トップページへ
吉記のエッセー
トップページへ
エッセー目次
作品総合メニュー
著者紹介
この記事は、熊崎吉記が
作成しました。
無断転載・使用を
固くお断りします。
嫉妬心は、不幸を招く 2006.07.23  熊崎★吉記
 今回は、2006.07.23に配信したメルマガと同じエッセーを掲載します。

 恋愛の話です。
 というか、僕の人生がどうして上手く行かないか、その根本を改めて思い知
ることになり、今も辛い思いに襲われています。
 これまで折に触れて書いてきた職場の女性Hさんが、ゴミ箱から溢れそうに
なったゴミを、ゴミ箱に入って足で踏んでいました。
 僕は、遠く離れてたところに居たけど、いつもより長く踏んでいたから、ま
たK氏が声を掛けるのを待っているのかなと思ってみていました。
 そうしたら、僕より遠いところで仕事をして戻ってきたK氏がHさんに声を
掛けでゴミを踏みました。
 このHさんは、K氏が声を掛けるまで数分におよび踏んでいました。
 そして、その後、Hさんは、Kさんととても楽しそうに話をしていました。
 僕の予感が当たったけど、その後、定時で帰るとき、K氏がとてもはしゃい
でいたので、K氏とHさんが一緒に帰るのではと思って、とても悔しい思いに
なり、泣きそうになって耐えられなかったので、1時間残業で帰ってきました。
 そうしてたら、18時40分から50分くらいの時間帯に、会社の駐車場の
前をHさんに似た女性が歩いているのを目撃してしまい、さらにショックを受
けました。
 1時間も何をしていたんだろう・・・。
 K氏と帰る素振りは確かになったから、K氏が諦めて帰るまで何処かで隠れ
ていたのかなと思うようにしました。
 翌朝、K氏は機嫌が悪いというかHさんと話をしませんでした。
 しばらくしてから、一言「おはよう」みたいな声を掛けていたけど・・・。
 でも、Kさんは、会釈をしていたから、会っていたのかなと思ってみたり。
 そんな思いの中、事件のあった朝のテレビの占いで、僕のところで「当たっ
て砕けろという気持ちでチャンスを掴んで下さい」という内容の話をしていた
のを思い出し、もし、僕がHさんの所に行ってゴミを踏むのを手伝っていたら、
どうなっていただろうと考えるようになりました。
 僕は、昔K氏のことで相談を受けたり、ネットで買い物を代行したり、電話
で話をしたこともあるので仲良くしてもらっていたけど、今は、Hさんに疎ま
れています。
 だから、今回も自分が行って断られ、その後に来たK氏を歓迎したら周囲で
見ていた人に恥をかく事になると想像したので、行きませんでした。
 でも、もし、これが仲直りできるチャンスだったとしたら、どうなっていた
だろう。
 そう思うと幾重にも悔しさが募り、行動力の無い自分に腹が立っています。
 自分は、挑戦する前に諦めてしまうところがある。
 それが、2度も人生を潰してしまう原因だと思う。
 一度潰した人生を立て直して奇跡の復活を成し遂げたのに、派遣の仕事が無
くなって転職が思うように出来なかったことで、再び全てを失って親子して放
浪の旅の末に富士山の樹海で自殺を試みるという人生になってしまったのは、
僕自身が悲観的な思いを先に考えてしまうために、自ら招いてしまったことだ
と思っています。
 今回も、K氏のことなんて気にせずに自分が動けば、例え断れてしまったと
してもK氏が来るまで待つことは無かったかもしれない。
 そうすれば、今もなお続く辛い悲しい失恋にも似た心境にならずに済んだと
思う。
 どうすれば、悲観的な考え、諦めの気持ちを抱かずに生きることが出来るの
か。
 これが、今の僕の人生の最大の課題だと思います。
 これまで仲良かったHさんがK氏と仲良くなることは、昨年から気付いてい
たけど、ここまで親密になるとは思わなかったから、現状を受け入れられずに
居ます。
 きっと、僕が退職したあとHさんとK氏は、不倫関係に発展すると思う。
 僕は、目に見えないものを見ることや透視能力は無いけど、洞察力が優れて
います。
 だから、ある程度のことは、分かります。
 そして、相手の顔色ではなくオーラが見えることがあるみたいで、相手が暗
く落ち込んでいるとき、不機嫌なとき、嫌だなと感じているときは、その人の
顔が黒く見えます。
 相手の機嫌も察知できるし、ユーモアのある楽しい会話が出来ない代わりに、
そうした能力があるみたい。
 上手く人と話せないから、アスペルガー症候群ではないかと自分勝手に悩ん
でいるけど、話が出来ない分、おまじないなどに興味があってネットでも色々
探しました。
 おまじないの本も、何冊も買って勉強しました。
 縁切りから振られた場合のおまじない、金運向上のおまじないまで、いろい
ろ知っています。
 でも、これまで僕が悲観的な思いが強いせいか、あまり願いが叶っていませ
ん。
 恋愛のおまじないは、おまじないばかりに頼ってしまうと相手から気持ち悪
がられます。
 おまじないは、潜在意識に働きかけるもの。
 魔法では、ありません。
 だから、自分が行動しないと願いは叶わないのです。
 僕のように、チャンスに気付かずに、後から泣いて後悔しても遅いのです。
 「今日は、奇跡が起きる」や、「ありがとうございます」、「感謝します」、
「うれしいです」といったポジティブな言葉を毎日唱える生活を続ければ、き
っと幸せが訪れます、
 K氏とHさんが仲が良いからといって、K氏を殺したいほど憎んだとしても、
その思いは自分に返ってくるので、自分が仕事が出来なくなったり、自転車が
壊れたり、悪いことばかり周囲に起きるようになります。
 だから、人を恨んではいけません。 嫉妬していけません。といわれるので
す。
 嫉妬や恨みの気持ちがあると、今回のようにチャンスを逃すことになります。
 嫉妬心は、本当に抱かないようにしましょう。
 本当に相手が好きなら、気になる存在、まるでフェロモンが出ているかのよ
うに相手に近づくと体が反応してしまう存在の人であるなら、自然に手伝える
ようにならないといけません。
 恋のライバルのことなんて考えず、自然に無欲で相手のために尽くす、仕事
を手伝う、そうした愛の気持ちが欠けてしまうと、今回の僕のような失敗をし
てしまうことになります。
 僕も、既婚者のK氏とHさんが仲良くすることで、Hさんを純粋に見ること
が出来ず、どうしても嫉妬心が絡んでしまい、「どうせ僕なんか」と思ってし
まう。
 そう思った時点でK氏に負けてしまっている。
 そして、チャンスを逃してしまうのです。
 悩み続ければ、仕事にも支障が出て職場での立場も悪くなるかも。
 良いことなんて、ひとつもありません。

