RSSについて


RSSは、Rich Site Summary の略でウェブサイトの内容を要約してXMLで記述した文書のことです。
ホームページの更新情報や個人の日記、ニュースのタイトル配信などにも利用されています。
RSSは、RSSリーダーを使って読むことができます。

RSSリーダーには、電光表示板のように文字が流れるタイプと、メールソフトのような感覚で利用できるものとがあります。
この度、こがね色の部屋ではこの技術に着目し、こがね色の部屋の更新情報を発信するRSSを作成しました。
これに加えてメルマガの「ミラクル勝の思いつくまま」のRSSも、作成しました。

RSSファイルを更新しておくと、RSSリーダーを起動した際に更新されてるRSSを検出します。
そして、メールソフトのようなRSSリーダーであれば記事タイトルの一覧表示が作成され、読みたい記事を選択する流れになります。
また、テッカー(デッカー)タイプで電光掲示板のようにパソコンのデスクトップ上で記事が流れるRSSリーダーであれば、更新されているRSSを予め設定した順番で表示していきます。
テッカータイプのRSSリーダーをブロードバンド接続しているパソコンで使用すると、新聞社などが配信するニュースのRSSも表示されるので、ホームページにアクセスしなくても、いち早く最新ニュースを知ることができます。

このRSSには、RSSを巡回して検索対象にするサイトがありますので、ここを使うと様々なRSSの記事を探すことができます。
個人の日記からオピニオン的な記事、新聞社などのニュース記事など色々出てきます。
また、下記のリンクにもあるMyRSS.jpというサイトでは、RSSに対応していない普段行きつけのウェブサイトを登録すると、RSSファイルを作成でき、RSSリーダーやメールで、最新のサイトの更新情報を得ることができます。

RSSという技術は、すでに複数のRSSリーダーが作成されていて、CGIやエディタソフトでRSSファイルを作成することが出来ますので、非常に簡単にプッシュ型の情報提供サービスを構築することができます。
以前なら、プッシュ型の情報サービスを行おうとすると、送信側と受信側をセットにして開発しないといけないので、とても大変なことでした。
プッシュ型の情報サービスとは、情報提供者から受信する人に向けて情報を送るもので、利用者がアクセスして情報を見るける従来のインターネットの使い方とは違い、ある意味テレビのように送り手から受信する人に向けて情報を送るものです。

RSSなら、いろんなRSSリーダーを利用してる人が沢山いますので、先に書いたRSSの検索サイトなどで見つけてもらい、RSSリーダーに登録してもらえたら、
自分の情報を見てくれる人が増えることになります。
RSS検索は、ニュース素材を探す人やいろんな文章を読むことが好きな人が利用していますので、自分の情報を求めている人と出会えるい可能性が、従来の検索サイトよりも多いと思います。

RSSは、大変可能性を秘めた新しいサイト検索、情報閲覧の手段だと思います。

RSSの詳しい内容は、下記のお勧めRSSリーダーのメーカーサイトのRSS解説を参考にしてください。


RSSの検索サイト Bulkfeeds

お勧めRSSリーダー
Rabbit Ticker  
Headline-Reader
NewsGlue
---------------------------------
こがね色の部屋の管理人のblog

トップページに戻る