トップページへ
パソコンレポート・シリーズ
トップページへ
PCレポートメニュー
PC情報メニュー
著者紹介
この記事は、熊崎吉記が
作成しました。
無断転載・使用を
固くお断りします。
この記事によって生じた損害や不具合についての責任は負いかねますので、必ず詳細については、関係各メーカーに、事前にご確認ください。

Microsoft、Windowsは、米国Microsoft Corp.の米国及びその他の地域における商標または、登録商標です。

その他記事中の会社名、製品名は、各社の商標または、登録商標です。
日立製作所 Prius750Vシリーズについて2001.8.12
 先ごろ、日立製作所から新型Prius Vシリーズの発表がありました。
 今回の最大の特徴は、750V5PVと750V5SVに搭載されたDVD−RAM/Rドライブです。
 付属のDVD作成ソフト「DVDit!LE」で、市販のDVDビデオプレーヤーで再生できるDVDーRディスクに記録できます。
 DV編集ソフトの「MotionDV STUDIO」から高画質で出力した場合、約64分、標準で約88分の記録が出来ます。
 DVD−Rに書き込むことが出来る形式は、DVDビデオのみです。
 パソコンのデータの記録は、DVD−RAMを利用することになります。
 DVD−RAMは、最大4.7GBの記憶容量があるため、長時間の画像の保存もできます。
 記録時間は、画像の圧縮形式などで変わりますが、MPEG2で約95分出来るようです。
 750シリーズは、PriusNavistationを使ってTV番組の録画をハードディスクに行なうことが出来ます。
 750V5PVは、60GBのハードディスクを2基搭載しているので最大30時間のテレビ録画ができます。
 また、DVD−RAM/Rディスクに直接テレビ録画を行なうことは、出来ません。
 LAN端子も搭載しているので、ADSLやケーブルテレビといったブロードバンドにも、対応しています。
 IEEE1394端子も搭載していますので、ビデオ編集も簡単です。
 DVD-RAM/Rドライブの他にCD−R/RWドライブも搭載していてWドライブのため、多彩なメディアに記録することが出来ます。
 FDDドライブは、オプションです。
 750シリーズの出力端子は大きく変わった点があります。
 パラレルとシリアルの端子が、無くなっています。
 プリンタや外付けモデムなどを使用する場合は、注意が必要です。
 プリンタは、USBを使用することになります。
 USBは、後ろに2つ前に2つあります。
 もし、今使っているプリンタがUSB接続に対応していない場合は、変換ケーブルなどが必要になります。
 もし、パラレルやシリアル端子が必要な場合は、750Uシリーズが良いと思います。
 本体前面に、液晶サブディスプレイも搭載されています。
 750V5PVと750V5SVの違いは、5PVの15インチ液晶は、ラスターパネルを搭載しTVチューナー搭載のPriusViewで、5SVは、15インチのスーパーピュアカラー液晶を搭載しています。
 あとハードディスクの容量が、5PVが120GBで、5SVが60GBという点です。
 CPUは、IntelペンティアムVプロセッサ1B GHz。
 メモリーは、標準128MBで最大512MBです。
 映像関係は、S映像入力端子、S出力端子、コンポジット映像入力端子。
 オーディオ関係は、ビデオ音声入力端子、ラインイン、ラインアウト、光デジタルオーディオアウト、マイクイン、ヘッドホン端子などです。
 なお、PCのモニタ出力は、アナログRGBと5SV付属液晶専用のDFPコネクタの2つがあります。
 PriusViewは、アナログRGBを使用します。
 また、PriusViewは、D1端子があるのでBSデジタルチューナーなど接続できます。
 550Vシリーズについては、後日書きたいと思います。


iLINKは、ソニー(株)の商標または、登録商標です。
ドルビーは、ドルビーラボラトリーズの商標です。
その他記事中の会社名、製品名は、各社の商標または、登録商標です。



















この記事によって生じた損害や不具合についての責任は負いかねますので、
必ず詳細については、関係各メーカーに、事前にご確認ください。
パソコン情報 日立のマイナスイオンが出るパソコン 懸賞情報 100万円が当たるキャンペーン情報 旅行情報・検索OK 年賀状印刷&ジュエリー情報 メルマガ紹介