くだらないサイトを宣伝で見極めろ





 こういう宣伝をしてるサイトは、くだらないことが多いっていうのを以下に書いておきます。

 くだらないサイトを見たくないって人は、HP宣伝掲示板や自動登録のリンク集とかを見る前に読んでおくといいかもしれない。  
紫色で書かれてる条件を満たす宣伝やオレンジ色の文字を含む宣伝をしてるサイトは、見にいかない方がいいかも

 ここに加えてほしい条件や言葉がある人は、メールなどで教えてください


宣伝の文章が長い

いろんなサイトのHP宣伝掲示板を見ると10行以上もかけて宣伝してるところをよく見るがこういうサイトは、くだらないことが多い。
エネルギーを使うべきところを間違ってるような感じがする。

HPのジャンルだけしか書いてない

競馬のサイトです。みたいにHPのジャンルだけ書いてある宣伝……。
こういう宣伝をしているサイトは、他にはないような特筆すべきコンテンツがない場合が多い。

『まだ何もないところですが』

本当に何もないことが多い。
なんでこんな状態で宣伝するんだろう?

『HP宣伝掲示板あります。』

どこかのアクセスアップ系のサイトで、こう書くと宣伝目当ての人が来てくれるって書いてあったのを見たことがあるけど、そんな小細工しないと人が集まらないサイトって……。
『自動登録リンクあります。』っていう言葉にも同じことがいえると思う。

↑こういう宣伝をしているサイトのHP宣伝掲示板で宣伝している

類は友を呼ぶみたいです。

『ネットアイドル○○の……』

自称ネットアイドルのサイトって何も見るべきものがないような気がする。

『いろいろあります。』

確かにいろいろあります。どこかで見たようなものが……。
特筆すべきものは、何もないことが多い。

『HPバトラーあります。』

他人が作ったものがあるという宣伝をしてるサイトは、どこにでもあるようなコンテンツしかないことが多い。
スライムブリーダーやFFアドベンチャーについても同様なことがいえる。

『相互リンク募集中』

たいしたことないサイトほど相互リンクしたがる傾向があるみたいです。

掲示板の雰囲気を読まずに宣伝だけしてく

こういうことした人のサイトを見ておもしろいとか便利だとか思ったことは、1度もないんだが……。

『初めてHP作りました』

初めて作ったっていうことは特別なことでもなんでもないと思う。

『更新しました。』

これだけが書いてあるときは、更新前とたいして変わってない場合が多い。

『掲示板に書き込みしてください』

宣伝に書くようなことじゃないです。
おもしろいコンテンツがあれば掲示板の書き込みは自然に増えると思うんだが……。

『たくさんの掲示板があります。』

掲示板の数は多いがそのほとんどが機能してないことが多い。

コンテンツorリンク先を箇条書きにしている宣伝

ここがすごいって言えるところがないからこういう宣伝をしていると思われる。

『○○に登録してください』

人が集まらない他力本願サイトの可能性大。

『来てください』

なぜか宣伝でこの言葉を使ってるサイトは、ハズレばかり。

『○○HIT達成』『もうすぐ○○HIT』『1日○○HITのサイトです』

他にアピールできるものがないらしい。
アクセス数なんてどうでもいいだろ。

『自動リンク多数あります。』

一つあれば充分だろ。人のことは、言えないけど……。
自動リンクが多い→ 登録するのが面倒→ 誰も登録しないというパターンのサイトの場合がある。

『○○は、ここで決まり』『○○な人は必見』

サイトの宣伝に出てきたら最も信用できない言葉の一つだと思います。
『○○な人集まれ』などもくだらないサイトである確率が高い

『絶対におもしろいよ』

『絶対』って言葉が使われてるときは、たいてい嘘
あと、おもしろいかどうかは、作者が決めるものじゃありません。

★☆○●などの記号を使って装飾している

サイトを更新せず宣伝ばっかりやってる人が使う手段?

同じ掲示板で何度も宣伝を繰り返してる

何も更新されてないことが多い

『独創的』『オリジナリティー』

素材屋やCGI配布サイトなどの宣伝でこの言葉が使われてるとき、そのサイトには、ありふれたものしかない。
独創的なものを作ってるサイトは、こんな言葉使わず具体的な内容が書かれている宣伝をしてる場合が多い。

伏字が使われている

『すごい〇〇があります』みたいに伏字が使われている宣伝をするサイトには、実は何もないことが多い

『見ないでください。』

こう書いてあると見たくなるという気持ちは嫌というほどよく分かります。
けどこういう宣伝してるサイトには、何もないことが多いので素直に従ったほうがいいです。

アクセスアップのサイトで紹介されてるような宣伝文句

アクセスアップ系のサイトで『こういう宣伝をするといい』と書かれてるのを実践するのは、普通に宣伝しても人が集まらないサイトの管理人であることが多いような気がする。

顔文字を使っている

宣伝してもあまり効果がないと感じると少しでも目立つ宣伝をしようと考える人が使う手段の一種?

(笑)とか(爆)とかが文の最期についてる

こういう宣伝してるサイトで本当に笑えたことないです。
宣伝に限らずこういうのがついてる文章が間抜けに見えるのは、俺だけだろうか?