トップページへ
吉記のエッセー
トップページへ
エッセー目次
作品総合メニュー
著者紹介
この記事は、熊崎吉記が
作成しました。
無断転載・使用を
固くお断りします。
遅すぎた人設計 2006.04.09  熊崎★吉記
 今回は、2006.04.09に配信したメルマガと同じエッセーを掲載します。


 今になって、広告会社に就職すればよかったと後悔しています。
 直接物を作ることが他人よりも劣るけど、広告に対する思い、熱意は、誰に
も負けないものがあります。
 それだけ思いを込めて活動していても、広告会社に勤めた経験が無いから、
スポンサーの獲得も思うように行かないし、壮大な夢があっても実現させるた
めの人脈も資金も無い。
 いくら商店街のお店の人にブログやホームページを開設してもらい、お店の
宣伝をネットで始めてもらおうと思っても、軒並み飛び込み営業することも時
間的な制約で出来ないし、食べることすら難しい生活費の中で、営業活動で街
を歩くことも出来ない。
 それに、インターネットに興味ない方に、関心を持ってもらうことも僕一人
の力では難しいこと。
 インターネットに興味がある店長なら、自らすでにブームに乗って、ブログ
の運営を始めていると思う。
 今は、ホームページを開設するよりも、ブログを始めた方が早く簡単にネッ
トの世界に情報を発信できるから。
 
 そして、ネットの世界には、アクセス数を伸ばすことを請け負う会社が沢山
ある。
 でも、いくらアクセス数が増えても売り上げが伸びなければ、意味がない。
 僕の楽天市場のアフィリエイトの成績は、今月に入り597クリックで450,466
円の売り上げがあります。
 高額の賞品を買ってもらえた事も要因だけど、少ないクリック数で売り上げ
が上がっているのは確か。
 4/1から4/8までの売り上げ件数は、28件だから。
 
 クリック数が伸びても、意味が無いのです。
 売り上げが伸びないと。
 利益がでないと意味が無い。
 
 どうすれば、購入見込みのある顧客を自分のウェブサイト、ブログ、ホーム
ページに誘導できるか。
 それが、ネットの世界で成功するカギだと思います。

 自分でそれを分かっていても、広告業界で働いた経験がないから、なかなか
実現が難しい。
 今から大学に通って卒業して広告会社に転職することは、無理なこと。
 通信制の高校を卒業するか、大検を受験するかしないと大学に行けないから。
 それに働きながら大人二人の生活を保障しながら、学校に通おうとすると、
残業しても食べていけない会社、給料明細をもらえない会社、保険の無い会
社という今の会社を辞めて、夢をかなえるための転職をしないといけない。
 そして大学を通って広告会社に就職しようとすることには、50代以上にな
っていると思う。
 もう、第一線で働くことは、難しい。
 だから、若い頃にビジョンを描いて人生設計をしないといけないというのは、
こういうこと。
 僕だって、夢を叶えたいから一番初めの会社を辞めているのに、その後収入
も無いのに遠距離恋愛しているから夢の実現どころか、自分の人生さえも駄目
にしてしまう。
 だから、今からの人生の挑戦は、理想の姿を作れなくても、ある程度妥協し
ないといけないと思う。
 今からでも出来ることに、挑戦しないといけないから。
 
 インターネットの世界は、引きこもりを助長する世界ではなく、交友関係を
広げて、心と脳の若さを保ち、自分が幸せになれる選択が出来る世界だと思う。
 インターネットでの出会いが、現実のリアルの世界での出会いに繋がる。
 それが、理想の姿だと思う。
 インターネットの世界では、ひとつの物事を一貫して完成させることが出来
ない。
 いつか、どこかで、実際に会わないといけない。
 人と出会って、初めて物事が完成する。
 インターネットの世界は、そのきっかけでしかないのです。
 自分が努力を続けていたら、いつかきっと縁のある人に巡り合うことが出来
るのです。
 それを信じて、いま創作活動をしている人、お店を運営している人、夢に向
かって挑戦している人は、頑張って欲しいと思います。
 途中で投げ出してしまっては、終わりです。
 僕のように、何が起こっても続けることが、一番大切なことです。
 宇多田ヒカルの新曲「Keep Tryin’」に込められている思いと同じです。
 読者の皆さんも、「Keep Tryin’」を聞いて頑張ってください。
この作品を著者の熊崎吉記に無断で配布、複製、引用、編集、改ざん、販売、出版など一切を禁止します。
"もっと"簡単ショッピング Store-mix.com
パソコン情報 日立のマイナスイオンが出るパソコン 懸賞情報 100万円が当たるキャンペーン情報 旅行情報・検索OK 年賀状印刷&ジュエリー情報 メルマガ紹介