 だから、そう悲観的に考えずに、相手に嫌われていると余計なことを考えず
に、仕事なり、雑用を手伝うという姿勢、気持ちがあれば、僕も、Hさんと仲
直りというか復縁できると思っています。

 職場では嫌いな人とも、仕事をしないといけません。
 仲良しコンビだけでは、仕事は出来ないのです。
 自分が苦手な人は、自分の欠点を知るため、学ぶために出会った意味のある
人なので、相手にも人生の学びが出来ることに感謝しないといけません。
 人間だから、一時的に嫉妬心にさいなまれることもあると思うけど、その時
期から早く出て、相手を純粋に愛することが出来るように、親切に出来る人間
になることが大切なことだと思います。
 
 何も見返りを期待せず人を愛することは、とても難しいことです。
 でも、それが出来るようになって器の広い人間になることができ、魂を磨く
ことができたら、今よりもレベルの高い人と出会うことができます。
 そして、自分が幸せになれる可能性も増えます。
 自分が幸せになれる選択をできるようになるために、魂を磨く努力は、必要
です。
 心が傷ついたら、傷ついた分だけ魂が磨かれて輝くといわれます。
 心を傷つけられたときに、相手を恨むのではなく、人生の体験、勉強ができ
た事に感謝できる人間にまでなることができれば、生きる意味を感じ、人生の
課題を達成できたことになると思います。
 生きている間に、なるべく沢山の人を愛し、幸せにできるようにしましょう。
 人を不幸にすることは簡単ですが、人を幸せにすることは、難しいことです。
 

この作品を著者の熊崎吉記に無断で配布、複製、引用、編集、改ざん、販売、出版など一切を禁止します。
"もっと"簡単ショッピング Store-mix.com
パソコン情報 日立のマイナスイオンが出るパソコン 懸賞情報 100万円が当たるキャンペーン情報 旅行情報・検索OK 年賀状印刷&ジュエリー情報 メルマガ紹介