光る心

 孤独に押し潰されそうな毎日
 未来への不安から震えてしまう
 怯える心が、未来の可能性を閉ざしてしまう
 幸せな未来は、一人では、作ることができないのかな
 パートナーが居れば、簡単な話だけど
 会話が出来ないと、パートナーを見つけることも出来ない
 やはり、孤独に未来を作るしかないのかな
 幸せな未来なんて、僕には縁の無いことなのかも
 毎日生きるだけで、精一杯の日々
 人間の創造性なんて、皆無の生活
 失ってしまった光る心。
 人間の創造性。 
 何かを生み出す力のある心に戻ることが出来たとき
 人は、孤独の世界に別れを告げることができる


この作品を著者の熊崎吉記に無断で配布、複製、引用、編集、改ざん、販売、出版など一切を禁止します。

作品 光る心は、2004年8月15日に、8月16日配信号の記事としてメルマガで公開したものです。
メルマガでは、ミラクル勝の著者名で公開していますが、熊崎吉記と同一人物です。


 お問い合わせは、こちらにお願いします。 お便り 





メルマガを読んで頂ける方は、ここをクリックして下さい。



戻る         詩を気に入って頂けた方へ