アメリカの銀行

海外居住者の便利帖 → 銀行 → アメリカの銀行

アメリカの銀行の薦め


海外の銀行に口座を
開く方にお勧め

 海外で暮らす人、海外に頻繁に出る人、海外と金銭のやり取りが多い人に薦めたいのは、アメリカの銀行に口座を一つ開くことです。それも日本で言う当座預金、いわゆる Checking Acount が一つあると非常に便利です。これにデビット・カード機能がついたATMカードがあれば、大方の用は足りてしまいます。またアメリカなどのアフィリエート・プログラムや送金サービスを利用するなら、銀行口座をアメリカに持つことはほとんど必須と言えます。

 アメリカの銀行は、銀行間の送金なども容易ですし、アメリカの銀行のチェック(小切手)があれば、アメリカの企業とのやり取りにも使うことができます。デビット・カードがあれば、ドル決済でキャッシュをおろすこともできます。またVISAやMASTERSのデビット・カードは、クレジット機能がなく口座からすぐ引き落としになる、という以外はほとんどクレジット・カードと同じように世界中のショッピングなどでも利用することができます。これ一枚あれば、日本のATMでアメリカの口座からお金を引き落とすことも容易にできるわけです。外貨(ドル)定期預金の金利も日本よりは高めです。

 アメリカの口座への送金はどうするか?送金のコーナーを参照してください。

 またアメリカの銀行で特徴的なのが、連名の口座が持てる、ということです。たとえば夫婦で一つの口座を持つことができ、これなら夫婦どちらかのサインがあれば利用できますので、なかなか便利です。

日本でできるアメリカの銀行口座開設

 日本在住者に対してアメリカにある銀行の口座開設の代行や中継ぎをしてくれるサービスがあります。

Citybank

http://www.citibank.co.jp

シティバンクはアメリカのシティバンクに口座を開く手続きをしてくれることになっていますが、どうも結構敷居が高いようです。すんなり開いてくれた、という話をあまり見かけたことがありません。


三菱東京UFJ銀行

http://www.btm.co.jp/

 東京三菱銀行から引き継いだ二つのサービスがあります。一つは Union Bank of California で、もう一つが Bank of Tokyo-Mitsubishi Trust Company です。後者は現在一般向けの口座開設を受け付けておらず、どうやら第三国に在住する政府関係者などに特化したサービスになっているようです。前者のカリフォルニア子会社の口座開設サービスが一般向けですが、このサービスも口座開設の理由を根掘り葉掘り聞かれたりして、誰にでもOKというサービスではないようです。


弁護オーグ

http://www.bengo.org/bankingusa/

 ここは弁護オーグというサイトですが、どうやらサンフランシスコ在住の弁護士さんのページのようです。このサイトで日本に住む人に対して、アメリカの銀行口座の開設代行をしてくれます。ただし、個人口座で手数料5万円が必要ですが。

 それに、ホームページを見てみたのですが、どうもどこの銀行か、ということが書いてありません。アメリカへ行く予定の人が事前に口座を開く、というよりは、日本あるいはその他の国に在住する人がとりあえずアメリカの口座を一つ持っておく、というためのサービスなんでしょうね。


アメリカの銀行

 アメリカの銀行に直接口座を開くのは、アメリカ在住者ならともかく、それ以外には意外に厄介です。日本人が多いハワイなどでは旅行者でも口座を開いてくれるところもあるようですが、普通は Social Security Number (納税者番号のようなもの)を要求されたり、身分証明を求められます。

 ただし、銀行や支店によっては、直接交渉すると、SSNがなくても口座開設に応じてくれるケースもあるそうです。一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 アメリカ以外に住む人は、手続きをとればアメリカでの利子課税を受けません。外国人の場合はW8BENという様式を、アメリカ人の場合はW9という様式を金融機関に提出します。

Social Security Online

http://www.ssa.gov/

 まず口座開設のときに必ずと言ってよいほど求められる Social Security Number は銀行口座開設だけでなく、アメリカでは重要なものです。きちんとした滞在許可と労働許可を得た人であれば、外国人でも誰でも取得することができ、また一度アメリカを離れてもその番号は有効です。このホームページは Social Security の公式サイトで、近くにある Social Security Office を検索したりすることもできます。

 Social Security は本来年金システムです。要件を満たせば米国以外に住む日本人にも受給資格が発生します。詳しくはこちらのサイトを参照してください。


Citibank

http://www.citibank.com

 アメリカの Citibank のサイトからダウンロードできる口座開設申込書は、アメリカ在住者用のもので、Social Security Number が不可欠のようです。他国に在住している人の口座開設申し込みは電話で問い合わせてくれ、と書いてありますから、何らかの道があるはずです。


Chase Manhattan Bank

http://www.chase.com/

 ここには International Banking という名称で、国外在住者向けの口座というものが存在します。海外在住者が開けるのは次です。

  • Checking--Better Banking
  • Checking--Select Banking
  • High Yield Savings
  • Money Market Savings
  • CDs(定期預金)

 この中の上二つが小切手口座で普通使用する口座ですが、最低預入れ金などが高めに設定されている(特に Better Banking の場合)ので注意が必要です。

 口座開設に必要な申込書はこちらからダウンロードできます。PDFファイルになっています。また E-mail でも書類の請求ができます。中を見ましたが、最寄のアメリカ領事館でサインの証明をしてもらうなど、かなり面倒な要求があります。口座開設の手続きはこの銀行の支店でもできるそうですから、機会があればそこでやった方が良いかもしれません。またこれらの国外在住者向けの口座でインターネット・バンキングが使えるかどうかは明記されていないですが、現在準備を進めており、近々利用可能になるとのことです。

 またこの銀行のアメリカ在住者向けの口座の方は、確認したところ、Social Security Number がないと開設できないようです。


HSBC

http://www.banking.us.hsbc.com/

 HSBCは香港上海銀行の略ですが、イギリス系の銀行です。その名の通り香港にも大きなネットワークがありますし、外国人(アジア人)の利用者が多いのではと予想して、もしやと思い問い合わせてみました。その結果、小切手口座を開くためにはパスポートなど、写真の入った身分証明になるものを二つ提示すればよいそうです。ただし、口座開設ができるのはアメリカ在住者に限るため、電気や電話代の請求書など、その住所に実際にすんでいることを証明するものを提示する必要があるそうです。 アメリカ在住中に開いた口座は、アメリカを離れて以降も維持することができます。

 口座開設の手続きそのものはそれほど難しくありません。ATMカードの代わりに、世界中で使えるMASTERのデビットカードが発行されます。口座の種類は貯蓄口座、小切手口座、定期などです。また貯金額に応じて手数料などが異なるシステムになっています。

 クレジットカードを発行してもらうためには、アメリカでのクレジット使用の履歴がちゃんとしているか、あるいは一定額以上定期預金に入っていることが条件になるようです。


Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ Trust Company
三菱東京UFJ銀行信託会社

(01/08/19更新)
三菱東京UFJ銀行信託会社の情報はこちら