ共和国

な行
ナイジェリア、ナミビア、ニカラグア、ニジェール、ニューカレドニア、ニュージーランド、ネパール

は行
ハイチ、ハンガリー、バーレーン、バージン諸島(米領)、バージン諸島(英領)、バハマ、バルバドス、バヌアツ、バングラディッシュ、バミューダ、パキスタン、パナマ、パラグアイ、パレスチナ、フィンランド、フィージー、フィリピン、フランス、ブラジル、ブルネイダラサラム、ブルキナファソ、ブルンジ、ブルガリア、プエルトリコ、ベトナム、ベネズエラ、ベニン、ベリーゼ、ベルギー、ベラルーシ、ペルー、香港、ホンジュラス、ボスニア&ヘルゼゴビア、ボネール、ボツワナ、ボリビア、ポーランド、ポルトガル

ま行
マセドニア、マダガスカル、マーシャル諸島、マラウィ、マリ、マルタ、マルチニーク島、メキシコ、モナコ、モルドバ、モロッコ、モーリシャス、モーリタニア、モザンビーク

ら行
ラトビア、リトアニア、リベリア、ルクセンブルグ、ルワンダ、ルーマニア、レソト、レバノン、レユニオン、ロシア


アメリカドル建て小切手換金サービス

リンクセンス

http://linksense.jp/

 海外から送られる外貨建ての小切手。日本で換金しようとすると、とても大変です。換金できたは良いものの、手数料に50ドル取られるとか。こんな状態ですから、小額小切手を受け取ってもあきらめるしかない、という人もいるかと思います。

 まあこのメルマガの読者の方は海外在住者が多いですから、そのような方なら外貨の小切手を受け取っても問題はないでしょうが(円の小切手を受け取って困った、という話も聞いたこはあります)。

 一方、海外から日本への送金、と考えてみると…。銀行間の送金には数千円の手数料がかかります。それこそ小額の送金だとバカみたいな気がします。私も一度アメリカから10万円ほどを送ったことがありますが、アメリカの銀行、日本の銀行双方で手数料が取られ、1万円弱払わされた記憶があります。

 今は昔より手数料が下がっているのではないかとは思いますが、いずれにしろ安くはないのでは、と思います。

 さてこのリンクセンスという会社ですが、日本国内にある外貨建ての小切手などを日本円に換金してくれるサービスです。

 手数料は米ドル額面10ドル以上の小切手だと、1枚1000円です。と言うことは、1000円+αだけで日本に送金できてしまう?!ただし、時間はとてもかかりそうなので、実用的と言えるかどうかは疑問ですが・・・。


海外送金情報リンク

手数料を節約して便利に海外送金する方法

1.一般に海外送金する人が気づかない為替レートに含まれる手数料相当額に注意す ること
2.FXの外貨受け渡しの実際
3.最近の海外送金方法

などの解説があるブログです。