トップページへ
パソコンレポート・シリーズ
トップページへ
PCレポートメニュー
PC情報メニュー
著者紹介
この記事は、熊崎吉記が
作成しました。
無断転載・使用を
固くお断りします。
この記事によって生じた損害や不具合についての責任は負いかねますので、必ず詳細については、関係各メーカーに、事前にご確認ください。

Microsoft、Windowsは、米国Microsoft Corp.の米国及びその他の地域における商標または、登録商標です。

Intel、Pentium及びCeleronは、Intel Corp.の商標または、登録商標です。
iLINKは、ソニー(株)の商標または、登録商標です。
ドルビーは、ドルビーラボラトリーズの商標です。

その他記事中の会社名、製品名は、各社の商標または、登録商標です。

日立製作所 Prius  Aシリーズについて(ディスクトップ)  2002.01.14
  770A5SVが大好評のため生産終了していて記事を書くのが大変遅くなってしまい、申し訳ありません。
 今回のラインナップは、770A5SV、770A5SW、570A5SV、570A5SVE、570A5SWの5機種になっています。
 ラインナップの歴代の流れもあり750シリーズがテレビ機能付きモデル。
 550シリーズが、テレビ機能が無いモデルと大きな違いがあります。
 770A5SVと770A5SWの違いは、5SVがIntel(R)Pentium(R)4の1.5GHzで、ハードディスクが約80GB、DVD-RAM・DVD-R、CD-ROM/R/RWドライブ搭載となっていますが、5SWは、AMD Athlon TMプロセッサ1400MHzでDVD-ROM、CD-ROM/R/RW、ハード約60GBになっていて5SWは、DVDが再生のみでハードディスクの容量が少し少ないという違いがあります。
 ただ、今回、750シリーズの液晶モニターは、テレビチューナーがありません。
 770A5SVに搭載されている液晶モニターには、ワイヤレスキーボード&マウスの受信部が搭載されています。
 DVI方式のデジタルインターフェイスでUSBポートも搭載されています。
 六角レンチが付属されているので、ラスターパネルのツヤが気になる人は、取り外すことも出来ます。
 この他、570シリーズは、570A5SVがIntel(R)Pentium(R)4の1.5GHzで、ハードディスクが約60GB、DVD-RAM・DVD-R、CD-ROM/R/RWドライブ搭載。
 570A5SVEが、AMD Athlon TMプロセッサ1133MHzでDVD-ROM、CD-ROM/R/RW、ハード約40GB、DVD-RAM・DVD-R、CD-ROM/R/RWドライブ搭載。
 570A5SWは、Intel(R)Pentium(R)4の1.5GHzで、ハードディスクが約60GB、DVD-ROM、CD-ROM/R/RW搭載となっている。 メモリは、全機種共通で256MB。
 ディスプレイは、定評のある15型スーパーピュアカラー液晶を搭載しています。
 WindowsXP Home Editionを、搭載しています。
 ワープロ・表計算は、Microsoft(R) Office XP Personalです。
 共通インターフェイスは、ディスプレイ(アナログRGB、液晶ディスプレイ(DVI-D)、LAN、FAXモデムのライン、PHONEが各1個です。
 USB端子は、合計6個ですが770シリーズは、前面2、背面2、ディスプレイ2のうち、4ピンコネクタは、ディスプレイで1個使用済みになっています。
 570シリーズは、同じく6個ですが、4ピンコネクタをディスプレイで1個、キーボードで1個使用しています。
 映像入力にも違いがあり、770シリーズは、S映像入力端子が1個、コンポジット映像入力端子が1個、TVアンテナ端子が1個ありますが、これらの端子は、570シリーズには搭載されていません。
 i.LINK(IEEE1394)は、全モデルに搭載されていますが、770A5SVと570A5SVのみ6ピン端子があります。 あとのモデルは、4ピン端子のみです。
 PCカードスロットは、TypeU×2(TypeV×1)でCard Bus対応になっています。
 また、今回のモデルからの特徴でSDメモリーカード、マルチメディアカードのスロットが1個あります。
 ハードの主だった特長は、このような内容ですがDVDを作ったり画像編集で楽しみたくて、さらにテレビも録画したい場合は、770A5AV、テレビ機能は不要であれば、570A5SVといった選択の仕方になると思います。
 570A5SWは、気軽な感じでIntel(R)Pentium(R)4の1.5GHz搭載パソコンを体験するには、とても良いパソコンだと思います。
 その他570A5SVEを除いてDVDは再生のみになってしまうので、ビデオ編集などあまり行なわない方にお勧めかもしれません。
 生産終了になってしまいましたが、770A5SVは、ワイヤレスキーボードなので配線も楽で、パソコンが初めての方にもお勧めでした。
 また、テレビなどの操作に便利なリモコンもありました。
 テレビ録画関係ですが、MPEG2エンコーダ搭載TVチューナーで、ハード的に録画しています。
 ハードディスクへの録画時間は、770A5SVで最大40時間、770A5SWは、最大30時間です。 
 ハードディスク使用量は、1時間あたり高画質で約3.6GB、標準で1.8GBです。
 番組録画も、電子番組表(EGP)を使って簡単に出来ます。
 また、携帯電話からの予約も可能です。
 770A5SVならビデオテープで録画したものをDVDで、記録することも出来ます。
 DVD-R(4.7GBメディア)で、約115分まで。
 DVD-RAM(4.7GBメディア)で、約120分まで保存できます。
 DVD-Rに保存できるのは、DVDビデオのみです。
 PCのデータ保存には、DVD-RAMを使ってください。
 今回のモデルは、770A5SVがインターネットに接続されいる環境であれば携帯電話からメール機能を利用して番組予約ができますが、その関係のためか従来のモデルは、PriusNavistationで電子番組表(EGP)を取り込む場合テレビ電波を利用したデータ放送のADAMSから入手するのでインターネットに接続しなくても良いとカタログに書かれていましたが、今回の770A5SVのカタログには、インターネット経由でADAMSで電子番組表を取り込むという表現になっていたので、後日確認したいと思います。















この記事によって生じた損害や不具合についての責任は負いかねますので、
必ず詳細については、関係各メーカーに、事前にご確認ください。
パソコン情報 日立のマイナスイオンが出るパソコン 懸賞情報 100万円が当たるキャンペーン情報 旅行情報・検索OK 年賀状印刷&ジュエリー情報 メルマガ紹介