平剛風アトリエ

撮影料について

物件によって撮影料等いろいろですが竣工写真の場合は以下のように考えて下さい。(商業的使用の場合は割高になります)

住宅、インテリアなどの
竣工写真(商業利用ではないもの)


商業利用のものは内容によって違って来ます。お尋ねください。

データ渡しの場合

インテリアや住宅では  
 1時間 20,000円、2時間から  ・・・カット数は1時間10〜15カット(完全に片付いている場合)

 ※レストランなど小物のアレンジなどする場合や、部屋が片付いてない場合はカット数が減ります。
  
  晴れの日指定・・10万から、青空指定・・15万から
  1日夜までフル撮影の場合・・15万から(規模による) 規模により応相談


ドローンは15万以上の場合で、飛ばせる環境であれば含まれます。(設計者などの補助要員が必要です)    
ドローンのみは、昼間1回30分程度の飛行で・・5万(晴れの日指定は10万)

建築費で見る目安(時間換算に規模を考慮します)
建築費2,500万以下の住宅  −−− 8万〜(30〜50カット程度)
建築費2,500万〜5,000万程度の住宅  −−− 15万(50〜80カット)
建築費5,000万以上の住宅        −−− 15万以上で規模による


※アルバムは、キャビネ500円/枚 +アルバム入れ物(金文字入り15,000円、簡易5,000円)
  フォトブックはA4または25cm角・20ページ程度・・・3万、30ページ程度4万


参考:
※建築写真の外観の撮影は晴れの日や青空の日が求められます。
 しかし天気は2・3日前にしかわかりませんので、あらかじめ希望日の前後3・4日空けておかなければなりません。
 あるいは現場の都合などで直前に撮影日がずれたりしますので、外観のある撮影はブライダルやイベントの撮影
 などの3・4日分が必要になります。
 外観の撮影は週2件しか入れられないのが建築写真の現実です。
 外観の撮影料の場合

   晴れの日指定  ・・・・10万以上
   青空指定    ・・・・15万以上

 としています。
 インテリアや広告系の建築写真に慣れて無い人は晴れの日に撮るのが普通というのを知らずに、決められた日に曇りで撮って
 終わりにしてしまう人も多くトラブルになりやすいです。
 建築写真の撮影料が高額なのは上記のような撮影日がなかなか決められないという事情があります。


集合住宅、オフィスビル等   

50〜100カット程度を撮影(撮影は1日)、データ渡しの場合   ーーー 20万程度〜(1日追加10万)

フォトブックA4サイズ・20ページ程度のアルバム3部付き   −−− 30万程度
  ※プリントが必要な場合は基本的に当方の顔料インクでのプリントになります。

    ※カット数や日数が増えればそれだけ額が増えます

大規模な建築

撮影料   10,000円×カット数程度。
アルバム入れ物製作代  15,000〜25,000円
プリント キャビネ  500円/枚 程度
     6切   1,000円/枚 程度
プリントは基本的に当方で顔料インクでのプリントになります。

フォトブックはA4または25cm角・20ページ程度・25,000円、30ページ程度・30,000円、40ページ程度・40,000円
但し、部数が少ないときは編集費が必要になります(2,000円/ページ)

他に必要となるもの
   交通費、宿泊費など      そのときかかるもの
   空撮代(ドローンまたはヘリ)、高所作業車代など

 上記単価に物件の撮影の難易度、撮影日数等で多少変わりこともあります。

 外観のみの良いところだけという写真は日数や1カットに時間が掛かりますので上記の計算とは違ってくることがあります。
 日数が多くなる時は1日10万程度が加算となります。


予算のないものはそれなりに対応しますのでご相談ください。

 写真の使用についてはあまりうるさくありません。
 そこがみなさんの困るところですよね。
 ホームページなどにどんどん使ってください。
 雑誌や広告での使用など、予算の取れるところでは出していただければ結構です。


HOME