HOME/海外移住情報・安田修の愛犬生活とペットロス


2010年-2012年 ナッツの那覇市安里アルバム

那覇での日課は新都心公園NHKエリアへの散歩。毎朝いろんな犬たちが集まり、さながら犬の社交場。とくに土日は遠くから訪れる人も多く、ナッツもここで多くの友達をつくり、多くを学び、ラッキーという親友犬もできた。沖縄にやってきたばかりの私もここで多くの人と知り合いになった。
またいつのまにかナッツは地域の人気者。犬好きの人を見かけると仰向けにひっくりかえる。近所の人たちと自然に馴染めたのもナッツのおかげ。誰に合ってもナッツのお父さんと呼ばれるようになった。アパートには近くの子供たちがナッツと遊ぶために訪れるようになった。
近所の子供が「助けて」、と崇元寺公園に捨てられていた瀕死の子猫を持ってきたこともあった。なんとか一命をとりとめ、子猫の里親が決まるまでの1ケ月ほど、ナッツが母親のように面倒をみている姿にびっくり。ナッツの母性本能の強さがわかった出来事だった。