トップページへ
吉記のエッセー
トップページへ
エッセー目次
作品総合メニュー
著者紹介
この記事は、熊崎吉記が
作成しました。
無断転載・使用を
固くお断りします。
Yahooで書いてる
ブログ
アメバで書いている
ブログ


人間が引き寄せの法則を活用できる理由 2009/01/11  熊崎★吉記
宇宙の法則の中で、最も基本的な法則の中の一つである「引き寄せの法則」が、大変話題になっています。

ザ・シークレットをはじめ、様々な人が、引き寄せの法則の本を書いています。

 
でも、何で、人間は、思考することができるのでしょう。

そして、その思考から波動が出て、それが宇宙に届き、思考する物質に働きかけて、自分が望む現実、欲しいものを手にすることが出来るのは、何故でしょう。

それは、エイブラハムさんの言葉に隠されていると思います。

エイブラハムさんは、YouTubeで公開されている動画の中で、引き寄せの法則の案内役を置き去りにしているとか、ザ・シークレットは、引き寄せの法則の全体を凝縮させたものと言っています。

そして、僕は、ヒックスさんの本を購入して、エイブラハムの言葉を読みました。

その結果、人間が引き寄せの法則を使って、自分の人生を創造できるということは、自分のエゴに満ちた自分の望みだけが叶う傲慢な世界を作ることではなくて、自分の3次元での存在状態を創るために引き寄せの法則を使うことが出来るのではと思うようになりました。

ザ・シークレットの中でも、何でも願いが叶う、欲しいものを何でも引き寄せることが出来る、富も、仕事も、愛する人も・・・。
と解説して、実際に、癌が治った人や、愛する人と出会うことが出来た人、職場での劇的な環境の好転の体験など紹介されています。

確かに、人間の思考には凄い能力があって、それが放つ波動、エネルギーが作り出す現実を体験すると、その力に圧倒されると思います。

でも、その能力は、自分だけで富を独占するために使うのではなく、自分が幸せに暮らせるように、周囲の人と幸せを分ち合うために引き寄せの法則を使うことが出来るのだと思います。

人間も、植物も、動物も、鉱物も、地球も宇宙全体も、エネルギーで出来ていて、みんな同じ物質です。

みんな、影響しあって存在してます。

人間は、愛を学ぶため、色々なことを経験するために生まれてきます。
その学びの最終目標は、喜びと成長と経験です。

だらか、本来、人は、好きなことだけすれば良いのです。
自分が望む、心から積極的に取り組むことが出来る仕事をすることが大切です。
今、時代は、自分の好きなことをして稼ごうという流れになっています。

じゃぁ、さっき書いたことに関連だけど、子供は、漫画が好きなら、漫画ばかり読んでいれば良いのか?という批判というか疑問もあると思います。

子供の場合は、世の中のことを、よく知りません。
親の会話、テレビの映像などから、世の中の様子を知ることが多いです。
そして、まだ、人生経験が少ない中で楽しい、面白いと思うものは、おもちゃだったり、ゲームだったり、漫画だったりします。

だから、子供が漫画が好きなのは、当たり前ことです。

じゃどうすれば良いか。

子供に、世の中を広く見せて、子供の得意な分野を親が見出すことをすると良いです。

世の中には、漫画以外にも楽しいこと、面白いこと、興味深いことは、沢山あります。

それを、子供に知ってもらうのです。
学ばせるのです。

そうして、本来、やりたいと思って生まれてきた動機を再認識できて、自分がやってみたいことに気が付くと思います。

子供が自分で気が付いたら、親が才能を見つけたら、それを中心にして育てることをすれば、漫画ばかりでなくて積極的にいろいろな事に挑戦できる子供になると思います。

無理に嫌なことをしても、成果は出ないばかりか、自分の人生の失敗さえも招くことになります。

だから、目の前の仕事の良いところを見出して好きになることが出来れば、その仕事を続けて楽しく生活することも出来ると思います。

でも、それが無理なら、他に自分の望む事が出来る仕事、取り組みを探しましょう。

人間関係も、そうでう。

苦手な人、嫌いな人の良い点、評価できる点を見出して、30日間ノートに書くことで、その人を克服できるばかりか、自分がピンチになったときに、助けてくれるスーパーマンみたいな存在に変ります。

仕事も、同じことです。

また、相手から受け取る金額以上の仕事をするように、心がけましょう。

相手から受け取る報酬以上の仕事をすると、相手は、支払った金額以上の価値を受け取ることが出来て、幸せな気持ちになれます。
この点が、とても大切です。

これを繰り返して、出会う人をどんどん幸せにしていくと、やがて自分も幸せになることが出来ます。

周囲の人が幸せで無いと、自分が幸せになることは出来ません。

例にしてはいけないと思うのですが、今の自動車業界は、従業員を安い賃金で使っておいて、業績悪化になったら、いち早く派遣の人をはじめ請負や正社員までも解雇しようとする。

派遣、請負、正社員など従業員を不幸にしておいて、経営者だけが幸せになるなってことは、ありえません。

今の日本や産業界は、貧しい人を沢山作る方向に動いています。

労働者の賃金も安く、物価も高いから生きるだけで精一杯。

夢に向かって生きるとか、何かに挑戦するとか、そうした活力にまでエネルギーが向かっていません。

一人ひとりが豊かに暮らすためには、どうしたら良いか。

もっと、真剣に考えるべきです。

そのために、引き寄せの法則を活用して、みんなが幸せになれる未来、現実を作ることが大切です。

そのためには、経営者や政治家と戦うのではなく、望む結果をイメージすることです。

幸せな気持ち、満たされている気持ち感情を伴って、望む結果をイメージできれば、それを楽しむことが出来れば、その結果を現実に出来るのが、引き寄せの法則です。

だから、戦い、争いを止めて、自分が幸せに暮らすことが出来る現実を創造しましょう。

その方向にエネルギーを使った方が、建設的です。

人が、自然界に存在する全ての存在と調和して生活することは、調和を学ぶためにも、とても大切なことだと思います。

引き寄せの法則を使って、豊かに暮らせる現実を作りましょう。

沢山の人から愛され、心も現実も満たされて幸せに暮らしていることに感謝して、それを実感することで、引き寄せの法則を活用できます。

不足している、欠けているという思いから引き寄せの法則を使おうとしても、上手く働きません。

だから、心の底から、自分は満たされている、恵まれた生活をしていると思い、すべての存在に感謝する生活をしましょう。

そうすれば、とっても早く望みが叶うと思います。

人間が、引き寄せの法則を使って人生を創造できることを経験してみましょう。
吉記の一押しアイテム
この作品を著者の熊崎吉記に無断で配布、複製、引用、編集、改ざん、販売、出版など一切を禁止します。
"もっと"簡単ショッピング Store-mix.com
パソコン情報 日立のマイナスイオンが出るパソコン 懸賞情報 100万円が当たるキャンペーン情報 旅行情報・検索OK 年賀状印刷&ジュエリー情報 メルマガ紹介